藤本健の“DTMステーション”

藤本健の“DTMステーション”

DTM、デジタルレコーディング、DAW、MIDIといった分野の情報を紹介します。
初心者の入門用として、プロミュージシャンの実践術としても役立つ記事、製品レビューなどをお届けします。


タグ:SoundForge

VEGAS Proという映像制作ソフト=ビデオ編集ソフトをご存知でしょうか?以前はSONY Creative Softwareの高機能・高性能なソフトとして広く使われていたもので、あのACIDの兄弟ソフトともいえるものです。そのVEGAS ProACIDも、さらには波形編集ソフトのSound Forgeも2016年5月にSony Creative SoftwareからドイツのMAGIX社へと売却されたため、現在はMAGIXが開発・販売をしており、最新版はVEGAS Pro 15。国内ではソースネクストが販売・サポートを行っています。

映像制作ソフトというと、AdobeのPremiereやAppleのFinal Cut Proなどがありますが、VEGAS ProはACIDの兄弟ソフトだけにDAW的な感覚で使えるため、DTMユーザーにとっては非常に扱いやすいソフトです。また他のソフトと比較して非常に軽快に動作するのが特徴で、音声も映像もトラック数制限なく扱うことができます。そのVEGAS Pro 15シリーズの最小構成であるVEGAS Pro 15 Editは通常43,890円(税抜)で売られているのですが、7月19日~31日の間だけ特別キャンペーンとして90%オフの3,990円。この値段なら、とりあえず買っちゃえ!と入手して、ミュージックPV的なものを作ってみようと試してみたので、どんなソフトなのか紹介してみたいと思います。


VEGAS Pro 15でアイドルグループd-girlsのPVを作ってみる
>>この記事の続きを読む

1998年に彗星のように登場し、音楽制作の世界に革命を起こしたDAW、ACID。当時のSonic Foundryというアメリカの会社が開発したソフトでしたが、ループ素材をブロックのように並べていくだけで誰でも音楽制作ができる手法を確立したことは、まさに革命といえる大事件でした。その後、この手法は各DAWに取り入れられていったことは、みなさんもよくご存じだと思います。MacのGarageBandは、ACID初期バージョンの開発者をAppleが引き抜いたことで生まれたというのも、結構有名な話ですよね。

そのACIDの上位バージョンであるACID Proが、9年ぶりとなるバージョンアップを果たし、ACID Pro 8となって発売されました。開発元はSonic FoudryからSony Creative Softwareを経て、現在はドイツのMAGIXに。また国内発売元はソースネクストになっての誕生で、従来同様Windowsのみに対応したDAWとなっています。前バージョンは50,400円と高価なものでしたが、大幅に機能、性能を向上させたのにかかわらず価格は16,390円と1/3の超低価格に。実際、どんなソフトに生まれ変わったのか試してみたので、紹介してみましょう。


9年ぶりとなるACID Proの新バージョン、ACID Pro 8を使ってみた
>>この記事の続きを読む

DTMにおける中心的ソフトは、何と言ってもDAWです。Cubase、Logic、SONAR、Pro Tools、Singer Song Writer……といったソフトを使っている方も多いと思いますが、これらを持っていればすべてOKなのでしょうか?確かにDAWには多岐にわたる機能が搭載されているので、これ1本である程度のことはできてしまうのも事実です。でも、必要に応じて別のツールも使うことによってDTMの可能性も大きく広がるし、DAWとの使い分けで、音楽制作の幅も広がります。

そんなDAW以外のDTMツールの代表といえるのが波形編集ソフト(波形エディタとかウェーブエディタといった呼び方もする)でしょう。「波形編集くらい、自分の使っているDAWだってできるよ!」と思う方もいるでしょうが、波形編集の専用ソフトだからこそ使いやすい、便利という機能もあるし、マスタリング/CDライティングなど、DAWにはない機能も持っており(必ずしもすべての波形編集ソフトに搭載されているわけではありませんが)、組み合わせて使うことで大きな威力を発揮するんです。そこで、今回は波形編集ソフトに焦点を当て、波形編集ソフトとはどんなものなのか紹介してみたいと思います。


波形編集ソフトはDAWにはない機能もいろいろ。画面はWaveLab 8
>>この記事の続きを読む

リニアPCMレコーダーの普及によって、ライブのレコーディングが手軽にできるようになってきました。もちろん、著作権に触れる隠し録りなんていうのは論外ですが、最近はアマチュアのライブなどで、レコーダー持ち込みOKなんていうのも見かけるようになってきました。また身内のライブをミキサーからのライン録りではなく、その場の空気感、ライブ感も録るために、リニアPCMレコーダーで録音なんていう話もよく聞きます。

でも、それを持ち帰った後、みなさんはどうしていますか?編集作業が面倒なので、そのままになっている……なんていう人も多いのではないでしょうか?また、よく分からないので、WAVファイルのまま、バンドメンバーにコピーして渡した……、なんていうケースも多いのではないでしょうか?やはりせっかくライブを録音したのであれば、最低限の編集をして、CDに焼いておきたいところです。ここでは、私がよく行っている、ライブ版の簡単マスタリングについて紹介してみましょう。


リニアPCMレコーダーで録音したライブ素材を簡単マスタリング
>>この記事の続きを読む

WindowsでもMacでも、Linuxでも無料で利用できる多機能な波形編集ソフト、Audacity。いまや波形編集ソフトのデファクトスタンダードといってもいいと思います。今週頭に書き上げたばかりの晋遊舎の月刊誌Windows100%のフリーウェアDTMムック「実践DTM入門」(3月26日発売)でも、Audacityを大きく取り上げていたのですが、そのときのバージョンは1.3.14 Betaというバージョンでした。

ところが書き上げた直後の3月13日、約6年ぶりのメジャーバージョンアップということで、Audacity 2.0.0がリリースされていました。実際どう進化したのかちょっと使ってみました。


6年ぶりにメジャーバージョンアップしたAudacity
>>この記事の続きを読む

6月8日、米国のSony Creative Softwareと日本の代理店であるフックアップがソニー本社内で共同での記者発表会を行い
   ACID Music Studio 8
   Sound Forge Audio Studio 10
   Vegas Movie Studio HD Platinum 10
の3ソフトおよび、それらを組み合わせた
   Vegas Movie Studio HD Platinum 10 Suite
   Imagenation Studio Suite 2
という2つのバンドル版の発表しました。


ACID Music Studio 8     

いずれも6月25日に発売され、そのうちのDTM系ソフトであるACID Music Studio 8は14,490円Sound Forge Audio Studio 10は11,340円となっています。


Sound Forge Audio Studio 10
 

>>この記事の続きを読む

このページのトップヘ