まさに前代未聞ともいえるすごいセミナーが行われるという情報が入りました。『作曲で必要な目から鱗のコツを教えます』、『クリエイターに必要なミックスダウンの手法を伝授!』という面白そうなセミナーをセットで1万円。しかし、参加者にはMiDiPLUSのMIDIキーボード、オーディオインターフェイスの計6種の中から1点お持ち帰りという、トンでもない企画が行われるというのです。11月25日の福岡を皮切りに大阪、東京、札幌、仙台と5都市で開催されるようなのです。

そのセミナーを主催するのは、アーティストでは浜崎あゆみ、倖田來未、SonarPocket、AAA、Sexyzone、テゴマス、NEWS、SDN48…今年上映された映画「チアダン」では劇中歌を多数担当する作詞、作曲家・プロデューサーの伊橋成哉さん、そしてももクロ、BABYMETAL、気志團、クラムボン、柴咲コウ、神田沙也加、KEYTALK…ゲームFINAL FANTASYのミキシングを手掛けるエンジニアの戸田清章さんのお二人。「これって詐欺じゃないの?、大丈夫!?」なんて声も聞こえてきそうですが…。実際なぜそんなことが可能なのか、お話も伺ったので紹介してみましょう。


作曲とミックスの2つのセミナーを1万円で受講するとDTM機材がもらえるという前代未聞のセミナーが開催に

改めて、今回の企画概要を説明すると、これは以下の日程で行われる音楽制作、DTM関連に関するセミナーです。

11月25日(土) 福岡FSM 15:00~18:00 定員に達したため締め切られました(11/22)
12月 2日(土) 大阪OSM 15:00~18:00 定員に達したため締め切られました(11/22)
大阪、キャンセルによって若干の空きが出たそうです(11/26)
12月 3日(日) 東京TSM 15:00~18:00 定員に達したため締め切られました(11/20)
12月10日(日) 札幌SSM 15:00~18:00
12月16日(土) 仙台SCA 15:00~18:00

いずれも伊橋さんが行う『作詞、作曲講座』を90分、そして戸田さんが行う『ミックス講座』を90分の計2本がセットとなったセミナーです。1回限りの単発講座ということもあって、一般は10,000円、学生はなんと無料で参加可能なお手軽コースとなっています。


作曲家・プロデューサーの伊橋成哉さん

その伊橋さんによると「作曲は偶発に頼っていたら仕事にはならないんです…、そこでロジカルに名曲を作曲するコツや、メロディーをビビットにさせる作詞のコツを90分で教えちゃうというのが内容です」とのこと。


レコーディングエンジニアの戸田清章さん

一方の戸田さんのセミナーは、作曲家・DTMクリエイターのための講座とのこと。今やかなりの完成度で作曲家がDAWを使ってミックスなどの作業をしないといけない時代。とはいえエンジニアでないと、なかなか知らないコツがあるのも事実です。そうした中、声の処理にスポットを当て、「ちょっとしたテクニックでここまで変わるのか!」という秘密を教えてくれるとのこと。


MiDiPLUSのミニキーボード、上からX2 mini、X3 mini、X4 mini、X6 mini

と、今回の本題はここから。冒頭でも書いた通り、このセミナーに参加すると以前にも「台湾メーカーのMiDiPLUS、日本上陸。コストパフォーマンス高いMIDIキーボード、オーディオインターフェイスを発売」という記事で紹介したMiDiPLUSブランドの製品のうち1つがもらえちゃうというのです。具体的にいうと

MiDiPLUS X2 mini(25鍵USBミニキーボード)
MiDiPLUS X3 mini(37鍵USBミニキーボード)
MiDiPLUS X4 mini(49鍵USBミニキーボード)
MiDiPLUS X6 mini(61鍵USBミニキーボード)
MiDiPLUS STUDIO m(24bit/192 1in/2outオーディオインターフェイス)
MiDiPLUS STUDIO 2(24bit/192 2in/2outオーディオインターフェイス)

の6製品のうちの1つです。「セミナーの参加賞はお好きな製品をお持ち帰り!」とあり、このうちの1つがもらえるのです。ただし対象となるのは10,000円を出して参加する一般参加の方で、無料の学生参加は対象外。もちろん学生も一般参加すればOKですけどね。




