藤本健の“DTMステーション”

藤本健の“DTMステーション”

DTM、デジタルレコーディング、DAW、MIDIといった分野の情報を紹介します。
初心者の入門用として、プロミュージシャンの実践術としても役立つ記事、製品レビューなどをお届けします。
DTMステーションのFacebookページも運用中ですので、そちらもぜひお願いします。


タグ:MatrixBrute

以前、「MatrixBrute、DrumBruteの投入でアナログシンセ、アナログドラムマシンに攻勢をかけるArturiaの狙い」という記事でも紹介した怪物ともいえるアナログシンセのMatrixBrute(マトリクス・ブルート)が先日発売になりました。この発売に合わせたユーザーイベントが、4月8日、東京・渋谷のRed Bull Studios Tokyo Hallで開催されたので、ちょっと見に行ってきました。

定価で298,000円と結構なお値段なので、気軽に買えるというものではないのですが、会場のホールには6台のMatrixBruteが展示され、来場者が自由に触れるようになっていた一方、ステージではお馴染みの氏家克典さん、Yasushi.Kさん、さらに飛び入りゲストとしてゲームミュージック作曲家のSota Fujimoriさんが出演して、MatrixBruteの実演セミナー&ライブが行われたのです。これを見ると、298,000円というのは、実はすごく安いのかも……と思わせてくれるものだったので、3人のセミナーのビデオも交えつつ、その内容を少し紹介してみたいと思います。


氏家克典さん(中)、Yasushi.Kさん(右)、Sota Fujimori(左)さんが出演して開催されたMatrixBrute Complete Session 

>>この記事の続きを読む

フランスのシンセサイザメーカーのArturia(アートリア)。ソフトウェア音源であるV Collectionのほか、MiniBruteMicroBrute、またSPARKBeatStep……と、さまざまな製品展開をしていますが、新たに非常にパワフルなモノフォニックシンセ、MatrixBrute(マトリクス・ブルート、定価:298,000円 ※2月発売予定)および、強力なアナログドラムマシンDrumBrute(ドラム・ブルート、定価:70,000円)が登場しました。

実は、国内におけるArturiaの発売元は、これまで何社かを変遷してきましたが、現在はKORG Import Division(KID)に落ち着いています。ある意味、KORG製品と真っ向対決する製品群を持つArturia製品を手掛けるという、ちょっと面白い関係になっていますが、競合するよりも、協調するところのほうが多いという考え方なんでしょうね。そのMatrixBruteおよびDrumBruteの発売にあたり、Arturiaの社長、Frederic Brun(フレデリック・ブルン)さんにインタビューをしたので、その内容を紹介しましょう。


MatrixBruteやDrumBruteを新たに発売したフランスArturiaの社長、Frederic Brunさんに話を伺った
>>この記事の続きを読む

このページのトップヘ