Banner B0
640x200伸縮サイズ
Banner B1
640x200伸縮サイズ
Banner A0(728x90)伸縮サイズ

これからDTMを始める人にお勧めしたいSONAR X1 LEバンドル製品

仕事柄、よく聞かれる質問が「これからDTM始めてみたいんだけど、何を買ったらいい?」というもの。もちろん目的によって、またその人の志向や音楽的な実力によっても大きく変わってくるのですが、基本的にはオーディオインターフェイス+DAW(Digital Audio Workstation)ということになると思います。

 

予算がたっぷりあるのなら、それこそ選び放題ですが、できる限り安く、でもある程度の機能、性能が欲しいという場合、いまお勧めできるのがCakewalkのSONAR X1 LEがバンドルされているローランド製品です。


オーディオインターフェイスなどにバンドルされるDAW、SONAR X1 LE


Banner B2
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner B3
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner A1(728x90)
伸縮サイズ

通常オーディオインターフェイスというと安くて2~3万円から、DAWは5万円以上が相場ですから合計7~8万円はかかるわけです。それに対しSONAR X1 LEのバンドル品の場合、たとえばエントリーレベルのオーディオインターフェイスとしては
  ・DUO-CAPTURE(実売価格:8,000円前後)
  ・TRI-CAPTURE(実売価格:15,000円前後)
  ・QUAD-CAPTURE(実売価格:26,000円前後)

といったものがあり、ここに示した価格がすべて。安いDUO-CAPTUREなら8,000円でオーディオインターフェイスもDAWも揃ってしまうわけです。


8,000円前後で入手可能な低価格なオーディオインターフェイス、DUO-CAPTURE

 

またちょっと変り種としてはBOSSの超小型デジタルMTR
  ・BR-80(実売価格:25,000円前後)

といった製品もあります。以前「実売25,000円前後で機能てんこ盛りの超小型MTR、BOSS BR-80」という記事で紹介したこともありましたが、MTRでありながらエフェクトとしても使え、さらにオーディオインターフェイスとしても活用できる、欲張り機材です。このBR-80にもSONAR X1 LEがバンドルされているんですよね。


機能てんこ盛りの超小型MTR、BR-80

 

DTM初心者が最初に買う製品であるかどうかは別にして、そのほかにもローランドのフラグシップ・オーディオインターフェイス、OCTA-CAPTUREやコントロールサーフェイス機能付きUSB-MIDIインターフェイス、A-PROシリーズなどにもSONAR X1 LEがバンドルされています。

 

「“LE”と付くバンドルソフトなんだから、ショボイ機能の使えないソフトでしょ…」と思う方も多いと思います。実際、これらのハードを買ってもまったく使っていないという人がかなりいるようです。でも、このSONAR X1 LE、ちょっと驚くくらいの高機能・高性能ソフトで、多くのユーザーの場合、これで必要十分というか、十分すぎるほどの能力を持っているのです。また、いわゆる体験版ソフトにありがちな、「セーブができない」とか「30日で期限が切れる」、「メニューの一部がグレーアウトしていて使えない」……なんてことはまったくないのです。

 

DAWについてご存知の方が触ればすぐに分かるとおり、
  ・オーディオレコーディング機能
  ・MIDIレコーディング機能
  ・オーディオ編集機能
  ・MIDI編集機能
  ・ループシーケンス機能
  ・VST/VSTインストゥルメントによるプラグイン機能
  ・ミキシング機能
  ・マスタリング機能

など、一通りの機能を装備しています。


強力なミキシング機能も装備

さらにコントロールサーフェイスを利用してミキシングコンソールのリモート操作を行ったり、ReWire機能を使って初音ミクなどのVOCALOID2製品と同期させたり、さらには外部機器とMTC/MMCでの同期ができるなど、思いつく機能の大半が備わっている超優れモノのソフトなのです。正直言って、こんなソフトをバンドルさせたら、製品版のSONAR X1が売れなくなるのでは……とちょっと心配になってしまうほど。


エフェクトはもちろんソフトシンセも標準搭載している

 

ただし、SONAR X1 LEにもいくつかのネックがあることは事実です。まずはWindows限定のソフトであってMacでは残念ながら利用できないということ。これはSONARシリーズ全般に言えることですね。そして、しっかりしたマニュアルがないこと。簡単なインストールマニュアルは入っているものの、上記にあげた機能についての解説はほとんどありません。確かにヘルプを見ることである程度は分かるものの、初心者にとっては、何からどう手をつけていいか分からないと思います。


製品にはDVD-ROMと簡単な冊子しかバンドルされていないため気づかない人も…

 

で、ここからちょっと宣伝にもなるわけですが、そのSONAR X1 LEの解説書「BASIC MASTER SONAR X1 LE」(BNN新社:2,400円+税)が8月25日から発売されます。全238ページの本で「ローランド社 公認解説書」という位置づけで、事実上SONAR X1 LEのマニュアルとして活用できるものとなっています。初心者向けに書いた本なので、DTMは初めてという人でも気軽に読み進めながらSONAR X1 LEの操作方法を身につけていくことが可能となっています。バンドルソフトだけのための分厚い解説書というのもあまりないように思うのですが、いかがでしょうか?


 

これからDTMを始めたい人に、「SONAR X1 LEバンドル製品」+「BASIC MASTER SONAR X1 LE」のセットをお勧めします!

【関連サイト】
SONAR X1 LE ローランドWebサイト

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です