Banner B0
640x200伸縮サイズ
Banner B1
640x200伸縮サイズ
Banner A0(728x90)伸縮サイズ

DTMステーションCreativeでM3に初出展。滑り出しは上々!?売上情報、収支状況を全公開

4月29日に開催された、音系・メディアミックス同人即売会 [M3]。ここは1,000を超える同人サークルがブースを構え、万単位の人がここにCDを買いに集まるという、他にない非常に面白いイベントです。春と秋に1日ずつ開催されているのですが、今回、ちょうど20周年となるM3 2018春に、DTMステーションとして作った新レーベル「DTMステーションCreative」で初出展してきました。M3については、以前も何度か取材し「実はCDが売れてないのはメジャーだけ!? 万単位の人が押し寄せ、CDを買い漁る、音系・メディアミックス同人即売会[M3]」、「1万人超がCDを買い急ぐ、音系・同人展示即売会M3の威力」といった記事で紹介してきましたが、今回は売り手の立場でM3の面白さを体験してきたわけです。

 

それなりのパワー、コストをかけて作ってきたCDですが、「これが本当に売れるものなのか?」「人は来てくれるのか?」「トラブルなくブースを運営できるのか?」「実は行列ができたりしないのか?」……などなど不安と期待が交錯する中、出展した結果、数多くのお客さんにいらしていただくことができました。まずは、ご来場いただき、CDをご購入いただいたみなさんに深くお礼を申し上げます。そして、今回のM3についての売上情報をリアルな数字でお伝えするとともに、これまでかけた費用を含めた詳細な収支情報をすべて公開してみたいと思います。


M3 2018春でのDTMステーションCreativeブース。左から小寺可南子さん、藤本、多田彰文さん


Banner B2
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner B3
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner A1(728x90)
伸縮サイズ

改めて、この新レーベル「DTMステーションCreative」について紹介すると、これはDTMステーションの新企画として、私と作曲家の多田彰文さんとで立ち上げたレーベルです。先日、「DTMステーション、M3-2018春に参戦。作曲家の多田彰文さんと新レーベル始動し予算・会計も大公開。第1弾シンガーは小寺可南子さん!」という記事でも紹介した通り、まず第1弾の作品として、シンガーにはコテカナこと小寺可南子(@cana_ko_tera)さんを迎えてのミニアルバム「Sweet My Heart」を制作したわけです。


プレスされて、まさに仕上がってきたばかりのCD

 

このミニアルバムは、以下の4曲入り
  1. Sweet My Heart
  2. Appreciation 100
  3. Sweet My Heart インストルメンタル
  4. Appreciation 100 インストルメンタル

となっているのですが、特徴となるは2曲目、4曲目のAppreciation 100がVRミックスとなっている点。これは普通のヘッドホン、ステレオスピーカーで聴いても立体的な音で飛び出してくるちょっと不思議な仕掛けを施しているという楽曲です。このVRミックスの詳細は、先日の記事「ヘッドホンやステレオスピーカーで360度サウンドを実現するVRミックスとは」で書いているので、そちらをご覧いただきたいのですが、ミックスはすべてレコーディングエンジニアの飛澤正人さんにお願いしています。

納品されたCDは1,000枚。100枚ずつ10箱に分けて到着した荷物の山

そして、このアルバムのリリース日を、今回4月29日のM3にするとターゲットを定め、3月に入ってから急ピッチで制作を進めてきました。その結果、1,000枚でプレスしたCDが4月20日に無事納品となり、M3会場へは、スタッフみんなで手分けして、重たいCDを会場へと持ち込んだのでした。そのCD制作にかかったコストについては、以下の通りでした。これは以前報告していたものと、ほぼ変わっていませんが、若干の変動があったので、その辺を修正しています。

CDタイトル Sweet My Heart
【概要】
内容・曲数 4曲入り (歌2曲・同曲インスト2曲)
頒布・販売価格(税込) ¥1,000
作成枚数 1,000枚
サンプル(資料用見本)設定枚数 50枚
頒布・販売枚数 950枚
完売時売上見込 ¥950,000
【制作費】
多田彰文 作詞料(2曲分) ¥0 著作権印税処理 → JASRACからの分配
多田彰文 作曲料(2曲分) ¥0 著作権印税処理 → JASRACからの分配
多田彰文 編曲料(2曲分) ¥200,000
ミュージシャン演奏代(2曲分) ¥0 編曲料に含む
小寺可南子 歌唱料(2曲分) ¥100,000 歌唱印税処理 → CD1枚毎に5%
歌唱録音スタジオ使用料 ¥19,440
飛澤正人 Mix&Mastering料(Noramal) ¥70,000
飛澤正人 Mix&Mastering料(VR mix) ¥100,000 ※本来23万円のものを特別価格で
MasterDisk作成料 ¥5,000
レコーディングアシスタント料(中村太樹) ¥5,000
ジャケット制作料(50,000円相当) ¥0 多田プロデュース印税処理
プレス発注料 ¥76,820 1,000枚分
小寺可南子PHOTO使用料(中村ユタカ) ¥5,000 3/31追記
JASRAC著作権使用料 ¥64,800 1,000枚分
宣伝物作成料(POP・フライヤー等) ¥0 多田プロデュース印税処理
藤本健 プロデュース料 ¥0 プロデュース印税処理 → CD1枚毎に15%
多田彰文 プロデュース料 ¥0 プロデュース印税処理 → CD1枚毎に10%
M3出展費用 ¥14,100
雑費(ケータリング他) ¥8,056
制作費合計 ¥668,216
損益分岐点
(制作費のみで算定)
669枚以上

