発売後2年が経過して、ますます人気が高まってきているVOCALOIDキャラクターの結月ゆかりVOCALOIDとしてだけでなく、しゃべるシステムであるVOICEROIDがあるから、というのも大きな要因になっていると思います。先日は、発売2年を記念する「結月ゆかり誕生祭2013」なるイベントが渋谷で行われ、ニコニコ生放送で配信されましたが、7,000人を超える視聴者がいたのには驚きました。

そのイベントに私も見学に行ってきたのですが、トークあり、ライブあり、となかなか楽しかったです。で、実はその誕生祭3日前の12月19日、結月ゆかりが新パッケージとなって発売されたのですが、実は、この新パッケージには重大な秘密があることが後から判明!そう、パッケージには一言も書かれていないのですが、これを買うとDAWが無料で入手できるのです。どんなものなのか、紹介してみたいと思います。


左が旧パッケージ、右が12月19日発売となったMac対応もした新パッケージ

結月ゆかり誕生祭2013の中で、発売元であるAHSの尾形社長は、宣伝タイムに
・結月ゆかりのパッケージが新しくなった
・Windows版だけでなくMac版も入っている
・exVOICEをネット公開の追加分も収録
といったことを話していました。


結月ゆかりの中の人、石黒千尋さんも登場して多いに盛り上がった、結月ゆかり誕生祭2013

しかし、もっと重要なこと(!?)を話忘れていたんですよね。後で尾形社長と話をして「あぁ、言い忘れてました!」って、そこが肝心なところじゃないですか……。


結月ゆかりにバンドルされるDAW、Music Maker Silver  

そう、この新パッケージを買うと、ドイツMAGIX社のDAW、Music Maker Silverなるもの無料でダウンロードできるようになるのです。


見た目もMusic Maker MX2とそっくりな本格的DAW

この名前からも想像できるように、Music Maker SilverはAHSが発売したばかりのDAW、Music Maker MX2の機能縮小版。具体的な違いを表にまとめると以下のようになっています。


Music Maker MX2 Music Maker Silver
マウスモード 複数モード選択 単一固定
自動作曲自動作曲
サウンドプール素材サウンドプール素材 AUDIO+MIDI 5000以上 AUDIO 500以上
ハーモニーエージェント ×
リミックスエージェント
リミックスメーカーリミックスエージェント
リミックスメーカー
オーディオ録音オーディオ録音
MIDI機能MIDI機能 ×
トラック・シンセサイザー VITA2,Revolta 2,Power Guitar,Electric Piano,Drum Engine,Vintage Organ,DN-e1,Jazz Drums,Pop Brass ×
オブジェクトシンセサイザー Beat Box 2 plus,ROBOTA,Loop Designer,LiViD,Atmos Beat Box 2
オーディオ・ラック・エフェクト グラフィック・イコライザ,リバーブ・ディレイ,コンプレッサー,ピッチシフト,ディストーション・フィルタ グラフィック・イコライザ,リバーブ・ディレイ,コンプレッサー,ピッチシフト,ディストーション・フィルタ
プラグイン・エフェクト アナログディレイ,アナログ・コーラス,ディストーション,フィルタ,フランジャー,Bit Machine,eFXディレイ,eFXコーラス/フランジャー,eFXフェーザー,eFX Vocal Strip,AM-Track SE,VANDAL SE(※) VANDAL SE(※)
その他のエフェクトその他のエフェクト スケッチャブル・フィルタ,ボーカル・チューン,ボコーダー,ゲイター,位相反転,逆再生 ×
パラメトリック・イコライザ ×
音楽CD作成/
マスタリング音楽CD作成/
マスタリング
マスタリング・スイート4
Music Editor 3
×
VST/VSTinstruments
プラグインVST/VSTinstruments
プラグイン
×
ReWire ×
ビデオ編集
※VANDAL SEはアンプシミュレータ機能以外に、オーバードライブ/ディストーション/コーラス・フランジャー/フェーザー・トレモロ/ディレイ/コーラス/リバーブ/コンプレッサーなども搭載。

制限があるとはいえ、十分使えるDAWとなっており、これでオーディオのレコーディングもでき、多重録音によってどんどん音を重ねていくことができるし、エフェクトをかけて音を作っていくことも可能です。どんなDAWなのかのチュートリアルビデオがあるので、ご覧になるとよくわかると思いますよ。



