藤本健の“DTMステーション”

藤本健の“DTMステーション”

DTM、デジタルレコーディング、DAW、MIDIといった分野の情報を紹介します。
初心者の入門用として、プロミュージシャンの実践術としても役立つ記事、製品レビューなどをお届けします。
DTMステーションのFacebookページも運用中ですので、そちらもぜひお願いします。




とっても昔の機材、AMDEK CMU-800というものをご存知ですか? 先日実家の自分の部屋を片付けていたら、1980年代初期のパンフレットが大量に見つかり、その中のひとつがこれ。1982年に発売された日本初の本格的なDTM機材ともいえる製品です。


1982年に発売されたCMU-800

個人的にも、非常に思いで深い機材なのですが、4ページのこのパンフレットをスキャンしてみたので、今回はこのCMU-800のパンフレットを見つつ、昔を振り返ってみましょう。

>>この記事の続きを読む

DTM初心者にとって、よくわからないモノのひとつにプラグイン(Plug-in)というものがあります。プラグインというのは、DTMだけの用語ではなく、電子機器やソフトウェアにおいて機能拡張、仕様変更をおこなうために規格化された差し替え可能なモジュールのことを意味しています。

これをDTMの世界だけに限っていえば、エフェクト(エフェクター)およびソフトシンセ(ソフトウェアシンセサイザ、ソフトウェア音源)を追加するためのソフトウェアを意味し、DAW(Digital Audio Workstation)においては必須の機能となっています。

>>この記事の続きを読む

先日、AV Watchの連載記事「第418回:iPadに裏技? USBオーディオが使用可能~Camera Connection Kitで接続。録音再生が可能に ~」において、KORGのiELECTRIBE for iPadがうまく動かないという記事を書きました。



が、それをうまくCakewalkのUA-1Gを動かす方法を発見しました。ほかのオーディオインターフェイスではその技が使えるものはほとんどなかったのですが、さらに、別のもっと簡単にできる方法も登場。その別の方法(ってもったいぶるものでもないのですが…)を使えば、ほかのオーディオインターフェイスでも動くようになったのです。

>>この記事の続きを読む

6月8日、米国のSony Creative Softwareと日本の代理店であるフックアップがソニー本社内で共同での記者発表会を行い
   ACID Music Studio 8
   Sound Forge Audio Studio 10
   Vegas Movie Studio HD Platinum 10
の3ソフトおよび、それらを組み合わせた
   Vegas Movie Studio HD Platinum 10 Suite
   Imagenation Studio Suite 2
という2つのバンドル版の発表しました。


ACID Music Studio 8     

いずれも6月25日に発売され、そのうちのDTM系ソフトであるACID Music Studio 8は14,490円Sound Forge Audio Studio 10は11,340円となっています。


Sound Forge Audio Studio 10
 

>>この記事の続きを読む

先週、AV Watchの私の連載、Digital Audio LaboratoryでiPadでUSBオーディオインターフェイスを使うという記事「第418回:iPadに裏技? USBオーディオが使用可能~Camera Connection Kitで接続。録音再生が可能に ~」を取り上げたところ、かなりの大反響をいただきました。

iPadのDOCKコネクタにApple純正のオプション品であるiPad Camera Connection Kitを取り付けるとUSB端子を搭載することが可能になり、そこにUSBオーディオインターフェイスを取り付けると、動いてしまうという内容です。


iPadでUSBオーディオインターフェイスが使える

記事をご覧になった方はお気づきの通り、一旦記事をアップした後、追加試験を行ったところ、使えるオーディオインターフェイスが増えました。その追加試験結果については簡単な表で掲載しただけでしたが、もう少し具体的な状況について、ここで補足してみましょう。

>>この記事の続きを読む

先日、iPhone/iPod touch用のMIDIインターフェイスとして登場したLINE 6のMIDI Mobilizerを紹介しました。iPhoneやiPod touchのDOCKに接続することで、MIDIの入出力が可能となるもので、iPhoneをDTM用途として利用するための強力な武器になりそうな周辺機器です。

一方、5月28日のiPadの発売日。私はApple Storeに予約注文していたこともあり、iPadのWiFi版の16GBタイプ(一番安いヤツですね)を無事入手しました。そこで、このiPadでMIDI Mobilizerが使えるのか、試してみました。


iPadでMIDI Surfaceも利用できた!
 

>>この記事の続きを読む

5月27日、ヤマハが記者発表会を行い、Steinbergの業務用DAW、Nuendoの新バージョン、Nuendo 5を8月下旬に発売することを発表しました。価格はオープンですが、現行のNuendo 4と同程度とのことで、通常版が25万円前後、アカデミック版が13万円前後です。

またCubase 5に搭載されているけれど、Nuendo 5にないLoopMashやGroove Agent One、Beat Designerといった音楽制作用のプラグインを補強するためのNuendo 5 Expansion Kitというものも同時に発売されます。こちらもオープン価格で、実売価格は通常版が45,000円前後、アカデミック版が25,000円前後となっています。

ヤマハでNuendo 5の記者発表会が開催された
 

>>この記事の続きを読む

このページのトップヘ