藤本健の“DTMステーション”

藤本健の“DTMステーション”

DTM、デジタルレコーディング、DAW、MIDIといった分野の情報を紹介します。
初心者の入門用として、プロミュージシャンの実践術としても役立つ記事、製品レビューなどをお届けします。
DTMステーションのFacebookページも運用中ですので、そちらもぜひお願いします。




8月13日、コミケ会場から発信されたTwitterで、「サンリオがボカロを出すらしい」、「キャラクタはKEIさんによるものだ」といったものがありました。ちょうど、その日、コミケ会場がオープンしたのは、VOCALOID STOREでヤマハ純正のボーカロイド、VY1の予約受付を開始したのと近い時刻だったこともあり、さまざまな情報が錯綜した感じでした。

そのTwitterを追いかけていると、サンリオのボカロにはAHSも絡んでいるとのことで、AHSからも、いくつかのツイートがありました。そこで真相を確かめに、週明けの本日、AHSに話を聞きにいってきました。


ハローキティーといっしょ!×VOCALOID2
(ロゴ提供AHS)
 

>>この記事の続きを読む

「初音ミク」、「鏡音リン・レン」、「がくっぽいど」、「歌愛ユキ」……とさまざまな製品が登場してきた歌う音源、VOCALOID2。エンジン部分はヤマハの開発ですが、これまで登場した製品はすべてサードパーティーがパッケージ化するとともに、キャラクターとしてイラストもつけて発売してきました。 そのVOCALOID2において、ついにヤマハ自らが「VY1」という製品を9月1日にリリースすることになり、本日8月13日より予約受付を開始しました。 


ヤマハが自らリリースするVOCALOID2、VY1
 
>>この記事の続きを読む

YAMAHAのY2 PROJECTがFLASHで動作するDAW、ハモラボを発表し、現在αテストを行っていますが、探してみると、同じようにFLASHで動作し、ブラウザの中で動くDAWはあるんですね。

ハモラボのようにネット上のユーザー同士でコラボをするツールではありませんが、個人で使うループシーケンサ、MIDIシーケンサとして使えるSoundationというツールを簡単に紹介してみましょう。


FLASH上で動作するDAW、Soundation
 

>>この記事の続きを読む

8月2日、Steinbergの低価格USBオーディオインターフェイス、UI 1が発売されました。24bit/48kHzで、実売価格が1万円を切るという製品なのですが、ちょっと注目したいのが、これにバンドルされる2つのソフトです。

ひとつはループシーケンサ、SEQUEL 2の機能限定版であるSEQUEL LE。もうひとつが波形編集ソフトのWaveLab LE 7です。そう、どちらも初お目見えのソフトであり、特に後者は製品版ソフトであるWaveLab 7よりも先のリリースとなったのです。


WaveLab 7より先に登場したWaveLab LE 7
 

>>この記事の続きを読む

7月28日から30日の3日間、「ガマの油売り」で有名な茨城県の筑波山麓にあるホテルで、ユニークな学会が開催されています。それは情報処理学会の音楽情報科学研究会(通称:音情研)における第86回研究発表会(夏のシンポジウム)というもの。そう情報処理学会という非常に厳かな学会の中ではありますが、その音情研では「初音ミク」がリスペクトされた存在として鎮座した上で(!?)、さまざまな新しい研究発表が行われているのです。

もちろん音楽情報科学研究会なので、音・音楽にまつわる数多くのテーマの研究がされているわけですが、初日はスペシャルセッション「歌声情報処理最前線!」として、歌声に関する研究発表ばかりが行われ、その初日に参加してきました。まさに世界の最先端を行く技術発表なのですが、そこで作られている技術は驚くほど面白い未来の歌声処理技術ともいえる面白い内容のオンパレード。そのさわりをちょっと紹介してみましょう。


音楽情報科学研究会による歌声に関する熱い研究発表が行われた
 

>>この記事の続きを読む

最近、よく話題になっているオーディオグッズが、iPhoneやiPodなどのポータブルオーディオをターゲットにしたヘッドフォンアンプ。これを使うことで、音質がグッと向上するという触れ込みです。

以前に使ったものが、iPod本体よりも大きく重たく、多少音がよくなっても、こんなもん持ち歩きたくない、と感じて以来使っていませんでした。が、先日ヒビノインターサウンドから発売されたiBasso AudioのT3 Hj
(実売価格12,800円程度)というものが、かなりコンパクト。ヒビノからサンプルをお借りできたので、ちょっと試してみました。


小さなヘッドフォンアンプ、iBasso AudioのT3 Hj
 

>>この記事の続きを読む

iPadやiPhoneをギター/ベース用エフェクタにするための機材IK MultimediaのiRigが7月19日、メディアインテグレーションから発売されました。ご存知のとおり、iPhoneやiPadのヘッドフォン端子はマイク端子も兼ねており、iPhoneで通話するためのヘッドセットが多数発売されています。このマイク端子を改良してギターやベースでも使えるようにするというのがiRigなのです。

実売価格は4,830円前後と安価なのですが、かなりの人気で現状はまだなかなか入手しづらい状況。事前に予約した人への配布がようやくスタートしたという段階なのですが、この希少なiRigを私も購入したので、簡単にレポートしてみましょう。


iPadやiPhoneをギターエフェクタにするための機材、iRig
 

>>この記事の続きを読む

このページのトップヘ