Banner B0
640x200伸縮サイズ
Banner B1
640x200伸縮サイズ
Banner A0(728x90)伸縮サイズ
  • 講座の中で『J☆Dee’Z』のコンペを実施。ソニー・ミュージックのA&Rがデモテープ公開添削を行う、山口ゼミとは

プロ作曲家養成講座として数多くの実績を上げてきている「山口ゼミ」。DTMステーションでも以前「プロの現場でのDAW活用のワザをバラしてくれる山口ゼミに潜入してみた」という記事や「売れっ子作曲家5人が語る、“自分がコツをつかんだ瞬間”」といった記事で取り上げたことがありました。その山口ゼミで、先日非常に珍しい試みともいえる講座が開かれ、そこに参加することができました。それはソニー・ミュージックレコーズのプロデューサーである灰野一平さんをゲスト講師に迎え、ソニー・ミュージックレコーズ所属のガールズボーカル&ダンスグループ「J☆Dee’Z」の本番コンペを行ってしまう、というもの。

具体的には、一部の関係者にのみ配布されている楽曲コンペ資料と同じものが、山口ゼミ参加メンバーに事前に配布され、各メンバーがそれに向けて制作し、山口ゼミ経由でエントリーしていたのです。普通、コンペ内容やその結果についてはあまりオープンにされないし、不採用だった作品がなぜダメだったかフィードバックされることなどまずありません。しかし、ここでは1つ1つの作品の評価を灰野さん自らの口で解説し、メジャーレーベルがどんな考えで審判しているのかがオープンにされたのです。どんな内容だったか紹介してみましょう。


「J☆Dee’Z」のコンペが行われた山口ゼミに潜入

Banner B2
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner B3
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner A1(728x90)
伸縮サイズ

山口ゼミについてご存じない方もいると思うので、簡単に紹介しておくと、これは音楽プロデューサーであり、かつ音楽業界に関連する書籍を多数執筆、業界で圧倒的な人脈を持つエンターテック・エバンジェリスト、山口哲一(やまぐちのりかず)さんが主催する、プロ作曲家養成講座。「業界標準、完全プロ仕様」をテーマに、著名な作曲家、アレンジャー、エンジニアなどを講師に招いて実践的で少数精鋭のセミナーを実施するというものです。


山口ゼミを主催する山口哲一さん

2013年1月からスタートし、これまでの受講生は400人を超えるところまできたのだとか。ユニークなのは山口ゼミの上級コースとして、山口ゼミextendedというものがあり、さらにその山口ゼミextended修了生からプロとしてのポテンシャルがあると認められた人だけが入れるCWF(Co-Writing Farm)という集団があること。すでにCWFメンバーは121人になり、ここから数々のメジャーレーベル作品が生み出されているのです。


山口ゼミ、山口ゼミexteneded、CO-WRITING FARMの関係

今回、参加したのは、その山口ゼミextendedの講座で、「A&Rの発想を知る!」というテーマで行われたもの。A&RとはArtists and Repertoireの略で、アーティストと楽曲の管理をする役割の人を意味する言葉。灰野さんは、まさにソニー・ミュージックを代表するA&R担当であり、これまで制作ディレクター・A&Rとして椎名純平、中島美嘉、RYTHEM、RSP、遊助、久保田利伸、Little Glee Monster、J☆Dee’Z、欅坂46、土屋太鳳……など数多くのアーティストに関わってきた人なのです。


今回の山口ゼミの特別講師、ソニー・ミュージックの灰野一平さん

その灰野さんの今回の講座自体は90分の授業でしたが、実際にはその3週間前からスタートしていました。冒頭でも触れたとおり、3週間前にJ☆Dee’Zのコンペシートが参加者に配布されており、それに基づいて曲作りが行われていたのです。これまでも山口ゼミでは疑似コンペは行われていたそうですが、本物のコンペとなったのは今回が初とのこと。まあ普通コンペ情報は、実績のある作家事務所などにしかオープンにならないので、異例ともいえる授業だと思います。


