藤本健の“DTMステーション”

藤本健の“DTMステーション”

DTM、デジタルレコーディング、DAW、MIDIといった分野の情報を紹介します。
初心者の入門用として、プロミュージシャンの実践術としても役立つ記事、製品レビューなどをお届けします。
DTMステーションのFacebookページも運用中ですので、そちらもぜひお願いします。


タグ:Duet

さまざまなところで話題になる人工知能AI。音楽の世界でも自動作曲や自動マスタリング、自動ミキシング……など、さまざまなツールが登場するとともに進化をしてきているわけですが、演奏という面でも人工知能による取り組みが行われています。先日、ヤマハの研究機関で生み出された演奏にまつわる人工知能技術では、人の弾く演奏に合わせて伴奏してくれるというもの。クリックを聞いて人がシーケンスデータに合わせるのではなく、人による自由な演奏にコンピュータが合わせてくれるというものです。しかも単にテンポだけでなく、演奏が盛り上がってフォルテ気味になってくると、伴奏も強くなったり、それに合わせたリフが加わるなど、従来の人とシーケンサの関係とは大きくことなるシステムです。

さらにその人工知能と映像を組み合わせたシステムをヤマハと博報堂アイ・スタジオが共同開発した「Duet with YOO(デュエットウィズユー」というものが、先日アメリカで行われた音楽・映画・インタラクティブの祭典「SXSW2018」で発表されたものですが、そのシステムが現在、東京のヤマハ銀座ビルで展示されており、5月22日までの期間、誰でも人工知能とのセッションを無料で体験できるようになっているのです。どんなシステムなのか紹介してみましょう。


進化するYAMAHAのAIシステム。人のテンポ、強さ、ノリに合わせてセッションしてくれる

>>この記事の続きを読む

プロユーザーが非常に多い、APOGEEのオーディオインターフェイス。他社製品と比較するとやや値は張るものの、音が非常によく、かつコンパクトで持ち歩きやすいということから、結構使われているようです。ただ、これまでAPOGEE製品は基本的にMac対応で、Windowsユーザーにとっては使うことができない、という大きな関門がありました。多少戦略的にそうしているのでは……なんて感じもありましたが、そのAPOGEEがついにWindowsに対応したのです。

今回Windows対応になったのはQuartet(カルテット)、Duet(デュエット)、ONE(ワン)の基本3機種。いずれもWindows 10専用のドライバがネット上で公開されたので、これをダウンロードして使えるようになったのですが、もちろん従来通り、Macの各OSでもiOSでも利用可能。さっそく2IN/4OUT対応のDuetを試してみたので、紹介してみたいと思います。


ついにAPOGEE製品がWindows 10に完全対応

>>この記事の続きを読む

気になっていたけど、Windowsで使えないから諦めていた…」という人も多い、APOGEEのオーディオインターフェイス。プロミュージシャン御用達ということで、よく話題に上るけど、APOGEEはAppleとガッツリと組んでいるだけにWindowsで使うことができなかったんですよね。

しかし、そのAPOGEEがAvid Technologyと組んだことにより、Windowsで使えるようになりました。以前の記事「プロ御用達オーディオIF、APOGEE製品ってどんなもの?」でも少し触れたPro Tools | Duet(デュエット)およびPro Tools | Quartet(カルテット)というのがそれ。先日、それぞれを借りてWindows上で使ってみたので、どんな製品なのか紹介してみたいと思います。


Windows 8.1上でPro Tools | Quartet、Pro Tools | Duetを使ってみた 

>>この記事の続きを読む

先日、Avid TechnologyPro Tools | DuetおよびPro Tools | Quartetという製品を発表したことで、いま話題になっているAPOGEE(アポジー)。国内では9月に入ったタイミングで、代理店がエレクトリからメディア・インテグレーションに変更になったばかりで、いろいろ注目が集まっているメーカーですが、みなさんはAPOGEE製品って使ったことがありますか?

プロミュージシャン、ハイエンドユーザー御用達のメーカーで、高級機材ばかり……といったイメージもあるAPOGEEですが、手ごろな製品ラインナップも揃っており、4~6万円とちょっと背伸びをすればハイクラスサウンドを味わうことができます。そこで、ここではDTMユーザーにとってのAPOGEEの世界を紹介してみたいと思います。


主なAPOGEE製品
 
>>この記事の続きを読む

このページのトップヘ