 

ちなみに、1,000枚のCDプレスについては、
  • できるだけ安く抑えられるところ
  • 海外でのプレスでも構わない
  • JANコード(バーコード)の発行ができること

といった条件から、Press Stationというところにお願いすることにしました。何といっても、名前にグッと来たので(笑)!

このバーコードのJANコードを取得してくれる業者というのも今後流通を考える上でのポイント

 

1,000枚で基本料金が69,000円で送料、消費税込み。9営業日で発送とのことなので、条件としてもピッタリ。ここにJANコード発行費用(1,080円)4P二つ折りジャケットセット(+3,500円)にするとともに、念のための保険?として「ご入稿素材優先チェックサービス」(3,240円)という少し早く納品されるオプションを追加して、トータル76,820円(税込)となりました。つまり1枚当たり76.82円でプレスできちゃうんですね。

段ボールを開けると、中にはCDが100枚ギッシリ詰まっている

さて、そうした作ったCD、リリース日である、M3で実際にどのくらい売れるものなのでしょうか?私たちも初めての経験だけに、なかなか予想もつきません。以前、M3を取材(?)、いや偵察(!?)したとき、一部のサークルでは長蛇の列ができて「最後尾はこちら!」なんて札を持った人が整理していました。ただ、多くのサークルでは、そんなに列ができるわけではないので、「どうなるんだろう…」とワクワクしつつも、不安もいっぱい。

4月29日の当日、東京流通センター入り口には、M3-2018春のポスターが設置されている

今回、我々のブースは第二展示場1階の「か-18a,b」というところ。M3準備会から書類が届いたときは、あまりよく分かっていなかったのですが、壁側のかなりいい位置だったんですよね。いわゆる「壁サークル」というヤツ。とっても光栄なことではあるけど、これでヘマをした.ら、二度と出られなくなっちゃいますから、責任重大でもあります。


我々は、光栄なことに、いわゆる壁サーというヤツでした!

 

サークル参加者の入場時間の9時に集合して、多田さんお手製のポップやロゴ入りテーブルクロスもかけて、まずは設営。ブースで試聴もできるように、VRミックスの動画を入れたiPadも私のものと、多田さんのものを設置して、1時間ほどで完了。


1時間ほどでブースの設営完了

ちなみに、ほかのM3経験者からの話を聞いたところ、すごく売れているサークルでも、購入者=ファンとの交流もあるので、対応できるのは300人程度が限界、とのこと。つまり、11:00~15:30の4時間半の開催時間において、話をしたり、サインをしたりということを考えると、最大でもその程度なのでしょう。

開場前、3人並んで、準備万端!

どれだけのCDを搬入すべきか多田さんと相談したところ「1,000枚もプレスしたんだから、売り切れて頒布物がなくなるのが最悪。念のため多めに持っていこう」ということになり、不可能は承知で400枚ほど持ち込んだのでした。

各自手分けしてCD・100枚入り段ボール箱を会場へ持参

ちなみにシンガーであるコテカナさんは、コテアニという別ユニットでも同じM3会場でブース出展していたのですが、今回はDTMステーションCreativeブースに専念してくれることになり、多田さん、コテカナさん、藤本の3人で対応。またレコーディング時にアシスタントをしてくれた中村太樹君もスタッフとして参加してくれたので、会場は4人で運営していきました(荷物の運搬や設営には、DTMステーションPlus!のスタッフ、あやねちゃん(@inkoDTM)も手伝ってくれました!)。コテカナさんからは「今日の目標として、とにかく100枚売れるように頑張りましょう!」と提案が。確かに、そのくらいの目標があると気が引き締まります。

11時の開場直前にコテカナさん自撮りによる記念撮影。いよいよスタート

11時の時報とともに、場内には「ただいまM3が開場しました。慌てず、走らずに目的のサークルに進んでください」というアナウンスが流れるとともに、会場みんなで拍手。ドドドッと人が入ってきますが、もちろん、みんな著名サークル目がけて突進。目の前を多くの人が通り過ぎていきます。不安を感じる中、約1分後に1人目のお客様がいらしてくれました。手際がいいとはいえない、会計もしつつ、CDを手渡すと、2人目、3人目のお客様が並んでくれていて、ちょっと感激。


