Banner B0
640x200伸縮サイズ
Banner B1
640x200伸縮サイズ
Banner A0(728x90)伸縮サイズ

14,800円の小型スピーカー、Eris E3.5は大音量が出せる高解像度なモニターだった

DTMユーザーとやりとりしていると、結構な比率でヘッドホンでしかモニターしていない人がいるんですよね。もちろん、DTMを「自分だけの趣味の世界」と割り切ればそれでもいいのですが、いろいろな人に聴いてもらいたい…と考えるなら、やはりモニタースピーカーは必須だと思います。音の出方、音のバランスがヘッドホンとは明らかに違うので、双方でチェックする必要があるからです。

 

とはいえ「モニタースピーカーなんて置くスペースがない」、「部屋で音を出すのはちょっと難しい」、「結構高いから手が出せない」……といった理由で躊躇している方も多いのではないでしょうか?そんな中、先日発売されて使ってみたPreSonusEris E3.5という小さなモニタースピーカーが、なかなかよかったんです。どんな製品なのか紹介してみましょう。


大音量も高音質で鳴らせる小さなモニタースピーカー、Eris E3.5


Banner B2
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner B3
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner A1(728x90)
伸縮サイズ

Eris E3.5は、Studio Oneの開発元である米PreSonusが先日発売した3.5インチのドライバーを持つ2ウェイ・ニアフィールド・アクティブ・モニターと呼ばれるアンプ内蔵のモニタースピーカーです。

 

一般的にモニタースピーカーというと1本単位での販売となっていて、普通はステレオで使うから2本の購入となります。そのため価格はセットで5万~数十万円というのが相場。でも、このEris E3.5は3.5インチの小さなスピーカーということもあって、2本セットでの販売となっていて、価格は税込みで14,800円と手ごろなんです。

Eris E3.5はDTM環境でも場所を取らずに設置できるコンパクトなモニタースピーカー

2本セットであるため、左側と右側のスピーカーでは役割が異なります。左側にステレオの入力端子が用意されていたり、アンプもこちら側のみに内蔵されています。右側スピーカーには付属のスピーカーケーブルを使って接続する形になっているのです。

Eris E3.5は2本セットの製品。左右スピーカーを付属のスピーカーケーブルで接続する

ちなみに、この〇〇インチというのは、通常スピーカーのウーファー部分(中低域を担当するスピーカー)の直径を意味しており、1インチ=25.4mmだから3.5インチだと88.9mm。実際に定規で測ってみると8.5cmくらいですかね。とっても小さいんです。


ウーファー部分の直径を定規で測ってみると約8.5cm

 

iPhone Xを並べて置いてみるとこんな感じです。かなり小さなスピーカーであることが分かりますよね。


iPhone Xを並べてみると大きさ的にはこんな感じ

このEris E3.5は前述のとおり2ウェイのモニタースピーカーであるため、その中低域を出すウファーとともに、高域を担当するトゥイーターという小さなスピーカーを組み合わせて音を出すようになっています。

高域を担当するトゥイーター

ただ一般的に小さなモニタースピーカーだと、どうしても迫力ある音が出せないというのがネック。音量を最大にすると、歪んでしまったり、低域がしっかり出せずにビビッてしまったり…というケースが多いのですが、Eris E3.5を使ってみて、ちょっと驚きました。

 

そう、まさに爆音まで出せるスピーカーであり、最大音量に上げても歪むことはありません。小さいクセに、低音もかなりしっかりと出てくれるんです。その低音がしっかりと出る秘訣は、裏側にあるバスレフと呼ばれる穴。ここから出る音を利用して低音を増強しているんですよね。

裏側にはバスレフと呼ばれる穴がぽっかり空いている。これが低音をしっかりと出すためのカギ

試し、スピーカーの背後に回って、曲を鳴らして、大音量にしてみると、ここからすごい空気が風のように出入りするんです。まさにスピーカーは物理的な構造で動いているんだな、というのを実感できます。

 

