9月29日に発売された待望の機材、Roland Boutique TR-08。すでに多くの方がご存知の通り、これは1980年に発売されたRolandのリズムボックス、TR-808、通称ヤオヤをRoland自ら今の時代に復刻させたもの。RolandのACB(Analog Circuit Behavior)テクノロジーという技術を用いて、アナログ回路を完全に再現させたものだけに、音はまさにホンモノです。

もっともTR-808は、3年前に発売されたRoland AIRA TR-8で、すでに復刻済ではあったものの、新たにチューニングするとともに、なんといってもグッとくるのがこのデザイン。まさに当時の機材のデザインをそのまま踏襲するとともに、コンパクトなサイズに収めているんですね。Roland Boutiqueシリーズは、私もJUNO-106を復刻させたJU-06、モノフォニックシンセ機能を搭載したA-01など、いくつかを個人的に購入していましたが、TR-08も数量限定生産ということだったので、予約して発売日にGETしました。これ単体でも十分楽しめる機材ではありますが、DAWと連携させることで、よりTR-08の威力を引き出すことができることが確認できたので、その手順、方法などを紹介してみたいと思います。


Roland Boutique TR-08をDAWと連携させてみた
>>この記事の続きを読む