Banner B0
640x200伸縮サイズ
Banner B1
640x200伸縮サイズ
Banner A0(728x90)伸縮サイズ

ボーカロイドストア【前編】ボーストって何なのか、聞いてきました!

最近よく話題に上るようになってきたボーカロイドストア(VOCALOID STORE:ボースト)。以前、VY1の記事を書いた際も、このVY1がボーカロイドストアのみで販売される(実際にはAmazonなどでも購入できる)、ということで紹介したこともあります。また近いうちに登場するというヤマハの「Netぼかりす」も、ここで提供されるとアナウンスされています。

でも、そもそもボーカロイドストアって何なのか、どんな位置づけになっているのか、イマイチ分からないという人が多いのではないでしょうか?何度も話を聞いているはずの私自身も、よく分からなかったので、ヤマハ株式会社研究開発センター、ネットビジネスグループのマネージャー、田邑元一さんとボーカロイドストア運営元であるビープラッツ株式会社の戦略・技術担当取締役、宮崎琢磨さんに話を伺ってきました(以下敬称略)。


ボーカロイドストアって何だ?


Banner B2
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner B3
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner A1(728x90)
伸縮サイズ

--ボーカロイドストアって、ネット上のショップで、VY1を売っているほか、AHSやクリプトン、インターネットなどのボーカロイド製品も扱っている、というところまでは分かるのですが、ヤマハが運営しているわけではないですよね……。

宮崎:ボーカロイドストアは、ボーカロイドのオフィシャルストアという位置づけで、ヤマハからロゴと商標の使用権を許諾してもらって、当社、ビープラッツが運営しているものです。今のところは各ボーカロイド製品のパッケージの販売のみですが、グッズなどを作って売るといったことも可能であり、近いうちにそうした展開もしたいと考えています。


ビープラッツの宮崎琢磨さん

田邑:ヤマハとしてもダイレクトにお客さんへアプローチするチャネルが欲しいと考えていました。確かに大きな販売・流通チャネルはありますが、もっと直接的なユーザーマーケティングができればと考えていました。ただ、われわれ研究開発機関がそうした機能を社内に持つのは実際のところ難しく、いい方法はないかと模索していたのです。

--いわゆるアンテナショップ的なものが欲しいということですよね。

田邑:もともと剣持(ボーカロイドの生みの親である研究開発センター、音声グループマネジャーの剣持秀紀さん)から、自分たちのパッケージも出したいし、別の角度からユーザーアプローチもしたいけれど、Y2プロジェクトでできないだろうか、という提案があったのです。ヤマハ的にいえば、自分たちのパッケージであるVY1さえ売れればいいというわけではなく、各製品すべてを普及させるとともに、単に道具だけでなく、作られたコンテンツとかも含めて、CDやひょっとしたら絵や動画とかも出していけるストアが作れないだろうかと考えたのです。それは、利益を上げるという意味ではなく、ボーカロイドの文化を盛り上げていくためのストアですね。


ヤマハの田邑元一さん

--その結果、ビープラッツにアウトソーシングしたということですか?

宮崎:オフィシャルストアといってもヤマハからのアウトソーシングではなく、あくまでも1つの特約店的な位置づけで、われわれがリスクをとって運営しているのです。ビープラッツ自身はSaaSとかクラウドというものに特化したBtoB商材を提供する商社。その関係で、これまでもヤマハとはいろいろと一緒にやってきました。そうした中、ボーカロイドストアの話を聞いて、参加させてもらったのです。このボーカロイドストアをECサイトとして機能させる一方、VY1を製造する役割もあります。VY1では物理的な製造から在庫をかかえて発送まですべての業務を行いますが、私自身がメーカー出身であることから、そうしたことまでできるという判断で手を上げました。


ヤマハが開発しビープラッツが発売元となっているVY1

--確かに、宮崎さんはソニー出身ですもんね。VAIOのSonicStage Mastering Studioの取材ではその昔、お世話になりました(笑)。でも、VY1のメーカーがある種、競合するAHSやクリプトン、インターネットの商品を販売することには違和感も感じます。

宮崎:そこは誤解が生じやすいところだとは思います。ただ、ヤマハとともに各社さまにはご説明差し上げ、良好な関係ができていると思っています。11/8(月)で終了してしまいましたが、AHSさんの旧製品であるmiki、キヨテル、ユキの3製品をアウトレットセールと題して、7,000円で販売していました。これはAHSさんのダイレクトストアと同時開催となっているのですが、正直なところ、期間中はVY1よりこちらのほうが売れていました(笑)。また、VY1自体は他社さんが気にされるほどの数は出ていませんし……。いずれにせよ、ボーカロイドの文化を広めるために貢献していきたいですね。

ボーカロイドストア【後編】リアルショップ出店、ボースト店長募集中!に続く

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です