以前「JBLの新型モニター、LSR305は魔法のスピーカー!?」という記事でも紹介したJBL PROFESSIONALのモニタースピーカー、LSR305。JBLが開発した「イメージコントロールウェーブガイド」という特殊な構造を取り入れたことで、聴く位置を移動しても音像、バランスを保つことができるという、魔法というか、なんとも不思議なスピーカーでした。そのLSR305がモデルチェンジし、MkIIに進化して発売されました。見た目は大きく変わらないマイナーチェンジですが、低域と高域のバランスがさらに良くなり、音の再現度も上がったとのこと。

リスニングポイントが広いだけに、ほかのモニタースピーカーと比較しても設置が簡単だし、5インチモデルの305P MkIIが実売価格で一本16,000円(税抜き)と手ごろであるのも大きな魅力。DTM用のモニタースピーカーをこれから買おうという初心者ユーザーにはもちろん、買い替えを検討している中上級ユーザーにとってもかなり魅力的な製品だと思います。そこでLSR305からどう進化したのかも含め、どんな製品なのか紹介してみたいと思います。


魔法のスピーカー、JBL LSR305(左)が305P MkII(右)へと進化した
>>この記事の続きを読む