Banner B0
640x200伸縮サイズ
Banner B1
640x200伸縮サイズ
Banner A0(728x90)伸縮サイズ

SONARの新バージョン、SONAR X1が登場

11月1日、CakewalkからDAWであるSONARの新バージョン、SONAR X1が発表されました。国内の発売は11月下旬とのことですが、今回発表されたのはSONAR X1 Producer、SONAR X1 Studio、SONAR X1 Essentialの3ラインナップで、約2年ぶりの大幅なバージョンアップとなります。

また最上位版であるSONAR X1 Producerのベータ版も触ってみたので、今回のシリーズの概要とともにファーストインプレッションについて紹介してみたいと思います。


新バージョンSONAR X1は3ラインナップになった


Banner B2
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner B3
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner A1(728x90)
伸縮サイズ

これまでのSONARをご存知の方なら、今回の製品名、ラインナップを見て、「おや?」と感じたのではないでしょうか? そう、10年前に登場したSONARはその後2、3、4…8とほぼ毎年秋にバージョンを繰り返してきました。が昨年は、マイナーバージョンアップで8.5となり、今回はSONAR 9だろうと予想していたのではないでしょか? それが今回はSONAR X1と名称を変えたのです。ちょっとMac OSのようなネーミングですよね。今後はX1、X2となっていくのでしょう。

一方、これまで上位版はProducer、標準版はStudioという2ラインナップだったのが、今回CubaseのようにEssentialという入門版が追加されました。そう、こちらはこれまでHome Studioという名称で出ていたものですね。従来、Home Studioはバージョン遅れであったり、UIが少し違ったり、プラグインもちょっと違うなど、別製品扱いでした。しかし、今回はすべて基本的に共通で、使える機能の違いで製品が分かれているという分かりやすい構成になっています。機能の違いについてはCakewalkのページにまとまっているので、そちらを参照してみてください。

従来のSONARユーザーにとって気になるのは、これまでのSONAR 8やSONAR 8.5とどう異なるかという点でしょう。ひとことで行ってしまえばUIの大幅変更です。画面を見ると分かるように、基本的にワイド・スクリーンの液晶ディスプレに最適化され、1つの画面内ですべてを表示させるものになっています。


UIが大きく変更され、1画面で操作するものに

基本的には4つのビュー表示にする形であり、上側にトラックビュー、左側にインスペクター、右側にエクスプローラビュー、そして下側にはマルチドックというものを表示させます。マルチドックとは、さまざまなビューをタブ切り替えで表示できるもので、ミキサーコンソール、ピアノロール、ステップシーケンサ……といった操作画面をここで表示できるわけです。

また「これは!」と思ったのがスマートツールというカーソルモードの登場。そうProToolsで使われているのとソックリなもので、カーソルを置く位置によって選択、ムーブ、エディット……といった機能に切り替えられるというものです。これはとても使いやすいですね。


ProToolsのようなスマートツールが登場

ではオーディオエンジンなどは変わっていないの?と思う方もいらっしゃるでしょう。実は、ここは昨年の8から8.5へのマイナーチェンジで大きく刷新されていました。見た目はほとんど変わらなかった8.5ですが、ここで抜本的な構造変革をしていたので、今回はUIに全力を尽くしたということのようです。

もちろん機能的な強化もありますよ。Producerにはインスペクターと切り替え表示する部分に、アナログ・モデリングによるProChannelというチャンネルストリップが新たに搭載されました。EQ、コンプレッサー、チューブ・サチュレーションがアナログ風なパラメータでいじれ、音作りができるようになっています。実際触ってみると、いい感じで音が変化してくれて、気持ちいいですね。パラメータがいっぱいあるので、これはコントロールサーフェイスとセットで使うのがお勧めです。


アナログ・モデリングによるProChannel

また1画面の構成、予想外(!?)に使いやすいです。実は、最初に見せてもらったとき、1つ1つの画面が小さくて使いにくそう…と思ったのですが、触ってみると、もう前の環境に戻れないと感じるほど。

ただミキサーコンソールだけは、このマルチドックでは小さすぎるので、従来のように大きく表示させたほうが便利でした。そう、従来のように1つ1つのウィンドウに独立表示させることも可能ですから、慣れるまでは従来風な使い方でもいいのかもしれません。

なお、このSONAR X1の一般へのお披露目は11月14日に秋葉原で行われるSONAR PREMIUM DAY 2010です。私も渡部チェルさん、三原重夫さんとともに出る予定ですので、ぜひ会場までいらしてください。

【関連記事】
とにかく使いやすいSONAR X1のブラウザ機能

Commentsこの記事についたコメント

1件のコメント
  • ふぃ~るどまうす

    いつも拝見させて貰っています。
    国内発売は12月下旬だそうです。
    http://www.roland.co.jp/news/0493.html
    m_ _m。

    2010年11月11日 3:43 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です