藤本健の“DTMステーション”

藤本健の“DTMステーション”

DTM、デジタルレコーディング、DAW、MIDIといった分野の情報を紹介します。
初心者の入門用として、プロミュージシャンの実践術としても役立つ記事、製品レビューなどをお届けします。


タグ:紲星あかり

すでにご存じの方も多いと思いますが、先日、『紲星あかり』(きずなあかり)というVOCALOIDが発売されました。これはあの『結月ゆかり』を生み出したボカロP集団、VOCALOMAKETS(ボカロマケッツ)が、7年ぶりに手掛けた完全な新作VOCALOIDです。アダルトな雰囲気の結月ゆかりとちょっと異なり、カワイイ歌声の紲星あかりは、Twitter上では、すでに大人気キャラクタになっています。

実は歌う『VOCALOID4 紲星あかり』より、喋る『VOICEROID2 紲星あかり』のほうが4か月早く製品化されており、DTMステーションでも「結月ゆかりに続く、VOCALOMAKETSプロデュースの第2弾キャラクタ、紲星あかり誕生!」という記事で取り上げていました。VOICEROIDとVOCALOIDの両方が揃ったことにより、歌うし喋れる、万能なキャラクタに仕上がったわけです。でも、気になるのはVOCALOMAKETSは、なぜこのタイミングで再びVOCALOID製品を開発することにしたのか、またどのようなコンセプト、どんな経緯で作るにいたったのかという点です。そこで、DTMステーションとしてまさに7年ぶりにVOCALOMAKETSのみなさんにインタビューしてみました。


『紲星あかり』を生み出したVOCALOMAKETSのみなさんにインタビュー

>>この記事の続きを読む

VOCALOIDのキャラクターとして人気を誇る「結月(ゆづき)ゆかり」。これは数多くあるVOCALOIDキャラクターの中で、唯一VOCALOIDユーザー自らが生み出したもので、7人のボカロPさんの集団、VOCALOMAKETS(ボカロマケッツ)がプロデュースし、AHSが発売したというものでした。ご存知の通り、結月ゆかりはVOCALOID 3版が出た後、VOCALOID 4へとバージョンアップ。その一方で、歌うのではなく、喋るエンジンであるVOICEROID版もVOCALOID 3版と同時に登場し、こちらもバージョンアップを繰り返し、現在VOICEROID2版が大ヒットとなっています。

そのVOCALOMAKETSから結月ゆかりに続く第2弾キャラクタとして、「紲星(きずな)あかり」が発表され、本日12月22日より、VOICEROID2版が発売されました。VOCALOID版のほうは現在開発中で、来年の半ばまでには発売予定とのことですが、さっそく喋るソフトである、VOICEROID2版の紲星あかりを使ってみたので、これがどんなものなのか紹介してみましょう。


12月22日に発売になるVOICEROID2「紲星あかり」

>>この記事の続きを読む

このページのトップヘ