金額的にいうと、たとえばMiDiPLUS X6なら14,300円、MiDiPLUS STUDIO 2なら12,420円という実売価格ですから、10,000円でセミナーに参加して、これらがもらえたら実質儲かっちゃうという計算ですよ!?それにしても怪しすぎると思いませんか?「実は裏があるのではないか?」、「何か別のスクールなどに勧誘されるのではないか?」……と不安になるほどの企画ですよね。


2in/2outのUSBオーディオインターフェイス、STUDIO 2

なんでこんなセミナーを開催するのか、本当に危険はないのか、伊橋さんに伺ってみました。
「タイトルを見てもらうとわかると思いますが、『MiDiPLUS in Promotion Seminar』とあるとおり、このセミナーはMiDiPLUSの認知度を上げるためのプロモーション活動の一環なんですよ。そして僕らは正規代理店として輸入しているので、この値段でも実現している企画なんです」とのこと。


とてもコンパクトなオーディオインターフェイス、STUDIO m


実は、MiDiPLUSの輸入販売を手掛けている張本人が伊橋さん、戸田さんのお二人なんです。「作曲家がDAWを使ってミックスなどの作業をしないといけない時代」どころか、「作曲家・レコーディングエンジニアがDTM製品の輸入代理業をやっちゃう時代」なんですね。MiDiPLUS製品はリアル店舗ではあえて販売せず、現状Amazonでの販売のみなので、こうした活動を行っているというわけなんですね。

ちなみに伊橋さんによると、このセミナー以外の展開としては、Studio OneのPreSonus製品の国内販売元であるエムアイセブンジャパンと初の共同の製品「AudioBox 96 STUDIO MiDiPLUSバンドル」の発売をするところ、とのこと。これはオーディオインターフェイスのAudioBox USB 96とMiDiPLUS X2 mini、それにStudio One 3 Artist、コンデンサマイク、ヘッドホン、さらにはStudio Magicプラグイン・スイートというプラグインパックなどをセットにして29,800円というもの。いろいろな戦略を打ち出しているわけですね。


AudioBox 96 STUDIO MiDiPLUSバンドル

われわれ一般DTMユーザーから見ても、このセミナーに参加することへの心配はなさそうです。それより、普段は店頭では触れない機材に触れられるチャンスでもあるわけですからね。もちろん、セミナーも商品のオマケというわけではなく、まさに第一線のプロが教えてくれる有用な内容。1万円でこれだけの内容の話が聞けるのなら、それだけでも十分すぎるほどだと思いますよ。

いずれの会場も人数は限定で、予約制となるようですから、満員になる前に、早めに申し込むのがお勧めです!

【申し込み先】
MiDiPLUS JAPAN
mail : m4a@nichigei.asia

※参加希望の方は「お名前」、「参加希望会場」、「希望する機種」《当日決定でも可》、「DTM歴(年)」を記入の上、上記メールまで連絡してください。折り返し、確認のメールが届くとともに、その他必要事項についての連絡が来るので、それに返信するようにしてください。

問い合わせ電話番号:080-4608-1176

【セミナー開催日程】
11月25日(土) 福岡 15:00~18:00
福岡スクールオブミュージック&ダンス専門学校
福岡県福岡市 博多区石城町21−2
 定員に達したため締め切られました(11/22)
12月 2日(土) 大阪 15:00~18:00
大阪スクールオブミュージック専門学校
大阪市西区新町1-18-22
 定員に達したため締め切られました(11/22)
 大阪、キャンセルによって若干の空きが出たそうです(11/26)
12月 3日(日) 東京 15:00~18:00
東京スクールオブミュージック専門学校渋谷第二校舎(annex)
東京都渋谷区渋谷1-17-8
 定員に達したため締め切られました(11/20)
※初出時、上記の東京の住所(現在取り消し線が引かれたもの)が第一校舎のものとなっておりました。
お詫びして訂正します。来場の際にはお気を付けください(11/22)

12月10日(日) 札幌 15:00~18:00
札幌スクールオブミュージック&ダンス専門学校
北海道札幌市中央区北1条西8丁目2−75
12月16日(土) 仙台 15:00~18:00
仙台コミュニケーションアート専門学校
宮城県仙台市若林区新寺2丁目1-11

【価格チェック・購入】
◎Amazon ⇒ X2 mini
◎Amazon ⇒ X3 mini
◎Amazon ⇒ X4 mini
◎Amazon ⇒ X6 mini
◎Amazon ⇒ STUDIO m
◎Amazon ⇒ STUDIO 2

【製品情報】
STUDIO 2製品情報(英語)

【関連記事】