もちろん、VOCALOIDで作った歌声を読み込んで、バッキングパートと重ねていくこともできるし、exVOICEと組み合わせていくこともできます。ちなみに、exVOICEというのは、結月ゆかりの声によるブレス(息継ぎ音)、セリフ、エフェクト音などを集めた素材集。「あー」、「おぅ」といった声や「ワン」、「トゥー」といったカウント、シャウトや笑い声……などなどいろいろな声が非圧縮のWAVファイルで収録されており、その数は1,200を超えていますから、いろいろと使えるはずです。ただ、効果的に使うためには、やはりDAWが必須となるので、Music Maker Silverが活用できる、というわけなのです。


数ステップの操作で作曲できてしまう自動作曲機能 

ユニークなのは、自動作曲機能というものが搭載されていること。これ、本当に数ステップの操作をするだけで曲を作り上げることが可能で、曲が気に入らなければ、再度ボタンを押すだけで、すぐに別の曲が仕上がるという便利なもの。もちろん自動作曲ですから、万能なものではありませんが、初心者ユーザーがちょっと試してみるという意味では、結構使えるものだと思います。

 
アニソン素材集やダンス系素材集、ロック系素材集など、SoundPoolを利用することで作曲範囲も広がる

この自動作曲でサポートされているスタイルはデフォルトでは「HipHop Vol.13」というものと「Rock Alternative Vol.4」という2つ。つまりヒップホップ調かロック調が自動作曲されるというわけですが、AHSが販売しているSoundPoolというものを追加購入することで、スタイルを増やすことが可能です。この辺については以前「アニソン系の曲が簡単に作れるループ素材集、SoundPool」という記事でも紹介しているので、参考にしてほしいのですが、試しにアニソンのスタイルをMusic Maker Silverに読み込んだら、ちゃんとできましたよ!


強力なドラムマシン、BEATBOX2 

先ほどの表からも分かる通り、このMusic Maker SilverにはMIDI機能が搭載されていない、というのがDAWとしては、ちょっと寂しいところではありますが、BEATBOX2というドラム音源が搭載されているので、これを使って自由にドラムパターンを打ち込んでいくことができるというのは楽しいところです。そう、MIDIなどまったく知らない人でも、このマトリックス画面を使っていけば、直感的にリズムを作っていくことができるのです。


複数のエフェクトをまとめたオーディオ・ラック・エフェクト 

もちろん、このようにしてレコーディングしたり、ドラムパターンを作ったりした結果をミキサーを使って音量やパンを調整していくことも可能。また、先ほどの表を見ると、エフェクトがあまりないようにも見えますが、「オーディオ・ラック・エフェクト」というのがなかなか秀逸で、各トラックごとに、イコライザやりバーブ、ディレイ、コンプレッサ、ピッチシフト、ディストーション、フィルタ……といったものを掛けていくことが可能です。これなら、エフェクトを使ったことのない初心者でも、かなり分かりやすく使えるので、エフェクトとはどんなものなのかの勉強にもなると思います。


ギターアンプシミュレータのVANDAL SE 

さらに、プラグインとしてVANDAL SEというアンプシミュレータも搭載されているから、結構いろいろなことができてしまいますね。

ところで、このMusic Maker Silver、結月ゆかりにバンドルされているのかと思っていたのですが、インストールDVDの中に見当たらず、「あれ?」と。でも、これはダウンロードして入手するタイプになっていたんですね。ダウンロードするためには、AHSにユーザー登録をする必要があるのですが、これによってダウンロード先のURLを入手できるようになっています。


ユーザー登録すると、Music Maker Silverの無償ダウンロードが可能になる 

でも「12月19日以前のパッケージを買っちゃったよ……」、「ダウンロード版を買ったんだけど、Music Maker Silverはもらえいないの?」という人もいると思います。この辺の扱いはどうなるのでしょうか?AHSに確認してみたところ、「結月ゆかりのユーザー登録をしていただければ、どのバージョンのものでもMusic Maker Silverのダウンロードは可能になっておりますので、ぜひご利用ください」とのことでした。

ダウンロードのファイルサイズも205MBとコンパクトなものですから、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?


top_return