藤本健の“DTMステーション”

藤本健の“DTMステーション”

DTM、デジタルレコーディング、DAW、MIDIといった分野の情報を紹介します。
初心者の入門用として、プロミュージシャンの実践術としても役立つ記事、製品レビューなどをお届けします。


カテゴリ: ACID

VEGAS Proという映像制作ソフト=ビデオ編集ソフトをご存知でしょうか?以前はSONY Creative Softwareの高機能・高性能なソフトとして広く使われていたもので、あのACIDの兄弟ソフトともいえるものです。そのVEGAS ProACIDも、さらには波形編集ソフトのSound Forgeも2016年5月にSony Creative SoftwareからドイツのMAGIX社へと売却されたため、現在はMAGIXが開発・販売をしており、最新版はVEGAS Pro 15。国内ではソースネクストが販売・サポートを行っています。

映像制作ソフトというと、AdobeのPremiereやAppleのFinal Cut Proなどがありますが、VEGAS ProはACIDの兄弟ソフトだけにDAW的な感覚で使えるため、DTMユーザーにとっては非常に扱いやすいソフトです。また他のソフトと比較して非常に軽快に動作するのが特徴で、音声も映像もトラック数制限なく扱うことができます。そのVEGAS Pro 15シリーズの最小構成であるVEGAS Pro 15 Editは通常43,890円(税抜)で売られているのですが、7月19日~31日の間だけ特別キャンペーンとして90%オフの3,990円。この値段なら、とりあえず買っちゃえ!と入手して、ミュージックPV的なものを作ってみようと試してみたので、どんなソフトなのか紹介してみたいと思います。


VEGAS Pro 15でアイドルグループd-girlsのPVを作ってみる
>>この記事の続きを読む

1998年に彗星のように登場し、音楽制作の世界に革命を起こしたDAW、ACID。当時のSonic Foundryというアメリカの会社が開発したソフトでしたが、ループ素材をブロックのように並べていくだけで誰でも音楽制作ができる手法を確立したことは、まさに革命といえる大事件でした。その後、この手法は各DAWに取り入れられていったことは、みなさんもよくご存じだと思います。MacのGarageBandは、ACID初期バージョンの開発者をAppleが引き抜いたことで生まれたというのも、結構有名な話ですよね。

そのACIDの上位バージョンであるACID Proが、9年ぶりとなるバージョンアップを果たし、ACID Pro 8となって発売されました。開発元はSonic FoudryからSony Creative Softwareを経て、現在はドイツのMAGIXに。また国内発売元はソースネクストになっての誕生で、従来同様Windowsのみに対応したDAWとなっています。前バージョンは50,400円と高価なものでしたが、大幅に機能、性能を向上させたのにかかわらず価格は16,390円と1/3の超低価格に。実際、どんなソフトに生まれ変わったのか試してみたので、紹介してみましょう。


9年ぶりとなるACID Proの新バージョン、ACID Pro 8を使ってみた
>>この記事の続きを読む

先日、米SONY CREATIVE SOFTWAREからACIDの新バージョン、ACID MUSIC STUDIO 10が発売されました。ACIDについては、これまでDTMステーションでも何度か記事にしてきたことがありますが、これはループ素材を並べて曲を作る手法をベースにした音楽制作ソフトで、90年代後半に登場し、進化してきたソフトです。

もちろん、現在はMIDIの打ち込み機能はもちろん、オーディオのレコーディング機能、細かなエディット機能、エフェクトやソフトシンセのプラグインの機能……と一通りの機能を備えたDAWとなっているのですが、実売価格11,000円程度と安く、しかも本当の初めてユーザーでもすぐに使えてしまうという、他のDAWとは一線を画すユニークなソフトでもあるのです。先日、ニコニコ生放送の6月17日のDTMステーションPlus!で取り上げてみたところ、結構驚いた方も多かったので、改めて紹介してみたいと思います。


ACID MUSIC STUDIO 10を使ったお絵描き音楽制作術に挑戦! 

>>この記事の続きを読む

古くからあるDAWでありながら、意外と初心者ユーザーに知られていないのが、ソニーのDAWであるACID(アシッド)です。CubaseやSONAR、Live、Logic……といったDAWの影に隠れてしまっていますが、とくにDTM初心者にとっては、とっても使いやすく、分かりやすいのが特徴のソフトです。

最大の特徴は、音楽に関する知識がなくても、ドラム、ベース、ギター、ピアノ……など気に入った素材を選んで並べるだけで簡単に曲を作っていくことができること。いわゆるループシーケンス機能を中心に据えたもので、VOCALOIDのバックパートを作るためのソフトとしても非常に使いやすいDAWなのです。そのACIDに、先日「プロデューサー優待版」という嬉しいオマケ付のパッケージが発売されたので、改めてACIDがどんなソフトなのか紹介してみたいと思います。


