藤本健の“DTMステーション”

藤本健の“DTMステーション”

DTM、デジタルレコーディング、DAW、MIDIといった分野の情報を紹介します。
初心者の入門用として、プロミュージシャンの実践術としても役立つ記事、製品レビューなどをお届けします。
DTMステーションのFacebookページも運用中ですので、そちらもぜひお願いします。


タグ:山口ゼミ

最近、いろいろなところで話題になっているコーライティングCo-Writingというのをご存じですか?直訳すれば共同制作で、2~5人程度のメンバーで一緒に作曲・編曲・作詞を行っていくこと。以前記事にした「全米メジャーリリースも実現、世界で活躍する日本人作曲家、ヒロイズムさんの足跡と次なる狙い」、「低音が海外成功のカギ!?英語圏でヒット曲を飛ばす日本人、Ryosuke"Dr.R"Sakaiさんの挑戦」でも紹介した通り、欧米においてはコーライティングが当たり前。一方で、日本の音楽制作では、これまでほとんど取り入れられていなかったのが実情です。

しかし、2年前に「最先端の作曲法コーライティングの教科書」(伊藤涼・山口哲一著)が出た辺りから国内でも少しずつ事例が増えてきており、さまざまなところで話題になってきています。これはプロの作曲家や作詞家、プロデューサーなどに大変革をもたらすだけでなく、アマチュアのDTMユーザーにとっても大きな可能性、チャンスが得られる仕組みのようなのです。そのコーライティングを体験できるワークショップが5月13日と6月3日に2日間のセットで開催されるとのことなので、これがどんなものなのか、話を聞いてきました。


コーライティングとは複数のメンバーで曲を作っていく共同制作のこと

>>この記事の続きを読む

プロ直伝!職業作曲家への道』、『DAWで曲を作る時にプロが実際に行なっていること』、『新時代ミュージックビジネス最終講義』……とヒット書籍を次々と執筆する一方、プロミュージシャンとプログラマ、デザイナーなどを一同に集め、その場でシステム作品の開発を行う「Musician’s Hackathon」などもオーガナイズする音楽プロデューサーの山口哲一(やまぐちのりかず)さん。私も一昨年末の「Musician's Hackathon」でお会いしたのが最初で、AV Watchで「音楽ハッカソンから生まれる音楽制作の新たな可能性」といったレポート記事を書いたことがありました。

その山口さん、2013年からプロ作曲家になる方法を説く「山口ゼミ」なるものを展開しており、すでに200人以上が受講するとともに、プロ作曲家としてデビューした人も多数いるのだとか……。「一度、ぜひ山口ゼミを覗いてみてほしい」と言われていたので、先日「DAW秘伝」なるタイトルで、サウンドプロデューサーの浅田祐介さんが講師を務める回を見てきたところ、メチャメチャ面白い内容でした。まさにプロがどうやって曲を作っているかの秘伝をいっぱい公開してくれるモノで、秘密ネタもいっぱい。その秘伝、公開してOKという許可を得られたものをいくつか紹介してみましょう。


山口ゼミの「DAW秘伝」という浅田祐介さんによるセミナーに潜入してみた 
 
>>この記事の続きを読む

このページのトップヘ