我々のブースに少しずつ人が集まりだしてくれた

左側の角のサークルを見ると、いつの間にか数十メートルにおよぶ行列ができていて驚きましたが、ウチにも着実に人が来てくれています。買いにいらしてくれたみなさんとは、ちょっとずつではありますが、お話させてもらったところ、コテカナさんファン、多田さんのファン、DTMステーションの記事の読者のみなさん、そしてDTMステーションPlus!の視聴者のみなさんなどいろいろ。中には名古屋、関西、北海道、九州など遠方からの方もいて頭が下がる思いでした。


残念ながら多田さんが用意してくれたこの看板に出番はありませんでした

 

もっとも、最大で列は3、4人という程度で、大行列ができるというところまでには至りませんでした(まあ、当たり前)。多田さんは念のために「最後尾」と看板まで作ってくれていましたが、出番はありませんでしたね(笑)。やはり最初の1時間が一番が人が多く、平均して1分に1枚程度が売れていったのです。

3D表示のデモビデオを見てくれるお客様もいっぱい

その後、少しずつペースは落ちていきましたが、知り合いの作曲家さん、ボカロPさん、楽器メーカーの方なども来ていただき、とても楽しい時間を過ごすことができました。CD1枚1,000円なので、会計におけるトラブルもなく進んでいき、13時過ぎに、目標の100枚を達成。さらにペースは落ちながらも、売れていって15:30に無事M3は終了となりました。

午後に入り、レコーディングエンジニアの飛澤さんも応援に駆けつけてくれた

終了後、すぐに売り上げ金額の勘定です。CDの残数と突き合わせながら、お札を数えていくと……

トータル155,000円の売り上げ

となりました。つまり「155枚が売れた」ということですね。ドタバタでの会計ながら、ミスも事故もなかったようです。では、これが多い金額なのかというと、先ほどの制作費から考えると、プロデュース費用(つまり私の収入と、多田さんのプロデュース料)がゼロの制作費だけで見ても、

約51万円の赤字。

前途多難な結果とはなりました。

真剣に売上金を数える筆者

とはいえ、今回制作したCDはM3だけのために作ったわけではありません。多田さんの大活躍とコテカナさんの熱唱、そして飛澤さんによる匠の技も組み合わさっての最高傑作ができたのです。まさにこれから大ヒットを目指して広めていくべき、売っていくべき作品だと思うので、次のステージへ向けて、まずは赤字解消を目指して行こうと策を考えているところです。


6月3日は、大阪での「音けっと」へも参加予定

 

その第一歩としては、6月3日に大阪で行われる、同人即売会、「音けっとin大阪なんば」があるわけですが、もちろん、今回M3に来れなかった方、大阪にも行くのが難しい方に向けて、まずはCD通販を開始します。

 

実はここにおいても、いろいろと検討しました。Amazonで売る、各レコード店・CDショップでの販売などなど方法はたくさんあります。自分がAmazonヘビーユーザーであることから考えれば、「Amazonで売ってほしい」という声がたくさんあるだろうことは、もちろん承知しているので、その線をまず考えたのです。


Amazonが展開しているe託販売サービス

 

調べてみると「e託販売サービス」というのがあるんですね。まさに我々のようなインディーズでCDを売るための手段です。ところが、調べてみるとなかなか厳しい条件なんですよね。まず、これを利用するためだけに年間9,720円(税込み)の委託費用が必要となります。さらに、Amazonへの卸価格は60%なので、1枚ごとに400円を手数料として渡す計算になるわけです。さらに、100枚とかをドンとAmazonに在庫してもらえるならともかく、実績のない我々のようなインディーズレーベルだと、注文があるたびに数枚ずつAmazonに送る必要があるため、送料もかなりかかってしまいます。

インディーズレーベルがタワーレコードやHMVなどの大手CDショップで販売してもらうという手法もいくつかあるようですが、やはり当然のことながら中間マージンというのは大きいみたいですね。それを考えると、M3のような同人即売会、またライブなどで手売りというのは、基本的に売り上げが100%手元に入るわけですから、ものすごく大きな意義があることを改めて認識します。

Amazonなどに頼らず、自ら通販できるサイト、「DTM Station Creativeオンラインストア」を開設

だったら、自分で通販サイトを立ち上げてみるのはどうだろうか?と思い立ち調べてみると、BASEというサービスがあるのを発見。これだと基本料金ゼロで自分のオリジナル通販サイトを立ち上げることができ、購入する側は銀行振込はもちろんのこと、クレジットカード、コンビニ決済、キャリア決済、Pay-easyなどさまざまな手段が使えて便利そうです。気になる手数料も、3.6%+40円がかかるほか、サービス手数料が3%とのことです。つまりCD1枚=1,000円を売るのにかかる手数料は106円。これなら、Amazonのe託販売サービスなどと比較して圧倒的に低コストです。


