Banner B0
640x200伸縮サイズ
Banner B1
640x200伸縮サイズ
Banner A0(728x90)伸縮サイズ

実売25,000円前後で機能てんこ盛りの超小型MTR、BOSS BR-80

いろいろなメーカーから面白い製品が数多く発表されて盛り上がっているドイツのMusikmesse 2011。そこで本日4月6日に発表されて話題になっているひとつがBOSSのポケットサイズのMTR、BR-80です。

現行のMICRO BRの後継となる製品なのですが、驚くほどの機能てんこ盛り。誰がこの機能全部使いきれるのか?と思ってしまうほどですが、その機材を先日ちょっぴり触らせてもらいましたので、簡単にレポートしてみたいと思います。


機能てんこ盛りのポケットサイズMTR、BR-80


Banner B2
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner B3
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner A1(728x90)
伸縮サイズ

このBR-80は現行のMICRO BRとほぼ同寸のポケット電卓サイズ。基本的には従来機種と同様にMTR主体の機材ですが、4トラックから8トラックへと拡張されたため、その自由度が大きく上がり、まさにどこでも手軽に多重録音ができる機材となっています。もちろんBOSS=Rolandお得意のVトラックに対応しているため64Vトラックが扱えるわけです。


サイズ的には現行のMICRO BR(上)とほぼ同寸のBR-80(下)

比べてみると分かるとおり、大きさは変わらないものの、2行のキャラクターベースの液晶表示から128×64ドットの液晶ディスプレイに変わるとともに、液晶右側にジョグダイアル&十字キーが搭載されたため、操作性は格段にアップしています。以前MICRO BRを使ったときには、ちょっと手探りで操作している感じがありましたが、BR-80だと違和感なく操作することができました。


グラフィカルな表示ができる液晶ディスプレイを搭載

また。現行のMICRO BRはオマケのモノラルマイクが内蔵といった感じだったのが、今回はしっかりしたステレオコンデンサマイクが搭載されたため、音質的にもこれだけでそこそこの音で録れてしまうのも大きな特徴。しかもその音が16bit/44.1kHzの非圧縮・リニアPCMで録音できるのです。24bit/48kHz対応だったりしたらもっとよかったのに…なんて思わないでもありませんが、誰もが手軽にCDクォリティーで楽しめるという意味では、かえってこれでいいのかもしれませんね。


結構いい音のコンデンサマイクがステレオで搭載

またMICRO BRで不満だったのはSDHCに対応しておらず、最大1GBのSDカードまでしか扱えなかった点ですが、こちらは32GBまで扱えますから、メモリー容量の点でも心配ないようです。

現行のMICRO BRにも簡単なリズムマシン機能はありましたし、それなりによかったのですが、今回はそのパターンが増えただけでなく、リズムデータをスタンダードMIDIファイルでPCから転送可能というのも画期的。下手に小さい機材でチマチマとパターンを組むよりずっと効率的ですからね。

と、ここまでがMTR的な機能ですが、これはBOSS製品なので当然ギター入力があるわけで、ここでCOSMテクノロジーによるさまざまなエフェクトが使えるようになっています。細かく試したわけではないですが、GT-10クラスのエフェクトとのことですから、まさに何でもありのエフェクトですよね。しかも、ここには最近話題のボーカル専用エフェクトVE-20相当の機能も搭載されています。まあ、VE-20のフル機能装備というわけではないようですが、つまりギター用というだけでなく、マイクを使ってボーカル用の機材としても十分に使えるわけです。

そしてこのBR-80には、MTR機能とはまったく別にeBandというモードも装備しています。これは“おっさんホイホイ”機材として話題となったJS-8と同等のことができるモードです。そう、MP3やWAVファイルを再生させるとともに、センターキャンセル機能でボーカルやギターパートを消し、自分で歌ったり、ギター演奏したり……ということができるのです。この際、可変ピッチ再生ができたり、可変テンポ再生ができるというのも大きな特徴ですね。またLive Recモードというのにすると、フレーズ・アイディアのメモ録音やバンドの練習の録音もできるようになっています。

BR-80がすごいのは、まだここから。側面を見るとUSB端子が搭載されていますが、これをPCと接続すると、なんとこれがオーディオインターフェイスに変身してしまいます。この場合、PCからのUSBバス電源駆動にもなるわけですが、ここでも前述のCOSMエフェクトは健在。つまり、エフェクトをかけた状態でPCに音を送る「掛け録り」ができるというわけです。もちろん、BR-80をエフェクト内蔵のUSBマイクとして捉えることも可能なわけですよね。


