Banner B0
640x200伸縮サイズ
Banner B1
640x200伸縮サイズ
Banner A0(728x90)伸縮サイズ

激安USBカセットデッキで昔のカセットテープをデジタル化だ!

手元に捨てるに捨てられないカセットテープがいっぱいある……、なんていう人も少なくないでしょう。私の場合は、実家にそんなテープが膨大にあるのですが、もう10年、いや20年近く再生していないかもしれません。また気づくと、ラジカセは壊れて捨ててしまったし、カセットテープのウォークマンも動かずで、再生する手段がなかったりもします。

 

まあ、大手量販店にいけば今でもラジカセなどは売っているので、再生手段がなくなる心配はまだ無さそうですが、今さら、そんな機材を買う気もしません。そんな中、USB接続可能なコンパクトなカセットデッキがAHSから間もなく発売されます。ノイズリダクション機能や音質補正機能、そしてCD作成機能なども備えたソフトとセットで定価9,800円ハード単体なら5,000円(AHSストアでのみの販売)という安価な設定です。4月26日発売ですが、一足先にお借りすることができたので、紹介してみましょう。


PCとUSB接続できるウォークマンタイプのコンパクトなカセットデッキ


Banner B2
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner B3
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner A1(728x90)
伸縮サイズ

今回発売される「テープ・レコードきれいにCD USBカセットプレイヤー付き」という製品。ご存知の方もいるかもしれませんが、これは従来からあった「テープ・レコードきれいにCD ハードウェア付き」という製品に付属していたオーディオケーブルをカセットデッキに置き換えたもの。ケーブルがデッキに変わっても価格据え置きというのが、ちょっと驚きですが、ソフト自体は従来のものとまったく変わっていないようです。


「テープ・レコードきれいにCD」というソフトとのセット商品になっている

ここで一番気になるのは、そのカセットデッキがどんなものなのか、ということ。まあ、この価格帯ですから、高級オーディオデッキの音質を期待すべきものではないわけですが、そもそもカセットテープですから、そこそこの性能があれば十分でしょう。大きさ的には、いわゆるウォークマンサイズであり、オートリバースに対応しています。


USBでPCと接続し、電源供給できるとともに音をデジタルで送れる

録音機能はなく、再生のみのデッキですが、最大のポイントはここにUSB端子が搭載されていること。そう、このUSB端子を通じてこのカセットデッキに電源供給できるとともに、再生した音をUSBでデジタル的にPCへ送ることができるのです。


接続すればWindowsからはUSB Audio Deviceとして見える

 

実際PCと接続すると、ドライバも不要で、Windowsの録音デバイスのところに「USB Audio Device」というものが登場するので、これがそうですね。Macでも試してみたところ、問題なく認識することができました。ただし、Macはサポート対象外とのことなので、その点は自己責任ということで。


操作ボタンは昔ながらのプッシュ式でオートリバースにも対応

もっとも操作自体は昔ながらのアナログ方式。再生(PLAY)停止(STOP)早送り(FF)巻戻し(REW)の各ボタンがあるので、これらをガチャコンと押して使います。またオートリバースがオンになっていれば、テープが最後までいったところで反転します。また反転(DIR)ボタンを押せばそこで、テープ再生が反転するようになっています。


ちょっと妙なのはカバーの開き方。OPENボタンを押すとと横に開く

またテープデッキ本体にヘッドホンジャックも搭載されているので、テープの再生音はここから直接聴くことができます。しかも、ここには単3電池2本が入れることができ、こうすれば、まさにウォークマン風に持ち歩いて再生することだって可能なのです。ただ、このヘッドホンジャックからの音は、正直なところノイズが多くてあまりよくないです(笑)。USB経由でPCのヘッドホン端子から音を出したほうがいいですよ。


電池を入れて普通にウォークマン風に持ち歩いて使うこともできる

このようにカセットデッキ本体だけでも、使えるのですが、せっかくならソフトとセットで使いたいところです。「テープ・レコードきれいにCD」というこのソフトは、ドイツMAGIX社製(以前紹介したMusic Maker MXと同じメーカーですね)のもので、初心者でも簡単にカセットテープのデジタル化ができるようになっています。


バンドルソフトはMAGIX社製で画面の指示に従って操作すればデジタル化ができる

また単に録音するというだけでなく、ノイズ除去する機能も搭載されているのです。画面を見ると分かるとおり、クリックノイズクラックルノイズクリップノイズ、そしてテープ特有のヒスノイズハムノイズなどその他のノイズといろいろなノイズを必要に応じて機能させて取り除くことができます。どれをどう使えばいいか分からないという人のために自動的にノイズを分析して取り除くこともできるので安心ですね。