パッケージも新たになり、ソニーのイヤフォンも付属するACID Music Studio 9
 
>>この記事の続きを読む

J-WAVEなどFMのラジオDJとしてお馴染みのDJ TAROさん。ターンテーブリストとして、またサウンドプロデューサーとしても幅広く活動されているほか、iPadを使ったDJプレイヤーとしても知られており、Twitterを見ていても、DTM系のマニアックな発言も多く気になっていました。

そのDJ TAROさんの連絡先を先日、知人から紹介してもらってメールしてみたところ、すぐに「DTMステーションよく見てますよ!」というお返事をいただきました。システム環境などについて、お話を伺えないか聞いてみたところ、快くOKをいただいたので、先週DJ TAROさんのスタジオに行ってきました! DTM関連との出会いから、ラジオ番組のノンストップミュージックの制作術まで、面白い話をいっぱい聞くことができたので、インタビュー形式で紹介してみましょう。


DJ TAROさんのスタジオに伺って、ノンストップミックスをどう作っているかなどを聞いてきました

>>この記事の続きを読む

DTMをしてみたいんだけど、難しそうで……」、「楽器もできないし、音楽理論もまったくわからないからDTMって無理でしょ…」、「ボカロを買ったんだけど、これだと歌しかできないので、簡単にBGM作る方法ってないのかな……」、そんな声をよく耳にします。確かに、人によってDTMに求めるのは違うだろうし、目的によって使うべきソフトや機材も異なってきます。

そんな中、これからDTMを始めたいという、多くのDTM初心者の方にぜひお勧めしたいWindows用ソフトがあります。それが先日発売された、ACID MUSIC STUDIO 9という約1万円のソフトです。その理由は、DTMの知識もなく、楽器の演奏スキルがゼロという人でも、パソコン1台あればすぐに使えるという点。そして、初心者用のとってもいい教科書が登場したからですね(笑)。これがどんなソフトなのか、簡単に紹介してみましょう。


パソコン1台あれば、初心者でもすぐに使えるACID MUSIC STUDIO 9
>>この記事の続きを読む

今年、2012年4月から中学校の学習指導要領の改訂が行われた結果、「ダンス」が必修になったというのをご存知ですか?(文部科学省~中学校武道・ダンスの必修化)創作ダンス、フォークダンス、現代的なリズムのダンスの3つから構成されていて、特にポイントとなるのは「現代的なリズムのダンス」=ヒップホップダンスなんだとか…。

さすがにヒップホップが得意な先生なんて、そうそういないので、教育現場は結構混乱しているらしいのですが、そんな中でちょっと面白い現象が起きています。そう、ダンス教育のために、中学校にACIDが導入されるケースが増えているというのです。


今回話しを伺ったOTAI RECORDの店長、井上揚介さん 
>>この記事の続きを読む

テレビでもよく見かけるヘリウムボイスの活弁士、山崎バニラさん。私も以前から週刊アスキーでPCを自作する記事を見ていて、興味を持っていました。ところが昨年の週アスで、そのバニラさんがDTMを始めたというのを見てビックリ。しかも、私の書いた書籍「ACID MUSIC STUDIO 8 Starter Manual」を持ってニッコリしている写真が出ていたんですから本当に驚きでした。即、Twitterでバニラさんをフォローするとともに、連絡をし、「ぜひ、お会いしてお礼したい!」と伝えいたのです。

OKのお返事はいただいていたものの、なかなか都合があわず1年以上経過してしまいましたが、先日、念願かなってお話をすることができました。せっかくなので、改めてDTMをはじめた経緯や、どんな使い方をしているのかなどについて、インタビューしてみました。


念願かなってインタビューすることができた山崎バニラさん
持っているのは大正琴 
>>この記事の続きを読む

先日掲載したACIDのBeatmapperの記事を読んだ知人を通じて、ちょっと変わった依頼が寄せられました。依頼主はルージュというダンスチームのメンバー、山田みなみさん。普段は都内の劇場やステージなどで活動しているそうなのですが、もしダンス用のオリジナルソングが簡単に作れるなら試してみたい、というのです。

なんか面白そうなので、これは記事ネタになるかもと、一度会って実際に彼女の曲作りのチャレンジを支援してみることにしました。ソフトは何でもよかったのですが、せっかくならキッカケとなったACID Music Studio 8を使ってみることにしたのです。


今回、初のDTMにチャレンジした山田みなみさん
>>この記事の続きを読む

「自分の好きなアーティストの曲をアレンジしてみたい」そんな思いを持っている人は多いと思います。もちろん、耳コピして自分で演奏したり打ち込んでDAW上でアレンジしていくのも手ですが、誰でも簡単にというわけにはいきません。

では、CDでリッピングした曲を利用するといっても、これが結構大変。単純に間奏部分をカットしてサビを2回繰り返させるというので、できそうでできないものです。波形編集ソフトでそれにチャレンジしてくじけた人も多いのではないでしょうか?


ACIDのBeatmapperを使ってお手軽アレンジ・リミックス
>>この記事の続きを読む

このページのトップヘ