藤本健の“DTMステーション”

藤本健の“DTMステーション”

DTM、デジタルレコーディング、DAW、MIDIといった分野の情報を紹介します。
初心者の入門用として、プロミュージシャンの実践術としても役立つ記事、製品レビューなどをお届けします。
DTMステーションのFacebookページも運用中ですので、そちらもぜひお願いします。




DTMをはじめる上で絶対に必要となる機材がオーディオインターフェイスです。オーディオインターフェイスとは、その名前の通りオーディオを入出力させるための機材。確かにWindowsだって、Macだって音の入出力をするための機能は標準で持っているけれど、DTMをするのに適した機能、性能を持っていないために、やはり専用の機材を別途用意する必要があるのです。もう一つ必要となるのがソフトウェアであるDAW。DAWについては「今さら聞けない、DAWって何?」という記事を参照いただきたいのですが、実はいまほとんどのオーディオインターフェイスを購入するとDAWが付属してくるため、購入するものとしてはオーディオインターフェイスイス、1つあれば事足りてしまうのです。

とはいえ、具体的にどんな製品があり、どのような観点から選べばいいのかというのは、初心者にとってなかなか難しいところだと思います。もちろん、ただ安ければいいわけではないし、有名メーカーならOKというわけでもありません。そこで、ここでは初めてDTMにチャレンジする人のために、どうやって選べばいいか、具体的にどんな製品があるのかを含めて紹介してみたいと思います。なお、この記事は以前書いたオーディオインターフェイスの選び方の記事を2016年にマッチする形でリライトしています。


2016年版、初心者向けオーディオインターフェイスの選び方
 ;
>>この記事の続きを読む

ああ、あのマキシマイザーでしょ!」とレバーを持ち上げるポーズをしながら話題にする人をよく見かけるようになったDotec-AudioDeeMax(笑)。そのDeeMaxの姉妹プラグインであるDeeシリーズ第5弾のプラグインが、先日、無料でリリースされました。

DeeSpeakerというこのVST/AU対応のプラグインは、ヘッドホンでスピーカーサウンドを再現するというちょっと変り種のプラグイン。1メートル先に45度の角度で設置されたスピーカーをバーチャルで実現してくれるため、モニタースピーカーを持っていない人でも、ミックス段階、マスタリング段階において、それなりの音作りができるという便利なツールなのです。実際、どんなものなのか、どのようにして使うのか試してみました。


Dotec-AudioのDeeシリーズの第5弾、DeeSpeakerが無料でリリース
 
>>この記事の続きを読む

DTMステーションでもこれまで何度か紹介したことのあったTASCAMのオーディオインターフェイス、US-2x2およびUS-4x4。手頃な価格ながら、24bit/96kHz対応で、見た目にもカッコよく、また高品位なマイクプリアンプを搭載しているなど、使いやすく人気の高いオーディオインターフェイスですが、先日登場したTASCAM Software Mixerなるものを使うことでその機能、活用範囲が大きく広がります。

中でも注目すべきポイントは、ネット生放送や「歌ってみた」をする際、リバーブでもEQ・コンプでも自分の好みのエフェクトをプラグインで利用できるようになったという点。こんな機能を持ったオーディオインターフェイスがあればいいのに……と思っていたらTASCAMがそれを実現してくれたんです。実際、どんなものなのかを紹介してみましょう。


TASCAMが新たにリリースしたSoftware Mixerの利用でUS-2x2、US-4x4が画期的に進化する
 
>>この記事の続きを読む

フリーの音源から高性能な市販ソフトまで、ありとあらゆる音源がソフトウェアで実現されるソフトシンセ全盛の今、ここまでハードウェアのアナログシンセがブームになるとは、私自身、考えてもいませんでした。が、各社さまざまな形でアナログシンセに取り組んでおり、その勢いは止まらないようです。そんな中、Rolandが3月に発売することを発表しているのが、Roland SYSTEM-500 Complete Setというもの。

