Banner B0
640x200伸縮サイズ
Banner B1
640x200伸縮サイズ
Banner A0(728x90)伸縮サイズ

手持ち機材を自由に組み合わせて新マシンを作れちゃう!?不思議で超強力なMIDIプロセッサ、midiglueのクラウドファンディングがスタート

nanoKEYをSC-55mkIIに接続して直接演奏」、「KORG volca kickとArturiaのBeatStepを同期させる」、「MIDIキーボードを弾いてポケットミクを歌わせる」、「安価なボリュームペダルをMIDIのモジュレーションコントロール用に改造」……、これまでできそうでいてできなかった、さまざまなことを実現できるとっても不思議で便利で、超強力な小さな機材、midiglueが誕生します。

 

midiglue、つまりMIDIを介してノリのようにさまざまなガジェットをつなぎ合わせることを可能にするというもので、MIDI端子、USB端子とmicro USB端子、CV/GATE入出力などを備える機材。プリセットを呼び出すだけで、変幻自在に用途を変更でき、必要に応じて自分で細かく設定することも可能というもの。日本の20代のエンジニア6人が集まったスタートアップ・ベンチャー企業、sigboostが開発し、本日7月22日よりKickstarterでのクラウドファンディングが開始されました。実際、このmidiglueとはどんなものなのか、プロトタイプを見せてもらったので、紹介してみたいと思います。


7月22日からKickstarterでのクラウドファンディングがスタートしたmidiglue


Banner B2
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner B3
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner A1(728x90)
伸縮サイズ

今回登場するmidiglueは、手のひらに乗る小さな箱。まだプロトタイプなので、ボディーは3Dプリンタで作ったものだとのことですが、これをHUBのようにして、さまざまな機材を接続することができ、これまで不可能だったことを実現してくれる、魔法の玉手箱のようになっているんです。

ボディーは3Dプリンタで作成したというプロトタイプであるmidiglue

まずは、KickstarterにUPされている以下のビデオをご覧ください。

なんとなくイメージできたでしょうか?このmidiglueの開発を行っているsigboost株式会社のCEOでmidiglueのプロジェクトリーダーでもある青木海さん、ハードウェアエンジニアの森口祥多さんにお話しを伺いました。

プロジェクトリーダーでもある青木海さん(左)とハードウェアエンジニアの森口祥多さん(右)

もともと私たちは、sigboostという電子楽器を開発していました。これはFPGAというICを用いたシステムで、プログラム次第で中身を自由に書き換えられるという、PCレスで動くユニークな機材です。ただFPGAを使うために高価になるというネックがあった一方、ユーザーのみなさんからは、自分のニーズに合う機能を簡単に実現でき、より手ごろな価格で、PC不要で使えるものが欲しい、という声が大きかったのです。そこでsigboostから一部の機能を切り出す形で実現させたのがmidiglueなんです」と話すのは青木さん。


midiglueをHUBにするような形でさまざまな機器との接続が可能

midiglueではオーディオを扱うことはできないのですが、その代わりにMIDI、USB-MIDI、CV/GATEなど多くのコントロール信号用の端子を装備しておおり、すべてプログラマブルでユーザーが自由に設計して使うことが可能となっています。そのためアイディア次第で、これを変幻自在に活用することができます」と森口さん。


MIDI鍵盤でポケットミクを鳴らすこともできた!

何か凄そうだけど、まだイマイチこれがどんなものなのかよくわからない…という方も多いと思うので、まずは、midiglueの入出力端子としてどんなものがあるのかを見てみましょう。

フロントにはMIDI入出力とともにCVとGATEそれぞれの入出力が搭載されている

まずフロントにはMIDIの入力と出力、CVとGATEの入力と出力が用意されています。一方、リアのほうにもMIDIの入出力があるほか、Hostと書かれたUSB端子とDeviceと書かれたmicroUSB端子があります。

リアにももう1系統のMIDI入出力とともにホストとして使えるUSB端子とデバイスとして使えるUSB端子が搭載

 

そしてトップパネルにはOLEDディスプレイと、2つのボタン、ジョグコントローラが搭載されており、これで本体操作をできるようになっているのです。簡単にいえば、これらの端子に接続したデバイス間で自由に信号のやりとりを可能にするのがmidiglueということなんですね。


中央に有機ELディスプレイを搭載するmidiglueのトップパネル

なかでも大きなポイントとなるのがHostという端子です。今ある多くのUSB-MIDIキーボードは、PCと接続することを前提としているため、PCがないと使うことができません。でも、midiglueはこれらと接続ができるので、活用範囲が大きく広がるのです。もちろん、midiglueを介して電源供給も可能となっているので、USBバスパワーの機材も動かせるというわけですね。

 