PCとUSB接続するとBR-80がオーディオI/Fにもなる

こうなると、当然PCでその音をレコーディングするソフト=DAWが欲しくなってくるわけですが、そのために、SONAR X1 LEまでがバンドルされているんです。まあ、これはWindows専用でMacでは使えないわけですが、そこまでやるか…?というのが正直な印象。SONAR X1 LEって大半の人にとっては十分すぎるDAWであり、「これがあればとくにSONAR X1 ESSENTIALを買わなくても…」とも思ってしまいます。逆に言えばSONAR X1 LEのために25,000円払ったって損はないなと思いますからね。


Windows専用だが強力なDAWであるSONAR X1 LEを標準でバンドル

以上がBOSSのBR-80の概要。このすべての機能使いこなせる人って、どれだけいるんでしょう?これだけ機能てんこ盛りで25,000円前後はやはり魅力的です。

なお、発売は6月ともうちょっと先なのが待ち遠しいところですね。

【追記】
取材した発売直前では25,000円程度になるだろう、というローランドの話でしたが、実際は消費税分が抜けていたのか2011年8月現在の実売価格は、安めの店で27,000円程度、高めのところだと30,000円前後になっているようです。

 

【関連記事】

これからDTMを始める人にお勧めしたいSONAR X1 LEバンドル製品

 

Commentsこの記事についたコメント

9件のコメント
  • Jimi♪

    惜しいなぁー、せめてGM音源ぐらい内蔵してくれてSMFファイル鳴らせるようになってれば・・・

    2011年4月7日 11:29 PM
  • lnatuhero

    憧れのsonarX1は予算的に今は買えませんし、ネットブックパソコンしかないのでいいアイテムないかなーと思っていたらありましたね!BRー80!楽器店に行って入荷したら、すぐ連絡お願いしますって頼んできましたっ!あー待ち遠しい。いつかデスクトップパソコンとsonarX1を購入して本格的に楽曲製作したいと思ってます。藤本さんいろんな情報ありがとうございます!

    2011年4月21日 6:58 PM
  • 藤本健

    メッセージありがとうございます。確かにX1 LEでも結構なことできてしまいますからね。ぜひ、BR-80とX1 LE存分に使いこなしてください。

    2011年4月21日 10:48 PM
  • 亜蓮

    MICRO BRユーザですが、これは良さそうですね。
    不満だったところがかなり改善されてます。
    ロータリーエンコーダはきっとフェーダーとして使えるんですよね?従来のはボタンしかなかったのでとてもリアルタイムに調整はできなかったんですが、これならいけそうです。

    2011年4月23日 1:16 AM
  • 極東

    オートパンチ + ABリピートやりにきー
    よい方法ないのか?

    2011年8月12日 9:43 AM
  • 西宮湖

    microbook2と比較すると悩みますね。今更ですが。
    マイクでVo録音がどれぐらいのものかが気になりますね。
    microbook2を使うと外付けマイクが必要になりますし。。
    コンデンサマイクって使ったことないですが、どうなのでしょうか。

    2014年1月29日 12:09 AM
  • 藤本健

    西宮湖さん
    そこそこ感度はいいマイクなので、ボーカルしっかり録ることはできますよ。
    もちろん、音質の面では、そこそこのレベルなので、気に入らなければやはり
    別途マイクも必要になってきますが、その場合はPCのDAWを使って…という
    システムが現実的だと思いますが。

    2014年1月29日 8:49 AM
  • 西宮湖

    なるほど。実は、DAW用として考えています。家にはbabyfaceがありますが、外出時にマイクもついていて、Windowsとなると、これのみになるんです。
     そこで、もう一つ知りたいのですが、3万円未満のaudio i/f プラス SM58マイク と比べると、br-80はコンデンサマイクということもあり、br-80 のほうがマイク録り音はよいのでしょうか?
    実は、コンデンサの経験はありません。
    よろしくおねがいします。

    2014年1月29日 6:21 PM
  • 藤本健

    西宮湖さん
    こんにちは。BR-80はコンデンサマイク内蔵といっても、いわゆる単体売りのコンデンサマイクとは
    1ランクというより2ランクか3ランク下のレベルと考えてください。
    確かに大きい括りでいえば、コンデンサマイクですが、種類的にもエレクトレットコンデンサマイク
    と呼ばれるもので、別物です。
    一方SM58はダイナミックマイクですから、これとは指向性、感度が違うのは事実です。ただ音質面でいえば、SM58のほうが上だと思います。コンデンサマイクが大きい目的であれば、Babyfaceもコンデンサマイク対応の機材ですから、安いものを1つ購入するのがいいのではないでしょうか?探せば3,000円台でもありますよ。

    2014年1月30日 7:37 AM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です