藤本健の“DTMステーション”

藤本健の“DTMステーション”

DTM、デジタルレコーディング、DAW、MIDIといった分野の情報を紹介します。
初心者の入門用として、プロミュージシャンの実践術としても役立つ記事、製品レビューなどをお届けします。


カテゴリ: 音楽ビジネス

自分で制作したCDを、自らのお店=ブースを構えて売ることができる同人即売会イベント。最大級のものとしては、都内で春と秋に行われている音系・メディアミックス同人即売会 [M3]があるほか、もちろんコミケ(コミックマーケット)でも音楽作品が売られているし、VOCALOID音楽限定としてはボーマス(THE VOC@LOiD M@STER)があるなど、日本の音楽文化として定着つつあります。でもDTMユーザーでも、一度も参加したことも、行ったこともないという人は多いですし、そもそもこうした存在すらまったく知らないという人も少なくないのが実情です。

一方で、M3もコミケもボーマスも基本的には都内での開催であり、首都圏以外の人にとっては縁遠い存在であるのも事実。そうした中、6月3日に「音けっと in 大阪なんば」というイベントが初めて開催され、大きな話題になりました。関西で行われたということはもちろんですが、主催者側からの呼びかけにより、全国各地の参加希望者に無料で発表の場を設けたというのも注目のポイントとなったからです。その第2回目が12月2日に開催されることが発表され、現在出展者を150ブース限定の早い者勝ちで募集中。一般入場が1,000円である一方、お店を開くためのサークル参加費は2,000円と激安です。前回に続き、われわれの実験的レーベル、DTMステーションCreativeとしても参加することを決めたところです。改めて第1回目の状況をレポートするとともに、主催者の底辺亭底辺さん(@teihenteiteihen)に、話を伺ってみたので紹介してみましょう。


12月2日に第2回目の「音けっと in 大阪なんば」が開催されることが決まった

>>この記事の続きを読む

自分の制作した楽曲をCDでプレスするだけでなく、iTunes MusicmoraOTOTOYAmazonデジタルミュージックGoogle Playミュージックなどでダウンロード販売できるようにしたり、SpotifyApple MusicLINE MUSICなどでストリーミング配信できるようにしたい……。そんな思いの方は結構多いのではないでしょうか?

世の中、音楽ビジネスはCDからストリーミングへ変わってきている」なんて言われている時代だからこそ、すごく気になるところですよね。そこで4月にスタートさせた、実験的なレーベルであるDTMステーションCreativeでも、先日制作したVRミックスも入れたアルバム「Sweet My Heart」の音楽配信を始めてみました。実際どんな手続きが必要であり、いくらかかるのかなどレポートしてみたいと思います。


DTMステーションCreateveレーベルで音楽配信ビジネスを始めてみた!(画面はSpotify)

>>この記事の続きを読む

CDが売れない」、「音楽業界不況」などと報道されていますが、M3に来ると「そんなの何かの間違いだ」というのを肌で感じます。だって、本当に人、人、人で溢れかえる熱気ある会場で、みんながCDを買い漁っているんですからね。ただし、ここで売っているの基本的にメジャーレーベルはないし、何よりミュージシャン本人が直接売っており、そこに全国からファンが押しかけるという構図です。

そう衰退しているのはメジャーであって、草の根は大盛況。音楽を聴く人、CDを買う人たちはいっぱいいるわけです。4月29日に開催された「M3-2013春」、私自身は「音系・メディアミックス同人即売会、M3-2011春に行ってきた!」の記事以来、2年ぶりに来てみたのですが、やっぱりこの賑わいを見ているとワクワクします。このM3の状況について、運営する事務局に話を伺うとともに、私のTwitter友達のブースをいろいろ巡ってみました。


4月29日、2年ぶりに行ってきた音系・メディアミックス同人即売会、M3-2013春
>>この記事の続きを読む

このページのトップヘ