本体内にもバッテリーは持たせていますが、それほど大きな容量がないので、ACアダプタなどから電源供給するのが基本とはなります。これによって、さまざまな機材との接続ができるのではないかと思っています」(森口さん)

midiglueによるエフェクトのデモ。ピアノ音が実際に弾いている演奏、FM音源がエフェクト結果

あくまでもプロトタイプということで、端子の仕様がこれで確定しているわけではないとのことでしたが、個人的には、MIDI入出力は1系統でいいので、Host端子がもう一つくらいあってくれると嬉しいな、と要望してみたところです。

 

ただ「面白そうだけど、何をどうすればいいのか分からない」、「自分でプログラムを書かなくちゃいけないとなると、使えそうにない……」と思う方もいると思います。その辺についても、聞いてみました。


ex.1 USB-MIDIの信号をmidiglueを介してCV/GATEに変換の上、モジュラーシンセをコントロール

「まずは、我々で多くのプリセットを用意しようと思っているので、ユーザーのみなさんは、それらを選ぶだけで、すぐに使えるようにします。また、ユーザーの方が作ったプリセットを公開できるようにしたら、さらに広がりが出てくるのでは、と期待しているところでもあります」(青木さん)


ex.2 USB-MIDIデバイスを弾いた際、鍵盤部はvolca FMを、パッドはvolca Synthを鳴らす

その具体的な使用例ですが、単純なMIDIのパッチベイのようなことが可能にしたり、MIDI IN 1とMIDI IN 2からの入力をマージさせてMIDI OUTから出力させたり、反対にMIDI IN 1からの入力をMIDI OUT 1とMIDI OUT 2にスプリットさせて出力することは、基本中の基本。


ex.3 MIDIでのコントロールチェンジとGATEからのスイッチ情報で、SysEXを発生させる

一方プログラマブルであることから、1本の指でUSB-MIDIキーボードを弾くと、コードのアルペジオを生成して、MIDIのシンセサイザを鳴らすといったことができます。


ex.4 鍵盤を弾くとアルペジオなどMIDIエフェクトを生成の上、戻して鳴らす

また、CVのクロック信号をもらうと、それを元にしてMIDIやUSB-MIDIにMIDIくろっくを送って同期させることもできるし、もちろんmidiglueをマスタークロックにして、接続したデジタル、アナログすべての機材を同期させるといったことも可能です。


ex.5 Ableton LiveなどのDAWを使わずにLaunchpadで、シンセサイザを演奏させる

そのほかにも
  • 各種コントロール信号(USB MIDI / レガシーMIDI / cv-gate / ペダル・フットスイッチ)の相互変換やルーティング(スプリット・マージ)
  • MIDIエフェクタ(ルーパー、オクターバー、ディレイ)
  • アルペジエーター、シーケンサ
  • スケールクオンタイザ、コードアサイナー
  • マイクロチューニング
  • MIDIスマートレイヤースプリッタ:声部検出を行う賢いMIDIスプリッタ
などのプリセットを用意していくとのことなので、かなりのことができそうですね。

 

そしてmidiglueの真骨頂は自分でプログラミングできるということ。
WindowsおよびMacでプログラミング可能なように、エディタはクロスプラットフォームとなっていて、エディタ内でオブジェクトを線で接続していく形で記述していきます。またこのエディタで記述したものからコード生成とコンパイルを行うと、自動でデバイスに書き込む形になっているので、初めての方でも比較的容易にプログラミングを楽しめると思います」(青木さん)

 


オブジェクトを線で接続していくことで、動作プログラムを生成することができる

実際にデモしてもらった以下のビデオでは、キーボードを弾いた音を追いかけて残像のような効果を出すエフェクター。こんなものが簡単に作れちゃうんですね。

気になるのは、midiglueが入手できる時期と、価格。Kickstarterでのスケジュールを見ると、9月に設計が完了して、10月に製造開始、12月に発送開始とのこと。少し、余裕を見て待ったほうがが安心かもしれませんが、半年先という感じみたいですね。そして価格は8,000円~。クラウドファンディングを使ったことのある方ならご存知だと思いますが、早めに支援してくれた方は安く入手できるシステムになっているので、段階的に値段が上がっていく形です。

midiglueの開発メンバー。左から青木海さん、野崎悦さん、坂部直哉さん、森口祥多さん、鶴田真也さん

具体的には開発ボードが8,000円(限定20名)、10,800円、筐体に入った製品版が13,500円(限定20名)、16,500円(限定100名)、19,800円などとなっています。将来、正式に発売するときには20,000円程度にしたいと言っているので、クラウドファンディングで入手すれば、安く手にすることができるのは間違いないと思います。また、オプションとしてMIDIケーブルやパッチケーブルも用意されているので、そうしたものと組み合わせて購入することもできそうですよ。

