藤本健の“DTMステーション”

藤本健の“DTMステーション”

DTM、デジタルレコーディング、DAW、MIDIといった分野の情報を紹介します。
初心者の入門用として、プロミュージシャンの実践術としても役立つ記事、製品レビューなどをお届けします。
DTMステーションのFacebookページも運用中ですので、そちらもぜひお願いします。




iPhoneやiPadで動作する音源は、今や膨大な数がありますが、考えてみるとDX7互換のFM音源ってなかったんですよね。かなり昔から水引孝至さん開発のDXi FM synthesizerというDX7風な4オペのFM音源があったり、やはり4オペのFM4というアプリ、また種田聡さん開発の金属音サウンドを奏でるMersenneというちょっと変わったFM音源があったりと、FM音源自体はいろいろありました。しかし今回登場したKQ Dixieは、世界初のDX7互換となるシンセアプリで、以前「海外で大ヒット中、日本人開発のiOSシンセ、KQ MiniSynthが凄い!」という記事でも紹介したことがある雲英亮太(きらりょうた)さん開発のもの。

DX7互換のFM音源だから、もちろん6オペレータ、32アルゴリズムを装備。DX7のシステムエクスクルーシブメッセージ(SysEx)およびsyxファイルに対応しているので、DX7の実機とのやりとりはもちろんのこと、ネット上に数多くあるDX7の音色ファイルを読み込んで使ったり、KORGのvolca fmやオープンソースソフトウェアのDexedなどとのやりとりも可能となっているのです。どんなアプリなのか紹介してみましょう。


iOS初のDX7互換音源、KQ Dixie
>>この記事の続きを読む

先日「第一線のプロの作曲家、エンジニアによるセミナーを1万円で受講すると、好きなDTM機材がもらえるってホント!?」という記事で紹介して、話題騒然となったセミナー。作詞、作曲家・プロデューサーの伊橋成哉さんとエンジニアの戸田清章さんという、まさに第一線のプロのお二人による音楽制作セミナーを1万円で受けることができ、そのお土産として実売価格が1万円以上するMiDiPLUSのオーディオインターフェイスかUSB-MIDIキーボードが貰えてしまうという、かなり常識外れな企画でした(実際には、お土産は後日配送だったようですが)。

当然、記事を公開してすぐに東京会場は満員で締め切りとなる一方、「北海道、仙台、東京、大阪、福岡があるのに名古屋がない(泣)!」なんて声も数多く上がっていましたが、このたび、名古屋(1月20日)東京(2月18日)での追加実施の予定が発表されました。このセミナーは、伊橋さん、戸田さんが運営するMiDiPLUS Japanのプロモーションの一環として行った特別企画ということもあり、このセミナー自体は今回が最後とのこと。また、この追加実施に合わせてMiDiPLUSの新製品も3つリリースされたので、合わせて紹介してみましょう。


実施日程 会場 時間
1月20日 名古屋 15:00~18:40 詳細・受付
2月18日 東京 15:00~18:40 詳細・受付

>>この記事の続きを読む

1月8日、アメリカ・ラスベガスで行われている家電の見本市、CES 2018においてRolandが新製品を3つ発表しました。1つはR-05以来8年ぶりとなるリニアPCMレコーダーの登場で、Bluetoothでスマホとの連携も可能なR-07。2つ目は、BOSSブランド製品で、世界初の完全ワイヤレスとなるギターアンプのKATANA-AIR

そして3つ目はiPhone/iPadアプリで、とりあえず無料で使える4XCAMERAです。これは「歌ってみた」、「演奏してみた」などで活用可能なビデオ撮影アプリで、最大4トラック・4画面の多重録音・多重録画が可能なビデオ版MTRともいえるもの。それぞれ、どんなものなのか速報記事ということで紹介してみたいと思います。