山口ゼミExteneded受講生とCWFメンバーが参加

もっとも、ここでコンペに参加したのは山口ゼミExtenededの受講生だけでなく、その卒業生であるCWFメンバー。見方を変えれば、CWFが大手作家事務所的な役割を果たしているといえるのかもしれません。もちろん、CWFは従来の作家事務所とはまったく考え方の異なる集団ではあるのですが……。


実はこの講座の3週間前に、J☆Dee’Zのコンペシートが受講生およびCWFメンバーに配布されていた

このJ☆Dee’Zのコンペでは、山口ゼミExteneded受講生およびCWFにおいて何人かのメンバーがチームでコーライト(共作)する形で楽曲を作成。計12作品集まった中、山口ゼミとしての合格ラインを上回った9作品を事前に灰野さんに渡していたそうです。


今回のコンペに限らず、過去に集まった作品をPCに入れて持ち歩いているという灰野さん

そしてこの日は「デモテープ公開添削タイム~J☆Dee’Zアルバムリード曲コンペ」と題して、全9曲すべてに対して灰野さんから詳細なコメントがありました。「普段からさまざまな応募作品を聴いていますが、それぞれ5段階評価で記録するとともに、簡単なメモ書きをしてiTunesで管理しているんです。そのコンペにはマッチしなくても、少し手を加えればほかのアーティストにハマる……なんてこともありますからね」と灰野さん。


iTunes画面を見せてもらうと、ここには点数も付けられる形で数多くの曲が管理されていた

というわけで、デモテープ公開添削がスタート。ここではまず、その応募作品をワンコーラス分再生。その後、灰野さんのコメントしていくという流れで1作品ずつ見ていったのですが、いくつか紹介していきましょう。


そして、灰野さんによる公開添削タイムへ

 

♪「ArashiNoNaka_270_303」

5段階評価で3にしました。オケのテンポ感はいいですけど、Aメロはロングトーンが多くて、メロ密度っていう言葉が一般的か分からないですけど、もうちょっと密度感のあるメロディの方が飽きなくていいかなと思いました。で、Bメロから盛り上がっていくのはいいですが、サビの転調感はイマイチかな……。転調ってみんなやってるから、転調感が「なんか聴いたことある…」というものになりがちなんですよ。避けれるなら避けた方がいいと思ってるんですよね。どうしてもサビが盛り上がらないとか、レンジが広すぎるから転調するならいいのですが、転調ありきで構成するというように便利に使わない方がいいと思っています。この曲は、その部分が惜しいなと思いました。あとはサビは詰め込んだ感があるんですけど、逆に覚えられないところまで複雑になってしまったかなと。これはメロディだけの問題ではなくて、歌詞とのマッチングの問題もあるんで、仮歌詞とはいえ印象が強く出てしまっているので、一回聴いただけでは、覚えられないのが非常にもったいないですね。仮歌詞でも目立つようなサウンドになれば、もっと印象のいいものになるでしょうね。惜しいですよね、楽曲的にはいろいろ工夫があって、逆に全体的な印象が薄くなってしまっているので。

 

灰野さん

と灰野さん。私自身は、この曲を聴いてビックリ。物凄くレベルの高いものであり、このままヒットチャートに流れていてもまったく違和感がないなと感じるものでした。仮歌として入っているボーカルも、プロが歌う本気の作品。そんなものが5段階評価で3なのか…とちょっとショックを受けてしまったほどでした。引き続き、コメントを紹介していきます。

 

