藤本健の“DTMステーション”

藤本健の“DTMステーション”

DTM、デジタルレコーディング、DAW、MIDIといった分野の情報を紹介します。
初心者の入門用として、プロミュージシャンの実践術としても役立つ記事、製品レビューなどをお届けします。
DTMステーションのFacebookページも運用中ですので、そちらもぜひお願いします。




Megpoid(メグッポイド)LilyがくっぽいどガチャッポイドなどのVOCALOID 2製品が大ヒットするとともに、実質上唯一の純国産DAWであるSinger Song Writerの開発元として注目を浴びている大阪のソフトメーカー、インターネット。最近では同社社長の村上昇さんが、ニコニコ動画で「めざせ!ボカロP」というチャンネルをはじめたり、Twitter上でも活発に発言するなど、話題となっています。

でもなぜ、よりによって「インターネット」という社名なのか、そもそもどんなバックグラウンドを持った会社なのか、先日、村上さんがニコ生出演のために東京に来ている日に会っていろいろお話することができたので、昔話を中心に2回に分けて紹介したいと思います。


インターネットの村上昇社長
>>この記事の続きを読む

5月1日、コミケの音楽版ともいえる音系・メディアミックス同人即売会「M3」に行ってきました。以前から気になっていたものの、恥ずかしながら行ったのは今回が初めて。あまりにもすごい大盛況なイベントであることにビックリしました。

今はCDが売れず、レコード会社もCDショップも虫の息で、結果としてミュージシャンも厳しい状況になっているという話は、会う人、会う人から聞いていますが、それとは正反対の活気ある世界がここにあったんだ、というのが正直な感想です。


1,000を超える音系同人サークルが出展したM3-2011春の会場
>>この記事の続きを読む

歌声合成ソフトの代表といえば初音ミクを代表とするVOCALOIDでしょう。でも、そのほかにもフリーウェアとして広く使われているUTAU、また以前Digital Audio Laboratoryでも取材させてもらったフリーウェアのAquesToneなどいくつかのものがあります。

そうした中、最近、ニコニコ動画やYouTubeなどでも作品が次々とアップロードされて話題になっているのが、名古屋工業大学の徳田恵一先生の研究室で開発したSinsy(しぃんしぃ:Singing Voice Synthesis System)というシステムです。これも誰でも無料で使えるシステムとなっているので、どんなものなのか試してみました。


最近アップされたSinsyによる曲:【Sinsy】f002j_aにLiaの絆-kizunairo-色を歌わせてみた
>>この記事の続きを読む

以前、このDTMステーションで店長募集の記事を掲載したこともあったボーカロイドストア(ボースト)。その名のとおり、ボーカロイド関連製品を売るネット上の専門店であり、ボーマス(THE VOC@LOID M@STER)をはじめとする同人イベントへのリアル店舗の出店も行っているお店です。

ボーストでは初音ミクをはじめとする各社ボーカロイド製品を扱っているのと同時に、ヤマハ純正のVY1、そしてまもなく発売のVY2を扱う実質的唯一のお店となっているのですが、半年近く空席になっていた店長に、「珠ちゃん」こと、竹蓋優貴さんが5月1日から就任することになりました。これまでの経緯や、ボースト店長としての意気込みなどを聞いてみました。


ボーストの新店長、珠ちゃんこと竹蓋優貴さん

>>この記事の続きを読む

バンド活動。「そりゃあやってみたいけど、時間もないし、気力もない」と諦めている人も多いのではないでしょうか?私自身もその一人で、社会人になった当初までは、元気もあって練習スタジオに通ってライブをしたり……、なんてことがありましたが、それ以降はさっぱり。またできたらいいのに……と、いつも思うものの、実現できずのまま早20年!?

そんな夢のようなバンド活動が、技術の進化によって、自宅にいながらにしてできるようになったのです。YAMAHAのY2 PROJECTが無料でサービス提供しているNETDUETTO β(ネットデュエット・ベータ)というのが、それ。以前にもAV WatchのDigital Audio Laboratoryなどで記事にしていますが、先日、NETDUETTO βを使ってのバンド活動をしてみて、あまりにも楽しかったので、改めて紹介してみたいと思います。


うちのエレドラを使ってバンド活動にチャレンジ!

>>この記事の続きを読む

4月8日、VOCALOID STOREにてヤマハ純正のVOCALOID製品の第二弾、VY2の予約が開始され、4月25日から発売開始となります。VY1と同様のキャラなしボカロで、今回はイケメンな声(!?)という男性ボイス。価格もVY1と同じく11,800円となっています。

このVY2リリースにあたり、ヤマハのVOCALOID製品の企画を担当するボーカロイドD(Pではなくて、ディレクターのD)、木村義一さんにいろいろとお話を伺ってみました。


VY2の試作パッケージ。製品版ではロゴが銀色に光るとのこと

>>この記事の続きを読む

SSL=Solid State Logicのコンソールってご存知ですか? われわれDTMユーザーからすると、実際に触ったことはないけれど、まさに憧れのコンソールとして、雑誌などで見てきたプロ用の大型コンソールです。SSL4000やSSL9000って、すでに現行の製品ではないそうですが、いまでも多くのスタジオで使われているアナログのコンソールであり、多くの音楽作品は、このSSLの機材を通して作られてきました。

そのSSLの音を自分の手元で再現できたら……、そんな思いを実現する製品が先日発売されました。SSL自身が開発したDuende Nativeというのがそれ。これまでもWAVESなどがSSLの音を実現するプラグインを出していましたが、本家自らがプラグインの世界に乗り込んできたというのがポイントです。


SSLの最新のコンソール、C300

>>この記事の続きを読む

このページのトップヘ