※訂正 2018.7.22
当初、冒頭で「iRig KEYSを弾いてポケットミクを歌わせる」と例示していましたが、現在の仕様だとUSBのホスト端子が1つなので、2つ同時接続はできないようです。

【関連情報】
midiglue Kickstarterページ
Sigboostについて

 

Commentsこの記事についたコメント

16件のコメント
  • EWIあまちゃん

    こんいちは、記事作成お疲れ様です。
    この機材を使えば、EWI USBとINTEGRA-7(SN-A音源がそれっぽく生感出るので愛用)を、この機材がホストで接続できるって事でしょうか?
    ライブで使用する時はソフト音源は非力なPCではリスクがあるので、上記組み合わせに毎回Cubaseを介して、曲のタイミングに応じてトラック(パッチベイ)切り替えて、ピース噛んだ時の効果を切り替えていましたが、もし上記組み合わせができれば、そのあたりが簡素に接続できてありがたいです。

    2018年7月22日 5:32 PM
  • sigboost 森口

    EWIあまちゃん様
    コメントありがとうございます。
    sigboostのハードウェアエンジニア森口と申します。
    実機でテストしたわけではありませんが、仕様を見る限りでは可能です。
    EWI USB -(USBケーブル)-> midiglue <-(MIDIケーブル)- INTEGRA-7 という接続です。 EWIから音源を操作するという組み合わせに関しては想定して開発を進めておりますので、確認が取れ次第動画などでKickstarterのページもしくはTwitterでアナウンスしていく予定です。 よろしくお願いいたします!

    2018年7月22日 10:43 PM
  • retrofuture

    おもしろい発想ですね、量産していただきたいです、私はDAWと古い機材を同期させようと色々試行錯誤しているのですが、なかなかうまくいきません、古い機材とDAWがうまく同期してくれるような機材が出てきたらいいなーと思っております。

    2018年7月23日 2:31 AM
  • しごぶ

    この機材があれば、DX7でポケットミクの演奏ができますね!
    ミクの声だけでなく、2チャンネル以降の音源も鳴らす事も出来ますね。
    最高です。

    2018年7月23日 8:16 AM
  • おくちゃん

    このMIDI I/F 是非とも購入したい。あと難しいかもしれませんが、自分でも簡単なファーム PRGをイジれる仕組みがあったら最高ですね。海外のシンセモジュールは MIDIが動かない場合があるので 小細工したいです。楽しみ。

    2018年7月23日 6:49 PM
  • EWIあまちゃん

    森口様
    早速のコメントありがとうございました。
    一抹の不安も吹っ飛び、どのプロジェクトにバックするか検討中です。
    (二台持ちしている未来予想図が…)
    一年もしないうちに、配線であたふた・PC起動・DAW起動・挙句の果てになかなかINTEGRA-7のVSTがマウントできずで、音が出るまでに20分近くロスしていたストレスともさよならです。ハード機材のメリットが今までは完全にスポイルされていましたから。
    あわよくばフットスイッチでチャンネル変更(送り)もできれば(できるのかな?)、完全にフリーハンドで演奏に専念できます。課題になるのは己の実力だけ!!
    ずうずうしく、この場をお借りしてもう一点確認させて頂きたいのですが、
      >EWI USB -(USBケーブル)-> midiglue <-(MIDIケーブル)- INTEGRA-7   >という接続です。 について、MIDIケーブル接続で解決できますが、例えば、   EWI USB -(USBケーブルでUSBハブ)   INTEGRA-7 -(USBケーブルでUSBハブ)   他機材 -(USBケーブルでUSBハブ)   (USBハブ) -midiglue といったパラ接続は、制御的や電流値的に可能でしょうか?贅沢な期待値ですが。

    2018年7月23日 10:52 PM
  • EWIあまちゃん

    追記
    藤本様の訂正記事を見て我にかえりましたが、そもそもmidiglueはPCではないので、USBハブ接続してもUSBハブドライバという概念が無いので、ただのブリッジ接続となり無理かなと思いました。

    2018年7月23日 11:05 PM
  • sigboost 青木

    >>EWIあまちゃん様
    sigboostの青木と申します。
    DAWとVSTでライブをやるのは、結構骨が折れますよね。私も以前試していた時期があるのですが、やはりセットアップにかなり時間を食ってしまったり、何かしらトラブルが起きたりするのでやめてしまいました。。
    USBハブを使って複数台つなぐことができるようにする需要は感じておりまして、なんとかうまくできないか試行錯誤中です。1台での接続は確認できているのですが、ハブを使って複数台繋ぐためには、電源問題の解決と、midiglueが持つUSBホストドライバの拡張が必要です。後者は意外となんとかなりそうなのですが、前者は本体かUSBハブに別で電源供給するかしないと、けっこう難しいかもしれません(PCの場合もこの問題はありますよね。)
    というわけで、現段階では1対1の接続ができるところまでしかお約束はできません…申し訳ございません。アップデート情報をお待ちいただければ幸いです。
    よろしくお願いいたします!