♪「まっすぐ」

この曲は、メロディや雰囲気が突拍子ないものではなく、どこかで聴いたことあるような、ないような、ぐらいのギリギリな部品を組み合わせて上手く作られていると思います。さっきの楽曲よりAのメロディ密度があったのかと言われると、そうでもないのですが、間を空けるのが上手なので、これはめちゃめちゃ得ですよね。Aを2回繰り返すときも半音を入れたりして、そういうアレンジ的な工夫もされているので、飽きずに聴けるものでした。今の楽曲の審査では飽きさせたら終わり。いかに飽きないかっていう視点で工夫するのは大切です。そうした観点からこの曲をキープさせていただくことにしました。イントロが長かったので勝手に半分にして、入れておいたんですけどね(笑)。ちょっとでも待たせたら、相手もイラっとしますので……。この曲は、実際の製品になったときにこの尺が必要になるかもしれないですが、デモの段階では長すぎましたね。
灰野さん

つまり、この曲は灰野さんが5段階評価で5をつけるとともに、「キープ」という状態で預かった形になったわけですね。ちなみにコンペにおいてA&Rが「キープ」と言わなかった楽曲、つまり不採用の作品は別のコンペを含め、ほかで使うことが可能になっています。

デモ曲を再生しては、灰野さんからの手厳しい評価が…

 

♪「Honey Coming(ハニカミ)」

J☆Dee’Zがボディーパーカッションを使っているので、最初聴いたときに、「それを知って作ってくれたんだな」と嬉しく思いました。ただ全体的に詰め込み過ぎたのか、流れが難しくて記憶に残らないところまで行ってしまったなという印象です。今コーライトで制作するケースも増えていていて、各自が作った部品を組み合わせることで意外性や構成感、また裏切りを作っていくのはいいですけど、最終的にあまりまとまらないものになってしまうと、やっぱり曲として難しい。印象の残らないものになってしまうので、そこの塩梅が難しいですよね。いろんな展開しているのに、逆に飽きてしまうのは不思議ですよね。
灰野さん

 

♪「恋愛確率」

いいイントロが見つからなかったら、頭サビにしちゃえばとは言っていますけど……。副作用はもう一回サビが来たときに、再度聴きたいと思わせるBメロを作れるかっていう問題が出てくるんですよ。そういう意味でそこに至っていない気がします。難しいですよね……。そこが頭サビの曲の難しいところ。言葉とメロのマッチングで、サビの強さを持っている曲なのか、流れでもう一回サビが聴きたくなるっていう曲を作るのか、だと思います。それこそが、今の作曲に求められるところなんです。サビのメロディーとかキャッチーな言葉とか、割と作れる人がいて、部品を持っている人はたくさんいる。でも昔とは違って部品の問題じゃなくなってきている気がするんですよね。その流れをどう作るか、大きな流れを活かす工夫を作って、いかにサビに到達させるかが重要だと思います。もしかしたら、部品を変えれば解決するかもしれないですし、Bっていうもの自体の長さやサビへの持っていきかたの工夫なのかなと思います。
灰野さん


制作担当者が挙手し、楽曲にまつわる思いを語るシーンも

そんな感じで、曲を流しては、灰野さんから厳しいコメントが続くのですが、どの曲もすごいクオリティーのものばかりなんですよ。とはいえ、言葉でクオリティーが高いといっても、実際どうなのかピンと来ないですよね。そこで、今回の9作品の中で、個人的にも非常によかった、と思った「1cm」という楽曲を、DTMステーション記事内で公開できないか、山口さんに聞いてみました。その結果、制作者から公開してOKが出たということで、送ってもらったのがこちらです。ぜひ聴いてみてください。

どうですか?この「1cm」という曲、CWFメンバーである小谷哲典(@barboramusic)さん、長沢知亜紀(@nagasawa_ch1ak1)さん、加藤良太(@Ryota0808)さんのコーライト作品です。今回のエントリー曲、みんなこれくらいなレベルなんですよ。私個人的には10段階評価の9か10でいいじゃないかと思っちゃいましたが、これについて灰野さんがどうコメントするのか……。

 