もちろん、こんな最大音量で音を出したら、まさに近所迷惑で怒られてしまいそうですが、いざとなったらこれだけの音が出せる、迷惑にならない昼間の時間ならそんな音も短時間なら利用可能だ、というのは大きなポイントだと思います。

 

とはいえ、重要なのは小さな音でもしっかり使うことができるのか、という点です。ここも大丈夫、というかかなり高品位な音、高解像度な音で鳴らすことができることを確認しました。小さい音量なら、下手に5インチ、8インチのスピーカーを使うより、この3.5インチのEris E3.5のほうが、バランスの取れた、いい音でモニターできると思いますよ。その意味で、普段スピーカーを使いにくい環境の人にとっても嬉しいシステムだと思います。

 


オーディオインターフェイスとはTRSで接続する

では、このモニタースピーカー、オーディオインターフェイスとはどのように接続すればいいのでしょうか?Eris E3.5には3種類の入力端子がありますが、通常は縦に並ぶTRSという端子を使って接続するのがいいでしょう。これはいわゆるバランス接続と呼ばれるもので、3端子のケーブルを用いるのですが、これによって外部からのノイズを軽減することができ、より高音質に鳴らすことができるのです。


もちろんRCAのアンバランスで接続してもOK

一方で、家庭用のオーディオ機器などで用いるRCA端子もあるので、こちら側を使うことも可能ですよ。また試しにTRSとRCAの両方にオーディオを入力すると、両方とも同時に鳴らすことができました。Eris E3.5側で、それぞれの音量バランスを調整することはできませんが、ある意味ミキサー的に使うことも可能というわけですね。

 

さらにフロントにはAux Inと書かれたステレオミニのジャックも用意されていますから、ここにiPhoneなどのオーディオ信号を送れば、これもミックスすることが可能です。単純にiPhoneで音楽を聴くのに、これを用いると、いい音でしかも大音量で鳴らすことができて、なかなか楽しかったです。


フロントにはAux InとPhonesが並んでいる

このAux Inの隣にはステレオミニのヘッドホンジャックも用意されています。ここにヘッドホン・イヤホンを刺せば、スピーカーの音は消えてヘッドホンだけを鳴らすことが可能です。このヘッドホン出力も、なかなかいい音で、内蔵のアンプが機能してくれて、かなり大音量まで持ち上げてくれるから、ヘッドホンアンプとして使っても悪くないですよ。

フロントのAux InにiPhoneを接続して使うのも快適だった

ところで、Eris E3.5のリアには「ACOUSTIC TUNING」というパラメータが2つ用意されています。これは設置する部屋によって変わる音の響きを調整するためのもので、HIGHとLOWという2つです。要はEQとして音質を調整するものであり、通常はセンターに合わせておくといいのですが、やはり高域が鳴りすぎてしまう、低音が少し物足りないという場合、これらを調整してみるといいでしょう。

 

ただし、音作りのためのEQではなく、あくまでも部屋の鳴り具合を調整するものなので、微妙に動かして確認していくのがよさそうです。

ACOUSTICTUNINGの2つのパラメータで音を微調整する

なお、Eris Eシリーズには1サイズ上のEris E4.5、さらに大きい5.25インチのEris E5など計6種類の製品があります。4.5インチのものもセットで24,800円(税込み)と手ごろなので、用途に合わせて大きさを選択してもよさそうですね。


Eris Eシリーズには計6つのラインナップがある

現在Eris E3.5をはじめ、マイクやオーディオインターフェイスなどを対象とする「MI7新生活(音)楽割」というキャンペーンが4月22日までの期間で実施されています。これは学生を対象に20%オフクーポンを提供するというものとなっているもの。したがって、学生証の画像をアップすることで、Eris E3.5なら11,840円(税込み)で購入できてしまうんです。学生のみなさんは、このチャンスに購入するのもよさそうですよ!

【関連情報】
Eris Eシリーズ製品情報
MI7新生活(音)楽割 

【価格チェック&購入】

◎Amazon ⇒ Eris E3.5
◎サウンドハウス ⇒ Eris E3.5

◎MI7 Store ⇒ Eris E3.5

 

 

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です