藤本健の“DTMステーション”

藤本健の“DTMステーション”

DTM、デジタルレコーディング、DAW、MIDIといった分野の情報を紹介します。
初心者の入門用として、プロミュージシャンの実践術としても役立つ記事、製品レビューなどをお届けします。
DTMステーションのFacebookページも運用中ですので、そちらもぜひお願いします。




前回の記事で、iPhone/iPad用のMIDIインターフェイスとして登場するLINE6のMIDI Mobilizerという機材について紹介しました。6月に発売される予定で、実売予想価格が7,900円となっていますが、この製品自体は、本当にハードウェアだけが入ったパッケージです。

そのため、単純にこのMIDI MobilizerをiPhoneやiPadに接続しただけでは、何もできません。やはりアプリケーションがあって初めて使えるわけですが、とりあえずすぐに使えるのがLINE6がiTunes App Storeで無償提供している“MIDI MEMO”というソフトです。


MIDI Mobilizer用の簡易レコーディングソフト、MIDI MEMO

今回は、このMIDI MEMOでどんなことができるのかを簡単に紹介してみましょう。

>>この記事の続きを読む

DTMアプリケーションが続々と登場しているiPhoneiPadですが、これまでひとつ肝心なものが足りませんでした。そう、MIDIインターフェイスです。確かにiPadなどのタッチパネル上に鍵盤を表示させて弾くのもいいでしょう。でも、真剣に使うのなら、MIDIキーボードを使いたいところです。

ここにきて、そのMIDIインターフェイスが発表されました。開発元は、ギター用アンプシミュレータ“POD”で有名なLINE6。すでにアメリカでは出荷が開始されているようですが、では6月に発売される予定で、実売予想価格が7,900円となっています。


6月に発売予定のMIDI Mobilizer

MIDI Mobilizer
という、そのMIDIインターフェイスを一足早く借りることができたので、数回にわたって、これがどんな機材なのか紹介してみましょう。

>>この記事の続きを読む

これからDTMをはじめてみたいという人も多いと思いますが、現在のDTMにおける核となるのは、やはりDAW=Digital Audio Workstationです。このDAWを中心にして、ハードウェアであるオーディオインターフェイス、MIDIキーボードなどを揃えてDTMをスタートさせることになるでしょう。

そのDAWに何を据えるかが、最初の大きなテーマとなるわけですが、手軽なのがハードウェアにバンドルされている、無料のDAWです。注目のひとつは、Roland/Cakewalk/BOSS製品にバンドルされている、
   SONAR 8.5 LE
です。


Roland製品にバンドルされているDAW、SONAR 8.5 LE
 

バンドルソフトではありますが、オマケの体験版などとは訳が違うのです。初心者といわず、そこそこ使っている人でも、おそらくこれで十分というほどの機能があり、保存ができないとか、使える期限があるといった制限は一切ないのです。

>>この記事の続きを読む

DAW=高価なソフトというイメージがありますが、多機能ながら定価14,800円という安価なソフト、Music Maker 3 Producer Editionが間もなく5月21日に、AHSより発売されます。


Music Maker 3 Producer Edition

このMusic Maker 3 Producer Editionのガイドブックの制作に携わっていた関係で、α版、β版と使ってきましたが、先日ようやく製品版を使ってみたので、そのインプレッションも含めて紹介してみましょう。

>>この記事の続きを読む

1996年にスウェーデンのベンチャー企業Propellerheadが開発したReBirth RB-338。RolandのTB-303を2台とTR-808TR-909をソフトウェア的に復元して組み合わせたReBirthは、まだソフトシンセというものがほとんど存在しない時期だったこともあり、世界中から大きな注目を集めました。

そのReBirthも役割を終え、2005年には製造終了となり、殿堂入りし、現在ではフリーウェアとして配布されています。しかし、そのReBirthが5年のブランクを経てついに復活!iPhone用のアプリとして5月1日に800円で発売されたのです。


ReBirth For iPhone
 

>>この記事の続きを読む

Windowsにおいて、カーネルミキサーを介さずにオーディオを出力したり、レコーディングしたりできるASIOドライバは、レイテンシーを小さくできるとともに、より高音質な入出力が可能であることからDTMにおける標準となっています。

このASIOとほぼ同等なことをMicrosoftがWindows標準の機能として搭載したのがWASAPIです。このことは以前にも紹介したとおりですが、このWASAPIをAppleのiTunesが標準でサポートしているというのをご存知ですか? そうWindows Media Playerもサポートしていないというのに……。


iTunesはWASAPIに対応している

本来のDTMの話題からはちょっと離れますが、簡単な方法によってWindowsをより高音質なプレイヤーとして活用するできる可能性があるので、その設定方法について紹介してみましょう。

>>この記事の続きを読む

先日もお伝えしたKORGのiPad専用アプリ、KORG iELECTRIBE。アメリカでのiPad発売と同時にリリースされ、現在でも音楽ジャンルのアプリとして売り上げ1位を記録し続けている(4月23日現在)超人気ソフトとなっているようです。

実際に触ってみると、そのすごさ、面白さには驚かされるばかりですが、どうしてこんなに早く開発できたのか、ハードの楽器メーカーとして2300円という価格で発売して大丈夫なのか、楽器メーカーとしてiPadの音質をどのように見ているのかなど、気になることがいっぱいあったので、KORGの開発担当者、商品企画担当者にインタビューしてみました。


iELECTRIBEの開発者3名にインタビュー

お話を伺ったのは株式会社コルグのiELECTRIBE開発チームリーダーの福田大徳さん、同じくiELECTRIBE開発チームの井上和士さん、そして商品企画を担当した佐藤隆弘さんの3人です(以下敬称略)。

>>この記事の続きを読む

このページのトップヘ