♪「1cm」

入れようかどうか迷った曲です。とてもよくできているし、音色的にも現代アートサウンド的よさを持っていますよね。これもさっきの頭サビで失敗しているパターンで、「1センチ、1センチ」って歌詞がめちゃめちゃ印象的じゃないですか、ですがそれがまた来るんだなと思ってしまって、サビが盛り上がらなくなってしまっているんですよね。頭サビを止めたら、この1センチが目立つのかどうか、もしくは歌詞でなぜ1センチと言っているのかを、もうちょっと分かりやすくしてもいいかもしれないし…。原因が一個じゃない気がしました。アレンジの問題なのか、レンジ的にBメロを上げすぎたのか、分からないですけど……。二回目に聴く1センチをいかに盛り上げるかの工夫をすると、化けるのかもしれないと思いました。逆にいうとそこができると、何も怖くないって感じです。これも5段階評価で3です。
灰野さん

そう、ソニー・ミュージックのA&Rは、このように審判しているんですよ。厳しいけれど、ものすごく的確にすべての曲をチェックしていることも驚きでした。実は、今の「1cm」という曲を、ここで公開させていただきましたが、実は作家がこのような形で作品を露出するのはリスクがあること、ここに難しい業界ルールもあるんです。そう、一度でも公開した楽曲は、別のコンペに応募できなくなってしまんです。その上で、小谷さんたちに協力いただいたのです。もしDTMステーションをご覧になっているアーティストの方、A&Rの方でぜひこの曲を使いたい!という方いらっしゃったら、彼らのTwitter宛に連絡するか、私までご一報ください。こんな作品が消えてしまうのは、あまりにもったいない話ですからね。

 

講義の中ではA&Rである灰野さんにさまざまな質問もぶつけていった

ちなみに灰野さんによればJ☆Dee’Zのコンペだと普段100曲程度、乃木坂46や欅坂46だと300~400曲集まるのだとか……。それを1つ1つ聴いて評価するというのは大変な仕事だな…と思った次第です。

以上9曲聴いてもらいましたが、ディレクターは普段こんな観点で進めています。まあ普段はこんなに言語化して解説することもないとは思いますが……。もちろん灰野さんのような音楽的なディレクターばかりじゃないからね。またA&Rの習性みたいなのはあって、タイアップ先を見つけたい、ヒット曲を出したい、っていうことはどのA&Rもやっているので、その基準でのお話だったと思います」と山口さん。

今回のテーマは「A&Rの発想を知る!」というもので、実践のコンペを絡めたものでしたが、山口ゼミでは毎回さまざまなテーマでの講座が開催されています。次は2019年1月19日からスタートする2019年冬期生募集中とのこと。興味のある方は一度情報をチェックしてみてはいかがでしょうか?

【関連情報】
山口ゼミ
山口ゼミ/CO-WRITING FARM Facebookページ

Commentsこの記事についたコメント

3件のコメント
  • ・・・

    1cmという曲、とても素敵ですね。自分がプロ担当者なら、則採用ですよ(そんなすごい立場では、全くございません笑)。
    ところでこの楽曲、J☆Dee’Zさんが歌っているとしか思えないようにも聞こえるのですが、声が似た仮歌さんなのでしょうか? 胸がツンとしちゃう歌声ですね。J☆Dee’Zさんがプリプロ?というか、歌っているのでしょうか。失礼しました。

    2018年11月30日 4:06 PM
  • /_/

    センチをオセンチ(センチメンタリズム)にひっかける工夫があってもいいし、アコピのコードぶん殴りをこの音域に選んだ理由がわからない ボーカルの印象に勝ってしまっている まーだめですねこの程度じゃ

    2018年12月1日 1:29 AM
  • jr9_oda

    一般DTMクリエイターとして、夢のような話ですね!
    まず私は、コンペ案件に参加するレベルでないので・・・
    (個人的には、将棋の指導対局を平手で指してもらえるレベルなのかなという気がしました)
    ただ、光があれば目指す道も見えてくるのも事実で
    こういう情報に触れることで、日々の活動の糧になりました。

    2018年12月1日 7:29 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です