    2018年7月24日 6:10 AM
  • sigboost 青木

    >> おくちゃん様
    コメントありがとうございます。
    sigboostの青木と申します。
    オプション機能となりますが、クロスプラットフォーム動作のGUIエディターアプリにてmidiglueで動作させるプログラムを簡単に作成し、ファーム自体を書き換えることが可能となっております。
    http://kck.st/2uF34aQ
    よろしくお願いいたします!

    2018年7月24日 6:18 AM
  • COBOO

    GO:KEYSとJX-03の接続でKENTON MIDI USB host mk2の購入を迷っていたところにこの情報。
    100限定に滑り込ませていただきました。sigboost様、見ておられるようなので、大感謝でございます。

    2018年7月24日 11:04 AM
  • NAM

    シンメトリーな開発ボードでは難しいと察しますが、midi端子の間隔を一般的なものにしてmi.1を接続できれば、より「飛び道具」として強力なツールになりそうだと思いました。

    2018年7月24日 12:05 PM
  • EWIあまちゃん

    青木様
    お忙しい中、レスつけて頂き感謝です。迷いは吹っ切れました。
    是非この夢に向かい支援させて頂きます。
    USBハブの件は、ホストドライバのルーター?機能(詳しく無いので用語変です)が何とかなるのであれば、
    夢は広がる一方です!!電源は今でもセルフパワーのハブを用いていますので、影響は皆無です。
    寧ろ多数ある楽器の組み合わせを一極集中させる事で、アダプタなり電源ユニットが大型化して
    可搬性が悪くなったり、熱暴走のリスクを考えたら、割り切りが大事そうですね。
    (素人で生意気な意見ご容赦を)
    ホストが1入力であっても、今までどうあがいてもPCレスではゼロホストであった以上、
    超革命的な商品と確信しています。常にチャレンジの精神は、いちサラリーマンの私には
    眩い限りです。
    これから妄想を膨らませつつ、商品無事完成を祈念しています。
    ハブ接続できれば、あの高価なiPadカメラコネクトキッド無しにEWIと車中で音出しも♪

    2018年7月24日 7:49 PM
  • いまとも

    非常に興味がある機材ですね。是非とも購入したいと考えております。
    質問なのですが、自分でプログラムも出来るようですが本体にいくつかをメモリーしておいて切り替えて使うことは出来るのでしょうか?
    またそれらプリセットを外部からのプログラムチェンジで切り替えることができるのでしょうか?

    2018年7月25日 1:58 PM
  • 藤本健

    青木さん、森口さん
    いろいろと直接お答えいただき、とっても助かります。ありがとうございます。
    みなさま
    私からお答えできておらずすみません。どのみち、青木さん、森口さんにお聞きしないと分からないことばかりなので、お任せしてる次第です。

    2018年7月26日 10:10 PM
  • sigboost 青木

    >>いまとも様
    sigboost青木です。ご質問ありがとうございます。
    自分で作成したプログラムであっても、本体に記憶しておき切り替えて使うことが可能です。
    さらに、これらの機能をプログラムチェンジで切り替えたいということですよね。
    正直こちらでも想定していなかった使い方ですが、midiglue自体を特定のSysEXに反応するようにしてあげれば可能かもしれません。実行中のプログラムとの競合が問題になりそうですが、少し検討してみますので、お待ち下さい。

    2018年7月27日 11:57 AM
  • sigboost 青木

    記事をお読みのみなさまへ、
    sigboostの青木です。
    midiglueに興味を持っていただき、とても嬉しく思います。
    ご質問等ありましたら、sigboostの公式TwitterとFacebookがございますので、このコメント欄とあわせてぜひご活用ください! 直接、リプライ等を飛ばしていたいだいて結構です。
    Twitterアカウント:
    https://twitter.com/sigboost
    Facebookページ:
    https://www.facebook.com/sigboost/
    逐次アップデートも投稿しておりますので、フォロー頂けましたら幸いです。
    また、Kickstarterのページ右上の「プロジェクトをフォローする」ボタンからフォローいただきますと、アップデートのたびに通知が飛ぶようになります。頂いたQAや開発の様子など、まとまり次第掲載するようにしておりますので、ご購入を検討中の方は、こちらも合わせてご活用ください。
    Kickstarterページ:
    http://kck.st/2uF34aQ
    よろしくお願いいたします!

    2018年7月27日 12:09 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です