さまざまなノイズを解析して除去することができる機能も装備 

 

ノイズが消えたら、最後はマスタリングイコライザで音質を調整したり、音圧を上げたり、さらにはステレオエンハンス機能で音の広がりを調整するなど、いじることができるため、元のカセットテープの音よりも格段によくすることができるのです。


マスタリング用のEQやコンプなども搭載されている

このソフトを使っていて非常に便利なのは、自動トラック分割に対応していることです。つまりアルバムがテープに入っている場合も、曲間の空白を感知し、自動的に1つ1つの曲データとして切り分けてくれるのです。そのため、付きっ切りで操作するようなことなく、半自動でアルバムを収録できるのも、大きなメリットです。

なお、このカセットデッキ本体にはDolby BDolby C、またdbxといったノイズリダクション機能は搭載されていません。ただし、ソフト側でDolby Bのデコードは可能になっているので、Dolby Bの場合はこれを使ってみてください。またほかのノイズリダクションの場合も、そのままにするか、Dolby Bの設定でデコードするのがよさそうです。それでも、まだ違和感があるようでしたら、パラメトリックイコライザやグラフィックイコライザで高域を少し下げるなどの調整をして聴きやすい音にしてみるといいでしょう。

またクロムテープメタルテープにも対応はしていません。とはいえ、これも壊れるわけでなく、普通に再生できるので、とりあえず取り込んだ後にイコライザなどで調整してみるとなんとかなると思いますよ。昔はHiFiなどといわれていたメタルテープやdbxなども、MP3には到底かなわないものなので、あまり過度な期待はせず、トライしてみてください。

 

以上、「テープ・レコードきれいにCD USBカセットプレイヤー付き」について紹介してみましたが、いかがでしょうか?これだけ充実した内容で、定価9,800円(実売では9,000円弱)で購入できるのですから、とりあえず買っておいて損はないと思いますよ。

【関連サイト】

 

Commentsこの記事についたコメント

6件のコメント
  • 3gatudo

    このカセットプレイヤーは他社からも販売されています。
    各々に取り込み用のソフトウェアが同梱されていますから、ソフトの性能で選ぶということになりますね。
    ところでこのカセットプレイヤー、USB出力はモノラルです。ステレオで取り込みたい場合は、イヤホン端子から別なオーディオインターフェイスを用いてキャプチャする必要がありそうです。
    むしろUSB端子は、給電に使った方が良い様です。USB端子変換の電源タップを用いれば、PCからの給電よりも安定した走行が得られます。

    2012年5月11日 12:22 PM
  • 藤本健

    3gatudoさん
    コメント、ありがとうございます。そうですね、某S社からも同じカセットプレイヤーが販売されてますね。
    この製品の決め手はやはり、ソフト部分だと思います。オーディオの取り込みに関しては確かにアナログ出力を高品位なオーディオインターフェイスに接続して録音したほうが、いい結果になりそうではあります。このことは、以前出ていたソニーのUSBレコードプレイヤーなどとも同じですね。
    ところで、ご指摘のこのUSB出力がモノである、という情報は間違いだと思います。いま、改めて手元で試してみましたが、しっかりとステレオでレコーディングできました。レベルメーターを見ても、明らかに左右で動作がまったく違いますし。もしかしてAHSの機材と某S社が販売している機材で、モノが違うという可能性もあるのでしょうか…。

    2012年5月12日 12:26 AM
  • 音響屋

    音量は変えられますが、音圧は変わりません。

    2015年3月1日 9:35 PM
  • ほーな

    カセットから音声ファイルへの変換は意外と手段が充実してるのですが、逆はあまり無いですね…
    昔のコンポなんかはCDからテープへの倍速ダビング機能なんてのもありましたけど、今PCの音をテープに落とすとなると、レコーダーにアナログで繋いで手動で録るしかなさそうですね。
    需要が無いから仕方ないんですが。

    2015年6月13日 2:52 PM
  • アナログオーディオマニア

    「そもそもカセットテープですから、そこそこの性能があれば十分でしょう」
    どうして、そう思うわけ? カセットは再生する機械で、音質は天と地ほど違うけど。
    得てして、小型の再生機は、キャプスタンのトルクも小さく、フライホイール効果も少ないので、再生が安定しない。

    2016年5月15日 11:06 AM
  • t

    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/yajiuma-mini-review/729550.html
    カセットテープをデジタル変換した曲をGoogle Play ミュージックで音質ロンダリングをすると、カセットテープ特有のノイズが除去されます。

    2017年11月10日 6:10 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です