9月の初音ミクV3登場以降も、12月にメルリが発売になり、1月にはマクネナナが発売されるなど、続々と新しい歌声ライブラリーが登場しているVOCALOID。ヤマハが運営するVOCALOIDサイトに並ぶVOCALOIDのラインナップを見ると、日本のもののみとなっていますが、海外に目を移すと、イギリスZero-GAvanna、スウェーデンPowerFXOliverYOHIOloid、韓国SBS ArtechSeeU、中国VOCALOID Chinaの洛天依言和、そしてスペインVoctro LabsBrunoClaraといろいろな歌声ライブラリーが存在しています。

これまでSeeUは、日本語ライブラリーを備えており、普通に日本語を入力して歌わせることはできましたが、それ以外のものは基本的に英語やスペイン語、中国語で入力していかないと歌わせることができませんでした。しかし、12月18日に発売されたスペインVoctro LabsのMAIKAは、標準のツールを使うことで日本語を歌わせることが可能なのです(実は、Bruno、Clara用のツールも存在していました)。歌わせてみると、案外しっかりとした日本語で歌ってくれて面白いので、簡単に紹介してみたいと思います。


12月18日にリリースされたスペインのVOCALOID、MAIKA
 
海外版のVOCALOIDについて、私もなんとなく知ってはいたものの、これまでほとんど使ったことはありませんでした。ところが、先日、Twitterでよくやりとりしている、だいすけP(@Daisuke_P) さんから「新しく出たスペインのボカロ、MAIKAに日本語を歌わせた動画を公開しました。開発元のVoctro Labsが日本のDTMユーザー向けに使ってもらいたいと本気で考えているようなので、よかったらスペインにコンタクトをとってもらえませんか?」というメールをいただいたのです。


スペイン語で歌わせたMAIKAの歌声はこんな感じ 

さっそく、だいすけPさんのデモを見てみると、確かに少し外国語訛りがある感じはしますが、キレイな日本語で歌っています。状況がよく分からないながら、スペインのVoctro LabsのJordi Bonadaさんという方に英語でメールをしてみたところ、プロモーション用ということで、MAIKAをいただけてしまいました。Windows版だけでなく、ちゃんとMac版もあるハイブリッドになっているんですね。

 
だいすけPさんがMAIKAに日本語で歌わせたでデモビデオ

MAIKAという名前、日本的にも違和感がありませんが、これはスペインの人の名前なんでしょうか……!? キャラクタも、日本のボカロ風だな、と思ったら、Noriko Hayashiさんという方のデザインだったんですね。しっかりと日本語のインフォメーションサイトもできており、89ユーロでダウンロード購入ができるようです。さらに、日本のVOCALOID Storeでも13,600円でダウンロード購入できるようになっていました。


インストール自体は、ほかのVOCALOIDとまったく変わらない 

さっそくインストールしてみると……、基本的には日本のVOCALOIDと同様に、普通にインストールできるし、発音してくれるのですが、当然といえば当然なのでしょうが、ひらがな、カタカナで入力しても受け付けてくれません。


まずは日本のVOCALOIDで歌詞を入力してから歌手をMAIKAに変更する
 
では、どうすればいいのか?まずは初音ミクV3でも、結月ゆかりでも、VY1でもいいので日本のVOCALOIDで歌詞を入力し、これらのVOCALOIDで歌わせてみます。この状態で歌手をMAIKAに切り替えてみると……、音が飛び飛びの歯抜けな感じで歌ってくれるようにはなります。


JobPluginの「Jpn2Maika」をVOCALOID Editorに組み込んで実行

というのは日本語にあって、スペイン語にない発音があるので、そこが抜けてしまうからなんです。そこでVoctro Labsによって開発されたのが、ない発音を、似た発音に置き換えることができるJobPlugin「Jpn2Maika」です。これは、無料でダウンロードできるようになっており、それをVOCALOID Editorに組み込んで、実行すればいいだけ。


JobPlugin実行前


JobPlugin実行後

これによって、歯抜けがなくなり、すべての歌詞を歌ってくれるようになりました。VOCALOID Editor for Cubaseでも試してみましたが、こちらでも問題なく使うことができますね。


VOCALOID Editor for Cubaseでもバッチリ動作してくれる

ところで、紹介してくれた、だいすけPさんもVoctro Labsの関係者なのかな?と思い、先日Skypeで少しお話を聞かせてもらいました。


Voctro LabsのWebサイト上に公開されている英語とスペイン語の発音記号対比表 

結論からいうと、だいすけPさん自身も、突然、Voctro Labsから声をかけられ、面白いからデモビデオを作成しただけで、それまでは何の付き合いもない会社なんだとか……「何で自分に声がかかったのか、とっても不思議です」と言っていましたが、「英語版のVOCALOIDに日本語を歌わせると、籠り気味になりますが、MAIKAは意外と日本語チックで上手に歌ってくれますね」とのこと。確かに、違和感はあまりないですよね。

ただ、この自動変換だと、微妙にスッキリしない部分がところどころあるんです。たとえば小文字のoを大文字のOに置き換えると、より上手に歌ってくれるなど、微調整すると、より上手になる部分はありますが、結構使えそうですね」とだいすけPさん。

【関連サイト】


top_return