藤本健の“DTMステーション”

藤本健の“DTMステーション”

DTM、デジタルレコーディング、DAW、MIDIといった分野の情報を紹介します。
初心者の入門用として、プロミュージシャンの実践術としても役立つ記事、製品レビューなどをお届けします。


タグ:Zynaptiq

最近、人工知能を前面に打ち出したDTMツールがいろいろ登場してきています。以前「マスタリングエンジニアの職が危うい!?人工知能搭載のOzone 8とNeutron 2の登場は革命かも!」といった記事を書いたこともありましたが、iZotopeOzoneNeutronに搭載されているAssistant技術がその代表例ともいえるしょう。まさにそのiZotopeの競合となりそうなツールが、ドイツ・ハノーバーの会社、Zynaptiq(ザイナプティク)から登場してきました。

INTENSITYというWindows/MacのVST、AU、AAX対応のこのプラグインは、DAWのトラックに挿すだけで、いい感じに音を調整してくれるし、マスタートラックに挿せば、マスタリングまでできてしまうというもの。その技術には顔認識アルゴリズムが使われているというのですが、顔認識が音とどう関係あるのか、まったく見当もつかないのも気になるところ。とにかく、これがどんなもので、どんな効果があるのか実際に試してみたので紹介してみましょう。


Zynaptiqがリリースした魔法の音作りツール、INTENSITY


>>この記事の続きを読む

魔法のような不思議なツールを次々と生み出しているドイツのソフトウェアメーカー、Zynaptiq(ザイナプティック)。以前にも「既存曲のコードを自在に変えられる魔法のツール、PITCHMAPを使ってみた」という記事を書いたことがありました。そのZynaptiqからまたユニークな「UNMIX DRUMS」なるツールが発売されました。

2万円程度の気軽に買えるソフトではありますが、すでにミックスされている曲の中で使われているドラムだけを消したり、反対にブーストしたりできるという不思議なツール。WindowsでもMacでも利用できるプラグインの形で販売されており、VSTAudioUnitsAAXRTASのそれぞれのフォーマットに対応しています。実際、どんなものなのかを試してみたので、レポートしてみましょう。


2ミックスのサウンドからドラムだけを消すことができる魔法のツール、UNMIX DRUMS
 
>>この記事の続きを読む

このページのトップヘ