藤本健の“DTMステーション”

藤本健の“DTMステーション”

DTM、デジタルレコーディング、DAW、MIDIといった分野の情報を紹介します。
初心者の入門用として、プロミュージシャンの実践術としても役立つ記事、製品レビューなどをお届けします。


タグ:音けっと

自分で制作したCDを、自らのお店=ブースを構えて売ることができる同人即売会イベント。最大級のものとしては、都内で春と秋に行われている音系・メディアミックス同人即売会 [M3]があるほか、もちろんコミケ(コミックマーケット)でも音楽作品が売られているし、VOCALOID音楽限定としてはボーマス(THE VOC@LOiD M@STER)があるなど、日本の音楽文化として定着つつあります。でもDTMユーザーでも、一度も参加したことも、行ったこともないという人は多いですし、そもそもこうした存在すらまったく知らないという人も少なくないのが実情です。

一方で、M3もコミケもボーマスも基本的には都内での開催であり、首都圏以外の人にとっては縁遠い存在であるのも事実。そうした中、6月3日に「音けっと in 大阪なんば」というイベントが初めて開催され、大きな話題になりました。関西で行われたということはもちろんですが、主催者側からの呼びかけにより、全国各地の参加希望者に無料で発表の場を設けたというのも注目のポイントとなったからです。その第2回目が12月2日に開催されることが発表され、現在出展者を150ブース限定の早い者勝ちで募集中。一般入場が1,000円である一方、お店を開くためのサークル参加費は2,000円と激安です。前回に続き、われわれの実験的レーベル、DTMステーションCreativeとしても参加することを決めたところです。改めて第1回目の状況をレポートするとともに、主催者の底辺亭底辺さん(@teihenteiteihen)に、話を伺ってみたので紹介してみましょう。


12月2日に第2回目の「音けっと in 大阪なんば」が開催されることが決まった

>>この記事の続きを読む

東京では音系・メディアミックス同人即売会 [M3]というものが春・秋と年に2回開催され、1,000を超えるブースが並び、1万人を超える来場者があるなど、すごい賑わいとなります。私と作曲家の多田彰文さんで始めた新レーベル、DTMステーションCreativeも次回、4月29日に開催されるM3-2018春に参加することを発表したところですが、こうした音楽の同人即売的なイベント、東京以外は……というとほとんど存在しないのが実情です。

そんな中、6月3日、大阪のなんば駅の真上、難波御堂筋ホールで「音けっとin大阪なんば」というイベントが開催されることになりました。現在、150ブース規模で参加サークルを募集しており、参加費は2,000円で、早いもの勝ち。先日その存在を知り、DTMステーションCreativeとしても参加申し込みを行ったところです。今回が初開催となる「音けっと」とはどんなイベントで、何を目指しているのか、実際どのように運営を行い、来場者をどの程度見込んでいるのか……などなど気になることもいっぱいです。そこで「音けっと」の主催者である底辺亭底辺(@teihenteiteihen)さんに、Skypeを使ってインタビューしたので、その内容について紹介してみましょう。


6月3日、大阪で音系の同人即売会、「音けっとin大阪なんば」が開催される


>>この記事の続きを読む

このページのトップヘ