MIDIBluetoothで飛ばすユニークな機材、mi.1を開発・発売する日本のベンチャー企業、QUICCO SOUND(キッコサウンド)。シンセサイザやオーディオインターフェイスのMIDI端子に取り付けるだけで電源不要でワイヤレスMIDIを実現できるmi.1は日本のみならず世界中で広く使われる製品となっています。そのQUICCO SOUND(キッコサウンド)が、また新たな製品、mi.1eを開発し、6月1日より発売を開始しました。これはユーロラックに4HPで収まる小さなデバイスで、iPadとBluetooth接続することでMIDI-CV/GATEの変換を可能にするインターフェイスです。

0in/8outのmi.1e 0|8と2in/6outのmi.1e 2|6の2機種があり、いずれも価格は29,800円(税抜き)。これらが発売前の5月20日、東京・六本木で行われたモジュラーシンセのイベント、Cafe Deluxe #3で展示されたので、ちょっと見に行ってきました。会場にはmi.1eの開発を行った3人が来ており、mi.1eについていろいろとお話しを伺うことができました。聞いてみると、世界にほかにないユニークな機材で、かなりマニアックな仕様。今後、海外でも爆発的なヒットになりそうな予感がします。どうやってこんな機材が開発されたのか、インタビュー形式で紹介していきましょう。


mi.1eを開発したQUICCO SOUNDのみなさん。左から水引孝至さん、廣井真さん、高塚文啓さん

>>この記事の続きを読む