「ビンテージシンセの音質が非常にいい」と評価の高い、フランスの音源メーカー、UVIminimoogOB-Xといったアナログシンセから、Emulator-IIFairlight CMIなどのサンプリング音源、またDX7などのFM音源ほかさまざまなソフトウェアを揃えており、世界中の数多くの楽曲でも活用されています。ユニークなのは物理モデリングではなく、サンプリングを利用しているという点。

UVIはシンセ音源だけでなく、ピアノ音源やオーケストラ音源など、さまざまな音源を揃えているのですが、なぜサンプリングにこだわっているのでしょうか?UVI富田家維さんにいろいろとお話を伺ってみました。


数々のビンテージシンセをサンプリングで復刻するUVI

>>この記事の続きを読む