藤本健の“DTMステーション”

藤本健の“DTMステーション”

DTM、デジタルレコーディング、DAW、MIDIといった分野の情報を紹介します。
初心者の入門用として、プロミュージシャンの実践術としても役立つ記事、製品レビューなどをお届けします。
DTMステーションのFacebookページも運用中ですので、そちらもぜひお願いします。


タグ:Fireface

普通、レコーディングスタジオというと、密閉した部屋に防音設備を施し、吸音材を設置して……というものですよね。ところが先日、取材に伺ったレコーディングエンジニアの山口泰さんのスタジオは、いわゆるレコーディングスタジオの対極ともいえる、開放的なスタジオ。なんと、お寺がレコーディングスタジオであり、ミックススタジオであり、マスタリングスタジオとなっているのです。

別にお寺の中に密閉した空間を作っているというわけではありませんよ。お寺を丸ごと借り切って、そこにマイクを設置したり、モニタースピーカーを設置したり、レコーディング機材を設置した上で、そのままの状態で、レコーディングエンジニアとしての業務を日々行っているのです。ちょうど、先日伺ったときは、3人のアイドルグループ、Ring-Tripがレコーディングをしているところだったのですが、どんなことになっているのか、紹介してみたいと思います。


千葉県南房総市にあるお寺をスタジオとして3人組のアイドルユニット、Ring-Tripのボーカルをレコーディング
 
>>この記事の続きを読む

プロミュージシャンの自宅スタジオや、著名ボカロPの作業部屋などに行くと、よく見かけるドイツRMEのオーディオインターフェイス、Fireface。ちょっと高価ではあるけれど、気になっているという人も少なくないと思います。Fireface UCXFireface UFXなど、いくつかのラインナップがありますが、現在の主流製品はUSB/FireWire両対応のものとなっています。

先日、発売元のSynthax Japanの担当者と話をしたとき、ちょうど9月20日からキャンペーンを行うということを伺ったので、このタイミングで、ハイエンドオーディオインターフェイスのFirefaceとはどんなものなのかを改めて紹介してみたいと思います。


RMEの18IN/18OUTオーディオインターフェイス、Fireface UCX(下)とAdvanced Remote(上)
 
>>この記事の続きを読む

このページのトップヘ