Banner B0
640x200伸縮サイズ
Banner B1
640x200伸縮サイズ
Banner A0(728x90)伸縮サイズ

GarageBandの遥か昔に登場していた元祖ループシーケンサ、ACID

DTMにおいて必要不可欠な機能のひとつ、ループシーケンサ。いまやほとんどのDAWに搭載され、ループ素材を貼り付けるだけで、誰でも簡単にオリジナル楽曲が作れるようになっています。もちろん、ループ素材を使ったリズムパターンなどを下地にして作曲していくというプロミュージシャンも少なくありません。

 

そのループシーケンサとしてはMacの「GarageBandが初代ソフトである」と思っている人が少なくないようですが、実はその遥か昔にGarageBandのベースになったソフトがあることをご存知ですか?そう、現在Sony Creative SoftwareからWindows用ソフトとして発売されているACIDシリーズこそが元祖ループシーケンサなのです。

1998年に発売された元祖ループシーケンサ、ACID

 


Banner B2
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner B3
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner A1(728x90)
伸縮サイズ

私が最初にACIDに触れたのは1998年のこと。それ以前からSonic Foundryというアメリカのソフトメーカーの波形編集ソフト、Sound Forgeを愛用していたのですが、当時Sonic Foundryの代理店をしていたフックアップから、「すごいソフトができたぞ」という知らせを聞いて触ったのがSonic Foundryが開発したACIDの最初のバージョンでした。当時、サンレコでWindowsの連載をしていたので、そのネタとして使ったのはもちろんでしたが、このACIDには本当に驚かされました。

 

今でこそループシーケンサは当たり前のものになっていますが、当時はそうした概念すらなく、「そもそもオーディオのテンポを変更するなんて非現実的」と思われていました。確かにタイムコンプレッション/タイムエクスパンジョンといった技術はあり、ある程度できることは知っていましたが、オーディオトラックで構成されたシーケンスデータのテンポが自在に変えられるなど考えてもいませんでしたから……。

 

ループシーケンサの機能がどんなものなのかについてはここでは割愛しますが、さまざまなテンポのループ素材を自在に組み合わせられるというループシーケンサの概念はACIDの初期バージョンで初めて確立されたのです。

自宅の棚から発見した初代ACIDのCD-ROMパッケージ

 

先ほど、自宅の棚をあさってみたところ、その初期バージョンのACIDのCD-ROMが出てきました。パッケージはどうも捨ててしまったようですが、インストールしてみたところ、しっかり動いてくれました。


 初代ACIDをWindows7にインストールしたら、しっかり動いた!

 

このCD-ROMの盤面をよく見ると、「This CD will AutoPlay on Windows 95 and Windows NT 4.0.」なんて書いてあるんですよ。このことからも、いかに古いソフトであるかがよく分かりますよね。


CD-ROMの盤面をよく見るとWindows 95/NT 4.0の表記が

 

画面を見ても分かるとおり、現在のACIDともソックリです。もちろん、その後オーディオのレコーディング機能やMIDI機能などが追加され、ACIDはDAWへと進化していったわけですが、ループシーケンサとしての基本的な機能は最初のバージョンでほぼ完成していたのです。だからこそ、ループ素材であるwavファイルのことをACIDデータとかACIDizedデータと呼ぶわけなんです。

 

その後、2001年か2002年ごろだったでしょうか、フックアップからの情報で、ACIDの開発メンバーがAppleに移籍したという話を聞いていました。まだAppleがLogicの開発元であったドイツのEmagicを買収するだいぶ前のことです。それからしばらくした2004年1月にAppleからiLife ’04の目玉ソフトして登場してきたのが初代のGarageBandだったのです。


 2004年にAppleからリリースされた初代GarageBand

 

当時Appleの担当者からもACIDの開発者が参加して作ったという話を聞いたので、なるほどな、と思った覚えがあります。ACIDのエッセンスを上手取り込み、Macソフトとして生まれ変わらせていたんですよね。残念だったのはApple LoopsとACIDizedファイルの互換性がなかったこと。そっくりな概念のデータなのに、いまだに双方のソフトでお互いのループ素材が読み込めません。この辺がうまくやりとりできるとユーザーにとってはもっと便利なのですけどね。

【追記】 

ごめんなさい。当初、互換性がなかったので、今でもそうだと思っていましたが、現在のACIDはACIDizedデータでないWAVファイル、AIFFファイルも読み込み時に自動的にACIDizedされるので、ほとんど支障なく読み込めるようになっています。反対にGarageBandはACIDizedされたWAVファイルをAppleLoopsと同じように読み込んで扱えるようになっています。

ちなみに、ACIDは前述のとおりDAW的な機能を次々と備えていったため、CubaseやSONAR、Pro Toolsなどと比較されることが多く、その結果、オーディオ編集機能やMIDI編集機能などさまざまなところで見劣りすると評価されているケースが少なくありません。世の中の流れ的に仕方がないのかなと思いますが、私個人的には今でもACIDはループシーケンサであると割り切って見て、使っています。実際ループシーケンサとしての使い勝手だけで見ると、ほかのDAWと比較にならないほど使いやすいんですよ。何でもすべてのことを1つのDAWにやらせるより、ソフトによって使い分けるほうが効率的なことも多いですから。

 

ついでにもうひとつ書き加えておくと、当初Sonic Foundryが開発したACIDですが、ACIDやSound Forge、VEGASといったソフト開発部門が2003年にSONY系列の会社に買収されたため、現在の開発元がSony Creative Softwareとなっているのです。

【関連サイト】
Sony Creative Software
フックアップ ~ Sony Creative Software製品
Sonic Foundry

【価格チェック】
◎Amazon ⇒ ACID MUSIC STUDIO 10
◎Amazon ⇒ ACID MUSIC STUDIO 10解説本バンドル
◎Amazon ⇒ ACID MUSIC STUDIO 10+FL11バンドル

【関連情報】

ACID MUSIC STUDIO 10製品情報





Commentsこの記事についたコメント

2件のコメント
  • Question

    GarageBandの源流は、Studio Visionでは?

    2011年8月28日 1:14 PM
  • 藤本健

    Studio Visionも早期に登場したDAWとして大きな存在だったので、GarageBandに大きな影響は与えたとは思います。ただ、当初のGarageBandは、The ループシーケンサであり、その概念、コンセプトはACIDのものだったと思っています。まあ、あくまでも私の見方でしかありませんけれど。

    2011年8月28日 2:31 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です