藤本健の“DTMステーション”

藤本健の“DTMステーション”

DTM、デジタルレコーディング、DAW、MIDIといった分野の情報を紹介します。
初心者の入門用として、プロミュージシャンの実践術としても役立つ記事、製品レビューなどをお届けします。


タグ:Fukase

VOCALOIDというと、やはり初音ミクに代表される、ある意味、人工的な歌声で表現する使い方をイメージする方が多いと思います。ところが最近、それとはまただいぶ異なる使い方に注目が集まっています。それは、実在するアーティストの歌声、さらにはその人そっくりな歌い方を手元のDTM環境で再現するという使い方です。

その背景には、ヤマハのVOCALOIDエンジンの進化とともに、VOCALOIDの歌声ライブラリの作り方の進化があるようなのです。たとえばVOCALOID Fukaseを使うことでSEKAI NO OWARIのボーカリスト、Fukaseさんの声を再現できるし、つい先日発売された夢眠ネム(ゆめみねむ)を使うことで、人気アイドルグループ、でんぱ組.inc夢眠ねむさんの歌声を手元で自在に歌わせることができるのです。また2014年には、亡くなったX JAPANhideさんの歌声をVOCALOIDで再現させて、「子 ギャル」という新曲がリリースされたのを覚えている方も多いでしょう。いずれも、かなりリアルな感じで歌わせることができるのですが、なぜそんなことができるようになったのか、ヤマハで歌声ライブラリの開発を行う新規事業開発部VOCALOIDグループの馬場修三さんに話を伺ってきました。


最近のVOCALOIDの歌声ライブラリに関して、ヤマハの馬場修三さんにお話しを伺った
>>この記事の続きを読む

みなさんは、最近、楽器屋さんに足を運んでいますか?「この時代、何でもネットで情報は入手できるし、買い物もネットで安くできるので、わざわざリアル店舗なんて行く必要ない」、そう思っている人も少なくないでしょう。でも、やっぱりお店だからこその面白さ、楽しさ、そして新しい発見なんてありますよね。

私個人的には本屋さんと楽器屋さんは、なるべく行くようにしているのですが、よく行く楽器屋さんの1つがイシバシ楽器の東京・渋谷店。先日その店員さんが某ボカロPであることを知り、少し話をしてみたら、なかなか面白かったんです。普段はデジタルコーナーに立ち寄るだけだったのですが、こうやって話をしてみると、改めて、楽器屋さんの活用法などを知ることができました。また、DTM初心者ユーザーにお勧めの機材なども聞いてみたので、そうした情報も併せてリアル店舗の活用法について考えてみましょう。


イシバシ楽器・渋谷店に伺いました!

 
>>この記事の続きを読む

すでにご存じの方も多いと思いますが、1月28日よりVOCALOID4の新ライブラリ「Fukase」が発売になります。これは「SEKAI NO OWARI」のボーカリストであるFukaseさんの声を元に開発されたVOCALOID4のライブラリです。歌わせるとFukaseさんソックリな声であるのはもちろんのこと、男声VOCALOIDの本命登場といった感じもする使えるVOCALOIDなんです。

1パッケージに日本語と英語のライブラリが収録されているとともに、「Electronica-Tune」というJobプラグインがバンドルされているのが大きな特徴。これを使うことで、いわゆるケロった歌声を簡単に作り出すことができ、しかもその完成度がメチャメチャ高いんです。実際にこのFukaseを使ってみたので、これがどんなものなのかを紹介してみましょう。


SEKAI NO OWARIのボーカル、Fukaseさんの声を元に作られたVOCALOID、Fukase
 
>>この記事の続きを読む

このページのトップヘ