藤本健の“DTMステーション”

藤本健の“DTMステーション”

DTM、デジタルレコーディング、DAW、MIDIといった分野の情報を紹介します。
初心者の入門用として、プロミュージシャンの実践術としても役立つ記事、製品レビューなどをお届けします。
DTMステーションのFacebookページも運用中ですので、そちらもぜひお願いします。


カテゴリ: ビデオ作成

USTREAMから始まり、ニコ生ツイキャスSHOWROOM、そしてAbemaTV FRESH!……と、さまざまなネット放送サービスが登場し、誰でも簡単に放送ができるようになりました。でも、音周りを扱おうとすると、これがなかなか面倒だったり、当たり前にできそうなことが、結構難しいんですよね。

これまでも各メーカーからネット放送用のオーディオインターフェイスはいくつか出ていましたが、このたび生放送用機材の決定版ともいえるオーディオインターフェイスがTASCAMから2種類発表されました。MiNiSTUDIO CREATOR US-42(実売税抜価格18,000円前後)とMiNiSTUDIO PERSONAL US-32(実売税抜価格13,000円前後)のそれぞれで、なんとTASCAMとドワンゴの共同開発によるもの。モノは4月29日、30日に幕張メッセで行われるニコニコ超会議でお披露目され、6月に発売されるとのことですが、その詳細が掴めたので、これがどんなものなのかを紹介してみましょう。


TASCAMからニコニコ公式の放送機材、MiNiSTUDIOが2機種誕生
 
>>この記事の続きを読む

先日、ZOOMから発売されたQ4nという、手のひらに収まるとっても小さなビデオカメラをご存じですか?ちょうど1年前に「演奏シーンを高音質で録れるマイク付小型カメラ、ZOOM Q4が面白い」という記事で前モデルQ4を紹介したことがありましたが、それがより高音質、より高画質へと進化したのです。

小さいビデオカメラというとGoProが最近流行ってますが、Q4nは小さくて高画質というGoProと同様の特徴を持ちつつ、24bit/96kHzのリニアPCMレコーダーとしても使える高音質なビデオカメラとなっているのです。実売価格32,400円前後と手ごろな価格のQ4nとはどんな製品なのか紹介してみたいと思います。


コンパクトなサイズながら、映像、音質ともに非常に高性能なZOOM Q4n
 
>>この記事の続きを読む

“歌ってみた”や“演奏してみた”を自分で作ってUPしてみたいけど、どうやればいいの……?」、そんな質問をよくいただきます。DTMステーションでも、いろいろな切り口で取り上げては来ていますが、ビデオも音も、ある程度のクオリティーが求められるので、なかなか簡単にはいきませんよね。

そんな中、とっても手軽にボーカルやアコースティックギターのレコーディングと撮影ができると同時に、エレキギターを接続してアンプシミュレータを通した音で録ることができるという、結構画期的な機材が登場してきました。イギリスFocusrite社が開発したiTrack Pocketというのが、それ!どんなシステムなのか紹介してみましょう。


iPhoneを使ってのプロモーションビデオ作成が簡単にできるFocusriteのiTrack Pocket 

>>この記事の続きを読む

ニコニコ生放送や、USTREAMなどを利用することで、誰でも簡単にインターネットを使った生放送が可能です。しかし、ノイズの少ないキレイなサウンドで、またエフェクトを活用したカッコいい音で放送するには、従来いろいろな機材を揃えるとともに、多くのノウハウを身に着けないと難しいのが実情でした。でも、ここで紹介するTASCAMのオーディオインターフェイス、US-366には数多くの機能が凝縮されており、パソコンとUS-366があれば、すぐに、そして簡単に本格的サウンドでインターネット放送が可能になります。

歌ってみた」、「演奏してみた」さらにはゲーム実況のようなことまでUS-366があれば容易にできてしまうのです。TASCAMのサイトでこうした生放送を行う場合のUS-366の設定方法については詳しく紹介されているので、ここでは、その設定が終わった後、どのように放送を開始すればいいのか、その手順をニコニコ生放送の場合、USTREAMの場合に分けて、その手順を紹介してみたいと思います。


US-366を用いてニコニコ生放送、USTREAMを行う
>>この記事の続きを読む

歌ってみた」や「演奏してみた」用にビデオ撮影してニコニコ動画にUPしたいけど、どうしたらいいの……?といった質問をよく受けます。また私自身、作曲家の多田彰文さんといっしょに「DTMステーションPlus!」というニコニコ生放送の番組を展開しており、どうすればうまく放送できるのか、いろいろ研究しているところです。

そんな中、ZOOMから、超軽量コンパクトなビデオカメラ、Q4(定価32,500円)が登場しました。以前「ZOOMのビデオ機能付リニアPCMレコーダー、Q2HDで試す、簡単高音質生放送」という記事でQ2HDを紹介したこともありましたが、Q4はさらにアクティブに使うことができ、高品位なXY型ステレオ・コンデンサマイクを備えた機材です。これでどんなことができるのか、紹介してみたいと思います。


