自分で制作したCDを、自らのお店=ブースを構えて売ることができる同人即売会イベント。最大級のものとしては、都内で春と秋に行われている音系・メディアミックス同人即売会 [M3]があるほか、もちろんコミケ(コミックマーケット)でも音楽作品が売られているし、VOCALOID音楽限定としてはボーマス(THE VOC@LOiD M@STER)があるなど、日本の音楽文化として定着つつあります。でもDTMユーザーでも、一度も参加したことも、行ったこともないという人は多いですし、そもそもこうした存在すらまったく知らないという人も少なくないのが実情です。

一方で、M3もコミケもボーマスも基本的には都内での開催であり、首都圏以外の人にとっては縁遠い存在であるのも事実。そうした中、6月3日に「音けっと in 大阪なんば」というイベントが初めて開催され、大きな話題になりました。関西で行われたということはもちろんですが、主催者側からの呼びかけにより、全国各地の参加希望者に無料で発表の場を設けたというのも注目のポイントとなったからです。その第2回目が12月2日に開催されることが発表され、現在出展者を150ブース限定の早い者勝ちで募集中。一般入場が1,000円である一方、お店を開くためのサークル参加費は2,000円と激安です。前回に続き、われわれの実験的レーベル、DTMステーションCreativeとしても参加することを決めたところです。改めて第1回目の状況をレポートするとともに、主催者の底辺亭底辺さん(@teihenteiteihen)に、話を伺ってみたので紹介してみましょう。


12月2日に第2回目の「音けっと in 大阪なんば」が開催されることが決まった

前回の「音けっと in 大阪なんば」(以下、音けっと)の開催を最初に知ったのは、底辺さんから、DTMステーション宛にお知らせメールをいただいたのがキッカケでした。作曲家の多田彰文さんと一緒に始めたレーベル、DTMステーションCreativeとして、M3への参加を決めたところであり、その先の活動をどうしようか……と多田さんと話し合っていたタイミングだったことから、即、音けっとへの参加を決めたのでした。

その第1回目の音けっとについては「音楽・音声同人イベント『音けっとin大阪なんば』が6月3日に開催決定。150ブース規模でサークル募集中。DTMステーションCreativeも参戦!」という記事でも書いていましたが、実際に参加してみたところ、思っていた以上の大盛況となっていました。


多田さんが設営したわれらがDTMステーションCreativeブース

もっとも、実はそのときに、DTMステーションCreativeとして現地に行ったのは多田さんのみ。というのも、その日の夕方からVOCALOIDの『紲星あかり』(きずなあかり)の発表会に参加することが、かなり前から決まっていて、大阪に行くことは物理的に厳しかったからです。もちろん2人で参加するとなると、東京・横浜からの交通費もかなりかかりますしね…。

そこで、苦肉の策としてとった手段が、自宅からSkypeでの参加。多田さんが、iPhoneをブースに置いてそのiPhone画面から参加したわけです。どんなことになるのか、なかなか想像もつかなかったのですが、まさにVRという感じの不思議な体験をすることができました。


藤本はSkypeにて自宅・横浜からの参加でした

机の上に置かれたiPhoneのカメラから、会場の様子は見えるし、そこでの音もリアルに聞こえてきます。視野角度はちょっと狭かったですが、目の前をひっきりなしに来場者が行きかう様子を見ていると、ホントにその場にいるような感じがしました。

記事で紹介していたからか、DTMステーションCreativeのブースを目指して来てくれた方も多かったし、「あの、DTMステーションがCDを売ってるのか!」と言って、購入してくださった方も多くて、大感謝でした。

もちろん接客も、会計も多田さんが1人で行っていたのですが、「藤本さんも、Skypeで参加してます!」といって、来ていただいた方にiPhone画面の中の私を紹介してくれるので、数多くの方とお話できてしまったのもすごく面白かったです。

途中、休憩時間を作って、多田さんが会場内を練り歩いてくれたのも、ちょっと普通はできない不思議な感覚でした。私はiPhone内で顔だけが出てる状態だったから、なんか生首吊るしての回廊みたいでしたけど、いろいろな方々ともご挨拶できてしまいました。


コテカナさん欠席の中、アニモさん(左)とCOSIOさん(右)がコテアニブースを運営してました

ちょっと紹介すると、まずはコテアニのブース。そう、この時DTMステーションCreativeで販売していたCDは、ボーカルに小寺可南子(コテカナ)さんを迎えた「Sweet My Heart」というアルバムでしたが、そのコテカナさんが、アネモネ・モーニアン(アニモ)さんと組んでるのがコテアニ。残念ながらコテカナさんも別用で、参加はできなかったので、アニモさんとコテアニのプロデューサーである小塩広和(COSIO)さんとでブースを出していました。