これから初めてユーロラックにチャレンジする人へのエントリー製品」という位置づけなんですが、実売価格が税別で25万円前後。気軽にポンと購入できる価格ではないけれど、「ユーロラックってカッコよさそうで気になる!」という方も少なくないはず。このSYSTEM-500は先日、記事で紹介したRoland A-01Kと接続することで、DTM環境に組み込んで楽しめるのも面白いところです。そこで、改めてユーロラックとは何なのか、このRoland SYSTEM-500 Complete Setとはどんなものなのか、A-01Kとどのように組み合わせることで、PCと融合可能なのか……といった点から少し紹介してみたいと思います。


ユーロラック対応のモジュラーシンセ、Roland SYSTEM-500 Complete SetとA-01Kで遊んでみよう

>>この記事の続きを読む

ファミコンMSXPC-6001といった8bitマシンに搭載されていたPSG(Programable Sound Generator)などを使って作る音楽、チップチューン。以前「ファミコン8bitサウンドのフリー音源が64bitに対応だ!」という記事で紹介した「Magical 8bit Plug」などのエミュレーション音源を使って曲を作っている人も少なくないと思いますが、「エミュレーションじゃ物足りない!CDだって、録音でしょ。やるならホンモノ!」とトンでもないことをやってのけた方がいます。

漫画家・イラストレーターであり、自ら音楽レーベルも持つRIKIさん。RIKIさんは、今の時代になんとファミコンで再生できる音楽アルバムのカセット・カートリッジ、「8BIT MUSIC POWER」を1月30日にリリースしたのです。「え?今ファミコンの新作?8ビット音楽アルバム作品でカートリッジってどういうこと?」と不思議に思ってしまいましたが、現実にモノができているんですよね。RIKIさん、そして「8BIT MUSIC POWER」に作品提供をしている塩田信之さんに、どういうことなのかお話を伺ってみたので紹介しましょう。


ファミコン用カセット・カートリッジとして発売されたチップチューンのアルバム、「8BIT MUSIC POWER」

>>この記事の続きを読む

今年のNAMM SHOWのタイミングでKORG、YAMAHA、Rolandの各社から揃って出てきたのがMIDI over Bluetooth LE(以下BLE-MIDI)です。DTMステーションでは、これまでもC.24やmi.1などBLE-MIDIに関連する機材をいろいろ取り上げてきましたが、先日、米MMA(MIDI協議会)から正式にBLE-MIDIの仕様書が公開され、2016年はいよいよワイヤレスでMIDI接続するのが本格化する年に入ったようです。

その各社から出てきたBLE-MIDI対応機材の中でも、手頃な価格で入手でき、しかもすぐに使えて便利なのが、KORGのmicroKEY Airです。25鍵、37鍵、49鍵、61鍵の4種類があり、もっとも安価なmicroKEY Air-25なら、実売価格11,000円。このKORGからはNAMM SHOWでBLE-MIDIに対応したnanoKEY StudionanoKONTROL Studioというこれまた気になる製品も出てきていますが、発売は少し先の3月とのこと。すぐ借りることができるmicroKEY Airを実際に試してみたところ、これまでのMIDI鍵盤の常識を大きく変えるとっても便利な機材だったので、どんなものなのか、紹介してみたいと思います。


Bluetoothで接続できるワイヤレスMIDIキーボード、KORG microKEY Airを使ってみた
 
>>この記事の続きを読む

今回のNAMMでは各社からさまざまな製品が発表されましたが、DTMの観点で見て、とっても興味深かったのがRolandA-01という機材です。これは「JUPITER-8、JX-3P、JUNO-106を現代に蘇らせたRoland Boutiqueデビュー!」などの記事でも紹介したRolandのBoutiqueシリーズのラインナップとして追加された新機種で、1月29日に発売予定となっているもの。

これまでリリースされた3製品とはかなり趣向が異なり、楽器というよりもユーティリティ的意味合いが強い製品となっているのです。パッと見は、小さなシンセサイザーキーボードにしか見えませんが、実際に使ってみると「今のDTM環境に欲しかったのは、まさにこういう機材だ!」と感激してしまう便利な製品だったのです。そのA-01を発売前に試してみたので、何ができる機材なのかチェックしてみました。


さまざまな機器、ソフト・アプリの仲介役となるゲートウェイとして機能するRolandのA-01
 
>>この記事の続きを読む

このページのトップヘ