プチプチの梱包材入り封筒を発送用に用意した

そのほかに通販なので発送費がかかるわけですが、安く送ればプチプチの梱包材封筒に入れて、定形外郵便で送れば205円、封筒代、タックシール代などを入れても250円でできそうです。この送料250円だけは、販売価格に乗せさせていただく形で、通販サイトを作ってみたのが「DTM Station Creativeオンラインストア」です。

 

実は、M3前にすでにこっそりオープンし、誰にも知らせていなかったのですが、すでにGoogle検索で引っかかるためか、M3の数日前に初受注をいただきました!まずはM3優先なので、発送は30日としましたが、これで、どなたでも購入可能になりました。ぜひ、ご注文いただけると嬉しいです。


ネット通販の形でも、このCDを購入いただけるようになりました

これについても、ある程度、時間が経ったところで、売り上げ状況などを報告できればと思っております。さらに「iTunesなどで購入したい」、「Apple MusicやSpotifyなどでも聴けるようにしてほしい」、「ハイレゾ版を出してほしい」などなどのご要望をSNSや掲示板、そしてM3の会場でも多数いただきました。これらについても、今まさに検討中ですので、追ってお知らせする予定です。

 

というわけで、改めてM3にご来場いただいたみなさんにお礼を申し上げるとともに、通販サイト「DTM Station Creativeオンラインストア」をスタートさせましたので、どうぞよろしくお願いいたします。

【関連情報】
DTM Station Creativeオンラインストア

【CD購入ページ】

◎DTM Station Creativeオンラインストア ⇒ Sweet My Heart 

Commentsこの記事についたコメント

9件のコメント
  • お疲れ様でした。
    昨日お邪魔してCDを買わせていただきました。
    DTMステーションCreativeの今後の活動にも期待しています。

    2018年4月30日 11:45 PM
  • 温故知新

    155枚販売おめでとうございます、ひとまず成功じゃないでしょうか、まったく参考にはならないと思いますが、私も昔自主制作でアナログ盤1,000枚作り、当初5年ぐらいほとんど売れなかったのですが、徐々に売れ始め約10年で完売しました、今では中古がプレミア付いているようです、Sweet My Heartもじんわり売れて行くような気がします、これからも販路の確保やプロモーションなど大変だと思いますが、是非レーベル続くことを祈っております。

    2018年5月1日 3:13 AM
  • Joker<初投稿です>

    M3お疲れさまでした!
    私は今回、DTMステーションCreativeブース目当てに初めてM3に参加しました。午後に伺ったので飛澤さんにもお会いできて光栄でした。CDを購入し、自宅で何度も聴かせていただいております。
    今後の活動にも期待しております。ありがとうございました!

    2018年5月1日 3:45 PM
  • こな

    M3お疲れ様でした!一般参加者としてM3には2回目の参加ですがあの空間はいいものです。
    藤本さんや多田さん、小寺さん、飛澤さんと直接お会いできて貴重な経験になりました。
    藤本さんにはちょっとした質問でお時間をとらせてしまいすみませんでした。でもおかげで悩みが晴れましたのでこれからもDTMを頑張りたいと思います!
    CDは何度も聴いてます!VRミックスはもちろんSweet My Heartもいい曲だと思うのでぜひ多くの方に聴いてほしいですね。

    2018年5月1日 9:11 PM
  • 藤本健

    尚さん
    ありがとうございました。
    これから、いろいろな企画を考えて行こうと思っています!
    今後ともよろしくお願いします。

    2018年5月1日 10:56 PM
  • 藤本健

    温故知新さん
    10年で1000枚を完売というのもスゴイですね。
    夢は大きく、1年以内、できればもっと短期間で完売してみたいです!

    2018年5月1日 10:58 PM
  • 藤本健

    Jokerさん
    いらしていただき、購入いただき、ありがとうございました。
    また、今後もいろいろな展開を考えているところです。
    このようなイベントももっと積極的にやっていきたいですね。
    今後ともよろしくお願いします。

    2018年5月1日 10:59 PM
  • 藤本健

    こなさん
    M3にご来場いただき、また購入いただき、ありがとうございました。
    コテカナちゃん的には「Sweet My Heart」のほうが気に入ったようで、彼女がアルバムタイトルとして、これを選んだんですよ!
    ぜひ、これからもよろしくお願いします。

    2018年5月1日 11:02 PM
  • 藤本健

    あいしてるさん
    多田さん作です。伝えておきますね(笑)!

    2018年5月1日 11:03 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です