藤本健の“DTMステーション”

藤本健の“DTMステーション”

DTM、デジタルレコーディング、DAW、MIDIといった分野の情報を紹介します。
初心者の入門用として、プロミュージシャンの実践術としても役立つ記事、製品レビューなどをお届けします。
DTMステーションのFacebookページも運用中ですので、そちらもぜひお願いします。


タグ:村上昇

Singer Song WriterSound it!MegpoidがくっぽいどAbility……数多くのDTMソフトウェアを生み出してきた株式会社インターネット。1988に設立の同社は、今年9月26日、30周年を迎えます。1988年といえばRolandが、ミュージくんを発売した年であり、DTMという言葉が生まれた年。インターネット社は、まさにDTMとともに30年を歩んできたわけです。

そのインターネット社を経営者として、開発者として30年間引っ張ってきたのが代表取締役である村上昇さん。私、個人的にもユーザーとしてほぼ30年を見てきたので、改めて30年と聞いて、感慨深いものがあります。先日、その村上さんと話をしながら、30年間の歴史を振り返ってみたので、その内容をまとめてみました。


インターネット社はPC-9801時代からスタートして今年で30周年を迎える


>>この記事の続きを読む

先日、とある案件で、国産DAWメーカーであるインターネット社の村上昇社長とSkypeでミーティングをしていました。が、途中から話題は「各社のDAWも成熟してバージョンアップのネタがなくなっているのでは?」、「お布施とも呼ばれる1、2年に1度のバージョンアップ料金をみんな納めるのか…」といった方向に展開していったのです。

村上社長も、そうした機能停滞状況を認めつつも、操作性や便利な機能といった面での改善余地はまだまだいっぱいあるといいます。とはいえ、大きいネタが少なくなると、バージョンアップ料金を支払う動機は低くなりそうですが、インターネット社のDAWであるABILITYSinger Song Writer Liteにおいては、海外メーカーとはちょっと異なるアプローチで新機能についてユーザーへ訴えているんだそうです。元々はまったく別件の打ち合わせだったのですが、話が面白くなっていったので、途中からインタビューモードに切り替えて話を聞いてみました。


ABILITYのアップデート方針などについて、いろいろ話を聞いてみた
 
>>この記事の続きを読む

このページのトップヘ