藤本健の“DTMステーション”

藤本健の“DTMステーション”

DTM、デジタルレコーディング、DAW、MIDIといった分野の情報を紹介します。
初心者の入門用として、プロミュージシャンの実践術としても役立つ記事、製品レビューなどをお届けします。


タグ:Alesis

古くはYAMAHAのKX5、RolandのAX-1、KORGのRK-100など、ステージでよく使われていたショルダーキーボード。その後、各社とも撤退していき、数少ない現行製品として注目を集めているのがAlesisVORTEX WIRELESS 2という製品です。このVORTEX WIRELESS 2は今年2月に発売された製品で、名前からも分かる通りワイヤレスでMIDI信号を飛ばせるのが大きな特徴の37鍵キーボード。

これ自体に音源機能は備えていませんが、外部MIDI音源モジュールやPC上のソフトシンセを活用することで、機動性高く活用することができるのです。7月にDTMステーションPlus!のゲストとしても登場いただいたビジュアル系バンド「摩天楼オペラ」のキーボーディスト、彩雨(@opera_ayame)さんもVORTEX WIRELESS 2をライブで活用しているとのこと。先日、全国ツアーのファイナルとして赤坂BLITZで行われたステージも見学してきたところです。加速度センサーでユニークなプレイができるといったメリットがある一方、USB端子を備えているからワイヤードでPCと連携でき、しかも数多くのソフトウェアをバンドルするなど、DTM用にも超優秀な機材なのです。実際どんなキーボードなのか、紹介してみましょう。


Alesis VORTEX WIRELESS 2をステージ上で弾く、摩天楼オペラの彩雨さん Live Photo : 土屋良太(artoy)
>>この記事の続きを読む

Alesis(アレシス)というと、みなさんはどんな製品イメージを持ちますか?人によってデジタルレコーダーのADATを思い浮かべる方や、Quadrasynthなどのシンセを思い浮かべる方、またiPadやiPhone用のオーディオインターフェイスや、USB接続のMIDIキーボードをが頭に浮かぶ方もいると思います。でも、いまAlesisは電子ドラムの世界で、飛躍的に伸びており、数多くの製品を展開しているってご存知でしたか?

RolandのV-DrumsやYAMAHAのDTX、そしてATVのaDrumsなどの国産の電子ドラムメーカーがいる中、Alesisは低価格帯のNITRO KIT(ナイトロ・キット)やBURST KIT(バースト・キット)、手ごろな価格ながらすべてメッシュ・ドラムヘッドを採用したCRIMSON MESH KIT(クリムゾン・メッシュ・キット)、さらには超高性能で多機能なSTRIKE KIT(ストライク・キット)など豊富なラインナップでシェアを伸ばしてきているのです。先日、そのAlesisの電子ドラムの企画・開発を行うとともに、グローバルセールスも担当するティム・ルート(Tim Root)さんが来日したので、Alesisが何を狙っているのか、日本メーカーとどう戦おうとしているのかなど、いろいろと話を伺ってみました。


先日来日した、Alesisのドラム&パーカッションのディレクター兼セールスマネジャーのティム・ルートさん

>>この記事の続きを読む

M-AudioCTRL49AKAI ProfessionalAdvance Keyboardsシリーズ、さらにAlesisVX49といったコントロール機能付きUSB-MIDIキーボードVIP Softwareというユニークなソフトウェアがバンドルされているのをご存じでしょうか?

先日、VIP Software Version 2にアップグレードされたばかりなのですが、これは上記キーボードでVSTプラグインを内蔵音源のように使えるようにするだけでなく、さまざまなVSTインストゥルメントのプラグインを統合した上で、AUAAX環境でも使えるようにできるし、なんとキーボードなしでも使えちゃうという、すごいシステムなんです。ややマニアックなネタかもしれませんが、今回はそのVIPについて紹介してみたいと思います。


VIP Softwareを使うことで、さまざまなVSTインストゥルメントを統合することができる
 
>>この記事の続きを読む

ニュマークジャパンからAir Advance Music Production Suiteという製品が59,800円(税込み市場予想価格)で8月25日より発売されます。ここには、AirAKAIfxpansioniZotopePSPSONiVOXWaves……と名だたるメーカー全17社のプラグインのソフト音源やエフェクト、さらにはサンプリングデータのライブラリなどなど、とにかく膨大なソフト資産がテンコ盛りに入っており、インストーラの容量だけでトータル168GBというもの。

そのすべてがハードディスクに収録された形で、パッケージ化されて発売されるのです。前代未聞?という感じのプラグイン・ライブラリセットとなっていますが、実際に使ってみたので、どんなものなのか紹介してみたいと思います。


ニュマークジャパンから発売されるプラグイン、ライブラリのテンコ盛りパック、Advanced Music Production Suite
>>この記事の続きを読む

このページのトップヘ