できることならば音楽で食べていきたい」そう思っている方はアーティストでもプレイヤーでも、作曲家でも少なくないと思います。でもYouTubeやSoundcloudに発表すれば、それですぐに注目を集めるわけでもないし、事務所やレコード会社のオーディションも散発的に行われていて、なかなか気づかないし、オーディションやデモテープ募集に応募しても、そもそも本当に聴いてもらえているのかもわからず、返事すらまったくない……そんな思いを持っている方も少なくないと思います。

「せめてちゃんと聴いてもらえれば、きっと評価してもらえるはず」と自信を持っている人でも、うまくいかないことがずっと続くと心も折れてくるものです。そんな状況を大きく変えてくれる可能性を持ったユニークなサービス「スマートオーディション」なるものが先日スタートしました。これはFrekul(フリクル)というサイト上で登録することで、多くのレーベル、事務所へのオーディションに参加することができ、実際に自分の曲が聴かれたかどうか、リアルタイムに確認することもできるというユニークなサービスです。しかも、費用がかかる心配もまったくない無料のサービス。実際どんなものなのか、Frekulを運営する株式会社ワールドスケープの代表、海保けんたろー(@kentaro_kaiho)さんにお話しを伺ってみました。


ミュージシャン・クリエイターとレコード会社を結びつけるマッチングサービス、スマートオーディション

>>この記事の続きを読む