藤本健の“DTMステーション”

藤本健の“DTMステーション”

DTM、デジタルレコーディング、DAW、MIDIといった分野の情報を紹介します。
初心者の入門用として、プロミュージシャンの実践術としても役立つ記事、製品レビューなどをお届けします。


タグ:QUICCOSOUND

MIDIBluetoothで飛ばすユニークな機材、mi.1を開発・発売する日本のベンチャー企業、QUICCO SOUND(キッコサウンド)。シンセサイザやオーディオインターフェイスのMIDI端子に取り付けるだけで電源不要でワイヤレスMIDIを実現できるmi.1は日本のみならず世界中で広く使われる製品となっています。そのQUICCO SOUND(キッコサウンド)が、また新たな製品、mi.1eを開発し、6月1日より発売を開始しました。これはユーロラックに4HPで収まる小さなデバイスで、iPadとBluetooth接続することでMIDI-CV/GATEの変換を可能にするインターフェイスです。

0in/8outのmi.1e 0|8と2in/6outのmi.1e 2|6の2機種があり、いずれも価格は29,800円(税抜き)。これらが発売前の5月20日、東京・六本木で行われたモジュラーシンセのイベント、Cafe Deluxe #3で展示されたので、ちょっと見に行ってきました。会場にはmi.1eの開発を行った3人が来ており、mi.1eについていろいろとお話しを伺うことができました。聞いてみると、世界にほかにないユニークな機材で、かなりマニアックな仕様。今後、海外でも爆発的なヒットになりそうな予感がします。どうやってこんな機材が開発されたのか、インタビュー形式で紹介していきましょう。


mi.1eを開発したQUICCO SOUNDのみなさん。左から水引孝至さん、廣井真さん、高塚文啓さん

>>この記事の続きを読む

Bluetooth MIDIってご存知ですか?その名前からも想像できる通り、ワイヤレス接続できるBluetooth(正確にはBluetooth Low Energy)でMIDIを飛ばすという技術です。現在これに対応しているデバイスとしては、以前にもDTMステーションの記事で紹介したQUICCO SOUND(キッコ サウンド)のmi.1MiseluC.24くらいしかないのが実情ですが、MIDIの正式な規格として採用されることがカウントダウンに入っている中、使えるものへと急速に進化してきています。

元ヤマハ技術者達が開発する世界初の電源不要ワイヤレスMIDI、mi.1」という記事で、mi.1のプロトタイプを紹介したのはちょうど1年前のことでした。この時点でも十分しっかり動いていたのですが、レイテンシーに難があったことは事実。iOS上の音源と接続した場合、鍵盤を弾いてから音が鳴るのに30~40msec程度の遅れがあったのです。これはmi.1が正式発売された後も、解決されていなかったのですが、先月mi.1のファームウェアがv2.0.0になったことで、レイテンシーを感じないレベルまでに進化しているのです。ここにはmi.1単体の技術だけでなく、Bluetooth MIDIという規格自体の進化や、iOS側の進化など、複合的に向上しているようなんですよね。ここに何が起きているのか、mi.1の開発者であるQUICCO SOUNDの代表取締役 CEOの廣井真さんに話を伺ってみました。


QUICCO SOUNDの代表取締役 CEOの廣井真さんにBluetooth MIDIについて聞いてみた
 
>>この記事の続きを読む

浜松にできたばかりの小さなベンチャー企業、QUICCO SOUND(キッコ サウンド株式会社)。創業メンバー2人がヤマハ出身のエンジニアで、ここに地元楽器系エンジニアなどが集うシリコンバレー風な会社です。今年1月にアメリカで開催されたNAMM Show 2014に「G.16」というワイヤレス型のMIDIコントローラーを参考出品したことで話題になっていましたが、そのQUICCO SOUNDが小さくて非常に便利なワイヤレス型のMIDIデバイスを発表しました。

技術的にも、会社的にも非常に興味があったので、浜松駅の北15kmにある浜松都田インキュベートセンター内で開発を行っている同社を訪ね、製品内容やどんな技術を持っているのかなど伺ってきました。


新製品mi.1を手にするQUICCO SOUNDの廣井真さん(手前)と安渡武志さん(右) 

>>この記事の続きを読む

このページのトップヘ