2年前のDeeCompが登場して以来、あの過激なインパクトのマキシマイザー、DeeMAXをはじめ、さまざまなプラグインを怒涛のようにリリースしてきた、日本のプラグインメーカー、Dotec-Audio(ドーテック・オーディオ)。今年4月にマルチエフェクトのDeeFXを出してからは、しばらく新製品が止まっていましたが、9月26日、新しいプラグイン、DeeChannelTool(税込み2,500円、Deeシリーズユーザーなら1,000円)をリリースしてきました。

開発者であるフランク重虎さんがふとアイディアを思いついて、突然製品化したらしいのですが、かなり便利に使えるツールです。もっとも内容的には奇抜な機能というわけではなく、ステレオの片チャンネルをソロにしたり、位相反転したりM/Sバランスを調整するなど、比較的地味なもの。DAWのコンソールをいじればある程度できる機能かも…とも思うものの、実際にコンソール操作ではやりにくいため、すごく重宝しそうなんです。でも、そもそもチャンネルツールって何のために役立つの?という人も少なくないと思うので、簡単に紹介してみたいと思います。


Dotec-Audioから5か月ぶりの新製品、DeeChannelToolが登場
レバーをグイッと上げるだけで音圧を思い切り上げることができるDeeMAXや、スライダーを下げていくだけで、トラックの音を太くできるDeeFatなど、誰でも簡単に使えて、大きな効果が得られるプラグインをいろいろ出してきた、Dotec-Audioですが、今回のDeeChannelToolは、いわゆるエフェクトとはちょっと異なる、ある種ユーティリティともいえるツールです。

まずは、どんなことができるプラグインなのか、Dotec-Audioで説明ビデオをアップしているので、こちらをご覧ください。



分かる方なら、これで全部分かっちゃうと思いますが、少し説明してみましょう。


Cubase Pro 9で動かしたDeeChannelTool

まず動作環境から確認していくと、ほかのDeeシリーズと同様、Windows、Macのハイブリッドであり、WindowsならVST/AAX、MacならVST/AU/AAXの環境で動作するので、ほとんどどんなDAWでも動くと考えて大丈夫だと思います。64bit版、32bit版ともに入っているので、この点でも安心ですね。


Studio One 3.5で動かしたDeeChannelTool

実際Cubase Pro 9、Studio One 3.5とも問題なく動作してくれましたし、Dotec-Audioのサイトを見ても、以下の環境で動作しているとのことです。
ProTools 11.x & 12.x
Cubase 8.x
Ableton Live 9.x
SONAR X2 ~ SONAR PLATINUM
Studio One 3.x
FL Studio 12.x
Acid 7.0e
Logic Pro X 10.x
GarageBand 10.x
Reason 9.5
BITWIG STUDIO 2
さて、ビデオの冒頭にもある通り、チャンネルツールというのは、左右のチャンネルを確認・調整するためのツールであり、かなり単純な操作を行うプラグインとなっています。


LチャンネルのSOLOボタンを押すと、Lchの音が左右チャンネルから聞こえる

まず一番簡単な機能として用意されているのがSOLOボタンです。たとえば左側、LチャンネルのSOLOボタンを押すとと左の音だけが鳴るのですが、この際、左側からだけ聴こえるというのではなく、左の音が左右同じよう聴こえるというのがポイントです。これって、DAWのコンソールの操作でできそうで、できないものが多いんですよね。


INVERTボタンをオンにすると逆相になる

続いてINVERTについてです。たとえば左側のINVERTボタンをONにすると、左側の位相が反転するんです。いわゆる逆相になるんです。先ほどのビデオを見ると、逆相になった音を確認できますが、ヘッドホンなどで聴いていると違和感がありますよね。

ここでは逆相がどういうことなのか詳細までは解説しませんが、波形で表せば上下を反転させたものです。もし、SOLOの状態など片チャンネルだけで聴いている場合、逆相になっても、何も分かりません。が左チャンネルが逆相、右チャンネルが正相だと、妙な効果が出てきます。

DOTEC-AUDIOのツイートでも、以下のようなTipsを発表していますね。


続いて右側の2つのパラメータについてです。まずはMIDとSIDEというパラメータです。これはいわゆるM/Sパラメータというものなのですが、知らない方にとってはちょっと不思議なパラメータです。


MID/SIDEのパラメータ。中央より下げるとMIDに、上げるとSIDEになる

普通、ステレオの音は左チャンネル=Lと右チャンネル=Rの2つのチャンネルに分けて考えますが、M/Sの考え方では中央の音=MIDと左右の音=SIDEの2つに分けて考えるというものなのです。そのため、MIDに振れば、センターの音だけが、SIDEに振れば左右の音だけが出てくる形になります。したがって、センターのボーカルをもう少し強く打ち出したいというときに少しMIDに振るといい感じになったりするんですね。

このMID/SIDEの利用について、DOTEC-AUDIOのツイートでは


というTipsを出していますが、確かに音圧とモノラル互換の確認用というのには使えますよね。


一番右のOUTPUTパラメータで音量を調整する

そして一番右のOUTPUTパラメータは音量調整です。ただし、普通のボリュームとはちょっと違い、真ん中にあれば、音は変わらず、最大にすると+6dBだから倍の音量、最小にすると-6dBだから半分の音量になる、というものなのです。これもちょっとした調整に使えそうですよね。


上にあるNORMAL、TYPE-A、TYPE-Nのボタンで音の味付け具合を切り替える

さらにもう一つ、音への味付けという意味で用意されている、エフェクト的ニュアンスの機能として、画面上にあるTYPE-A、TYPE-Nというものがあります。通常はNORMALでいいのですが、これを切り替えることで、アナログコンソールを通した風な音に変化するようになっているのです。マニュアルを見ると、TYPE-Aは「クリアでステレオ感がある音」、TYPE-Nは「力強くパンチのある音」とあるので、おそらくAのほうがTrident A-Rangeを通した音、NのほうがNeveコンソールを通した音をイメージして作っているんでしょうね。音量を上げると、微妙に雰囲気が変わったのがよくわかって楽しいですよ!

このようにDeeChannelTool、ちょっと地味な機能のプラグインではありますが、コンソールでできそうで、できなかったり、やろうと思うと面倒なことが簡単にできるという意味で、なかなか便利なツールです。


Dotec-Audioサイトからデモ版のダウンロードや、ライセンスの購入ができる

ほかのDeeシリーズと同様、とりあえずDotec-Audioサイトからデモ版をダウンロードすれば無料で使うことができます。このデモ版は一定時間が経過すると音が出なくなるので、再度立ち上げる必要があるのですが、フル機能が使えます。そして、このデモ版にライセンスコードを入力すれば、その制限が消えて正規版として使える仕様になっているのです。

私も早速購入してみましたが、従来のDeeシリーズを持っている人なら、持っているライセンス番号を入力すれば1500円引きの1000円で買えちゃうのも嬉しいところ(ただし、Paypal=クレジットカード払いであることが条件)。しかも支払い手続きをすれば、数分以内にライセンスコードがメールで届く迅速さも嬉しいところです。まずは、デモ版を一度試してみると面白いと思いますよ。

※2017.9.28追記
Twitterで、Abilityでの動作についての質問が来ていたので、チェックしてみました。Ability Pro 2.0(64bit版)で試したとところ、まったく問題なく動作しました。


Ability Pro 2.0でも問題なく動作した

【ダウンロード購入】
◎Dotec-Audio ⇒ DeeChannelTool

【関連情報】
DeeChannelTool製品情報
Dotec-Audioサイト