古くはYAMAHAのKX5、RolandのAX-1、KORGのRK-100など、ステージでよく使われていたショルダーキーボード。その後、各社とも撤退していき、数少ない現行製品として注目を集めているのがAlesisVORTEX WIRELESS 2という製品です。このVORTEX WIRELESS 2は今年2月に発売された製品で、名前からも分かる通りワイヤレスでMIDI信号を飛ばせるのが大きな特徴の37鍵キーボード。

これ自体に音源機能は備えていませんが、外部MIDI音源モジュールやPC上のソフトシンセを活用することで、機動性高く活用することができるのです。7月にDTMステーションPlus!のゲストとしても登場いただいたビジュアル系バンド「摩天楼オペラ」のキーボーディスト、彩雨(@opera_ayame)さんもVORTEX WIRELESS 2をライブで活用しているとのこと。先日、全国ツアーのファイナルとして赤坂BLITZで行われたステージも見学してきたところです。加速度センサーでユニークなプレイができるといったメリットがある一方、USB端子を備えているからワイヤードでPCと連携でき、しかも数多くのソフトウェアをバンドルするなど、DTM用にも超優秀な機材なのです。実際どんなキーボードなのか、紹介してみましょう。


Alesis VORTEX WIRELESS 2をステージ上で弾く、摩天楼オペラの彩雨さん Live Photo : 土屋良太(artoy)
>>この記事の続きを読む