手のひらにスッポリと収まる小さなビデオカメラ、ZOOM Q4
 
>>この記事の続きを読む

9月に作曲家の多田彰文さんと一緒に始めたUSTREAM番組、「DTMステーションPlus!」。番組配信に関するシステム回りは、ほぼすべて多田さんにお任せしっぱなしの状況なのですが、傍から見ていてももいろいろ勉強になることがいっぱいです。多田さんが毎回試行錯誤してくれている中、第3回目の番組からはUSTREAMのサーバー側へ送り出す最終段のオーディオインターフェイスに、多田さんが自腹で購入したSteinbergのUR22を使っています。

音質的にもなかなかいいのでは、と思っているところですが、ちょうど12月2日に行った第6回目の番組を、12月11日に再配信すると同時にそのアーカイブが見れるようにしました。これをご覧いただければ、ジャズトリオによるアニソンの演奏などもあるので、音の感じなども確認できると思います。今後、それ以前の番組についても再配信するとともに、アーカイブを行っていく予定であるほか、ニコニコ生放送などへの展開も検討しているところです。


 現在のDTMステーションPlus!ではSteinbergのUR22を使用している
 
>>この記事の続きを読む

9月5日、ボカロ界隈に激震が走る!」といった情報が先日来、Twitter等で話題になっていましたが、その製品が本日AHSから発表されました。それは9月26日に発売する「キャラミん Studio」という6,980円(ダウンロード版は5,480円)のソフト。一言でいえば、3DとかCGとかがまったくわからない人でも、キャラクターを音楽に合わせて自由自在に躍らせることができるというツールなのです。

VOCALOID曲を作っているけれど、ビデオを作ることができないので、ニコ動やYouTubeなどに楽曲を発表できない…」なんていう人も多いと思います。もちろんVOCALOID曲に限らず、PV制作は難しいし、とくに3Dでキャラクターを躍らせるなんていったら、普通の人にはできませんよね。ちまたにはMMD(MikuMikuDance)という画期的ソフトもありますが、なかなか素人初心者が使えるものではありません。以前、私もちょっと触ろうとはしたものの、難しすぎてまったく分からずに挫折しました。でも、キャラミん Studioを使えば、好きな3Dキャラクターを音楽に合わせて自由自在に躍らせたり、歌詞に合わせて口パクさせることができるというのです。発売前のベータ版をこっそり使わせてもらったので、どんなものなのか、レポートしてみましょう。


AHSから9月26日に発売されるミュージックビデオ作成ソフト、キャラミん Studio
>>この記事の続きを読む

歌ってみた」や「演奏してみた」など、ニコ生USTREAMで自分たちのプレイを放送する人が増えています。私自身は、人の企画した番組に、トークという形で出してもらうのがほとんどで、自分で放送というのは、まだあまりやっていません。とはいえ、たまにはDTMステーションの特別編みたいなものを放送できれば面白いだろうな、と思いつつ、セッティングが面倒そうだし、一人で進行するのも恥ずかしいし、なんて悶々としているわけですが…。

そんな中、ちょっと試してみたのがZOOMのビデオレコーダー機能付のリニアPCMレコーダーQ2HD。1年ほど前にAV Watchの記事「第513回:ズームのフルHD動画対応PCMレコーダ「Q2HD」を試す~MSマイク搭載、Webカメラ対応で19,950円。その実力は? ~」で紹介したことがありましたが、改めて試してみたら面白かったので、ちょっと紹介してみましょう。


自宅のデスクトップPCにQ2HDをUSB接続しただけの装備で放送をしてみた… 
>>この記事の続きを読む

先日書いた記事、「iPhone/iPadに手持ちのUSB-MIDI機材を接続できる超便利デバイス、V-MIDI」で借りたV-MIDIを返却しに、Vestax本社に伺ったところ、「面白い機材があるから」とPBS-4なる機材を渡されて持って帰ってきました。これ、“パーソナル・ブロードキャスト・システム”という、個人でネット放送局を運営するための機材だそうです。

最近、人にお膳立てしてもらったUSTREAMやニコ生に出る機会は増えているものの、自分でもいろいろとやってみなくては……と思っていたところ。ちょっと面白そうなので、どんな機材なのか、試してみました。


複数のオーディオ機器やビデオ機器を接続し、ネット放送を行うためのコンパクトな機材、VESTAX PBS-4

>>この記事の続きを読む

最近、Ustreamなどの生放送番組に呼ばれて出ることが、よくあるのですが、先日、7月6日には、私もときどき見ているAHSが放送している番組、AHS生放送の第23回というのに出演してきました。週刊アスキーでもお馴染みの覆面プロレスラー、菊タローちゃんがパーソナリティーをしている番組で、見ていて結構楽しいので、AHSの尾形友秀社長に「機会があったら、呼んでくださいね」って話をしていたら、本当に声がかかってしまったというのが経緯。

番組中ではAV Watchでも記事にしたWebブラウザ上のシンセサイザ、シーケンサについての紹介をしたのですが、実は個人的にとっても興味を持ったのが、新製品として8月3日に発売されるという映像編集ソフトの「Movie Pro MX」というソフト。見た目も機能もまるでDAWのようなソフトなんです。


まるでDAWという見た目、機能を持つビデオ編集ソフト、Movie Pro MX
>>この記事の続きを読む

このページのトップヘ