同人即売会という存在も初めて知ったという大山藍さんも、すごく楽しんでいるようでした

一方、ニコニコ生放送・FreshLiveで、多田さんと放送を続けているDTMステーションPlus!のほうのゲストとして、過去何度も参加してくれていた、シンガーソングライターの大山藍さんもブースを出していました。関西を中心に積極的にライブ活動を展開している大山さん、Skype超しに話をしたところ、M3の存在もまったく知らなかったそうですが、多田さんからの誘いもあって、音けっとに参加してみたところ、普通は出会うことがないさまざまな人たちと触れ合ることができ、実際多くのCDも購入してもらえて、すごく楽しい、と話していました。


インターネット社ブースでは穐山さん(左)、村上さん(右)が説明しつつ、製品の販売も

また企業として参加していたのがAbility ProSinger Song WriterSound It!でお馴染みの株式会社インターネット。そう地元大阪の会社ということもあって、興味を持たれて参加したとのことでしたが、ブースには社長の村上昇さん、広報の穐山泰正さんが立って、製品について説明していたようです。

一方、iPhone内の顔だけで会場を練り歩く中、バッタリお会いしたのが、DeeMaxなどでお馴染みのDotec-Audio飯島進仁さん。聞いてみたところ、「関西のイベントでもDotec-Audioとして出展してみたいので、下見に来ました」と言っていたので、次回に期待ですね。

というわけで、前回は多田さんのおかげで音けっとに参加した気分は存分に味わえましたが、次回は私も行こうと思っています。実際に何を商品として置くのかなどは、現在検討中。冷やかし半分でいいので、ぜひ多くの方にブースに遊びに来ていただければと思っているところです。

さて、音けっとの主催者である底辺亭底辺さんに、先日やはりSkype越しに少しインタビューをさせていただいたので、紹介してみましょう。

--第1回目の音けっと、改めて振り返ってみていかがでしたか?
底辺:やはり、この世界においてM3は非常に重要な存在だと思っています。ただM3に行きたくてもなかなか行けないという人たちのために、M3リスペクトの中、関西でもやってみようという思い切って企画したのが、音けっとです。M3と比較すれば、とっても小さなイベントではありましたが、実際に開催してみて、多くの方に喜んでいただけたようで、主催者としても嬉しく感じております。またサークル参加していただいたみなさん、そして来場者のみなさんからも、「ぜひ、またやってほしい」という声をいただいたので、2回目の開催を決めたところです。



--私のSkype参加では、あまりよくわからなかったのが、宅録参加企画というものです。これについて改めて簡単に紹介いただけますか?
底辺:音けっとは関西の人だけのために開催しているものではないんです。M3にサークル参加したくてもなかなか行けないという全国の方のために、何かしたいということで考えたのが、この宅録参加企画です。これは1人1分の自己PRのオーディオデータを送ってもらうとともに、自己紹介用の一言PRやTwitterアカウント紹介を記載した名刺(名刺大カードでも可)を送っていただければ、それを遠隔企画参加者用のブースに掲示するとともに、音を流していくというものです。どうすれば効果的なのかを試行錯誤しているところですが、多くの方に参加いただければと思っています。

--今回、新たに「パトロン参加」というものが追加されたようですが、これはどんなものなのでしょうか?
底辺:音けっとを盛り上げたいという思いを強く持っている一方、財政的にはなかなか厳しいというのも実情です。そこで、パトロンとなっていただけるスポンサー様を募集しようというものです。3万円で『音献灯絵馬』(PDF形式)を購入していただければ、音けっと公式サイトでスポンサー表記させていただくほか、簡易報告書を提出いたします(希望の調査項目がありましたら事前にご相談ください)。また大会終了後に電話かSkypeによる1時間の通話報告もいたします。ぜひ、支援いただけると嬉しいです。パトロン参加に関する詳しい情報は、こちら「パトロン参加について」をご覧ください。



--前回を振り返った上で、今後改善したい点などはありますか?
底辺:ぜひもっと音けっとを盛り上げて、来場者数をもっと増やしたいと努力しているところです。私の力不足でイベントの存在をお知らせしきれておりません。SNSなども通じて告知しているところですが、できることならば、DTMステーションの読者のみなさんにも拡散のご協力をいただけると嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします。

--次回、私たちDTMステーションCreativeとしてもまた参加しますので、どうぞよろしく願いいたします。ありがとうございました。

【関連情報】
パトロン参加について


【Twitter】
底辺亭底辺さん(@teihenteiteihen)
音けっとin大阪なんば公式(@doujinonnsei)

【関連情報】
DTM Station Creativeオンラインストア

【CD購入ページ】
◎DTM Station Creativeオンラインストア ⇒ Sweet My Heart