RolandがCES 2018で3製品を新たに発表
>>この記事の続きを読む

「これからDTMをはじめたい」、「初心者の友人にお勧めシステムを探してる」、「DTMのサブシステムを組みたい」……そんなニーズにピッタリな製品が、また新たに発売されました。人気DAW、Studio Oneの開発元である米PreSonusが12月に発売したAudioBox 96 STUDIOというのがそれ。同社では以前からAudioBox iTwo STUDIOというオールインワンパッケージを発売していましたが、今回登場したAudioBox 96 STUDIOはさらに低価格となっており、実売価格が24,800円(税込み)なんです。

さらに、このAudioBox 96 STUDIOに以前記事でも紹介した台湾メーカーMiDiPLUSの25ミニ鍵盤のUSB-MIDIキーボード、X2 miniもセットにしたAudioBox 96 STUDIO MiDiPLUSバンドルも同時に発売されて、こちらは29,800円となっているんです。どんな製品内容になっているのか紹介してみましょう。


オーディオIF、コンデンサマイク、モニタヘッドホン、DAW、プラグインをセットにしたAudioBox 96 STUDIO

>>この記事の続きを読む

11月にも「ギター経験のなくても本気のプレイができるメタル系・超ギター音源、Heavier7Stringsがスゴイ!」という記事で紹介した、Three-Body Technology社が開発したヘビメタ・ギター音源のHeavier7Strings(ヘビア・セブン・ストリングス)。国内でも着実にユーザーが増えてきているようですが、その後もバージョンアップを繰り返しながら進化しているようです。

年末には、増えてきている日本人ユーザー向けに日本語マニュアルも公開され、デモ版ユーザーでもこれで安心して使えそうです。また、世界中のユーザーがHeavier7Stringsを使った楽曲を作って発表しているのもなかなか面白いところ。改めて、このHeavier7Stringsの面白さを紹介してみたいと思います。


さらに進化しているメタル系ギター音源、Heavier7Strings

>>この記事の続きを読む

ドラムセットに11本のマイクをセッティングした状態なので、身一つで行けばすぐに自分の好きなDAWにユーザー自らレコーディングすることができるスタジオが東京・神田にあります。PC装備で、オーディオインターフェイスもセッティング済みだから、面倒な準備もなしに、簡単な調整だけですぐにプロ環境での収録が可能になっているんです。

しかもこのスタジオ、ボーカルレコーディング用のブースも備えていて、憧れのNEUMANN(ノイマン)のU87Aiを標準装備。これを使って、本気のボーカルレコーディングもできちゃうんです。ここは宮地楽器の2階のスタジオを大きく改修してリニューアルオープンしたDrumスタRECスタ。以前にもDrumスタ、RECスタを記事で紹介したこともありましたが、装備が大きく変更され、大幅グレードアップしているので、改めて紹介してみたいと思います。


13本のマイクが予めセッティングされたスタジオで即レコーディングができる

>>この記事の続きを読む

Shure(シュア)とブランド名を聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか?DTMユーザー、ミュージシャンであれば、やはりSM58SM57といったダイナミックマイクではないでしょうか?世界中どこにいってもある高音質ながらも頑丈で、多少乱暴に扱っても壊れない、まさに業務用のマイク。しかも安いから、誰もが使うマイクとして長年プロの世界で愛用され続け、SM58は昨年で50周年だったんですよね。

Shureは音の入口であるマイクで長い実績を持つ一方で、音の出口であるヘッドホン、イヤホンでも、いま高い評価となっており、気づくとかなり多くのラインナップが揃っているんですよね。個人的にはエレドラ用のモニターヘッドホンとしてSRH440、電車の中で使うBluetoothイヤホンとしてSE215 Wirelessを愛用しているのですが、意外とShureのヘッドホン、イヤホンについて知らないDTMユーザーも多いようです。そこで、改めてモニター用として使える製品としてどんなものがあるのかについて、紹介してみたいと思います。


DTMのモニター用として非常に使いやすく高性能なShure製品群

>>この記事の続きを読む

このページのトップヘ