Banner B0
640x200伸縮サイズ
Banner B1
640x200伸縮サイズ
Banner A0(728x90)伸縮サイズ
  • 歌詞の流し込みがスムーズ!PV制作にピッタリなビデオ編集ソフト、VEGAS Pro 16が約9割引きの特売中

ときどき常識外の価格設定で「ビジネス的にこれで大丈夫なの…!?」と思わせてくれるソースネクストですが、またまたスゴイ値段でビデオ編集ソフトのダウンロード販売が実施されています。今回のターゲットとなったのは、旧SONY CREATEVE、現MAGIXのビデオ編集ソフトVEGAS Pro 16。VEGAS Pro 16のリリース自体は昨年秋だったので、すでに持っている方も多いとは思いますが、これはミュージックビデオ、プロモーションビデオの制作に非常に強いビデオ編集ソフトです。

いくつかのラインナップがありますが、一番基本となるVEGAS Pro 16 Editが通常42,693円のものが、7月18日~28日の期間限定で84%引きの6,480円。しかもクーポンコードを使うことで、さらに1,000円引きの5,480円に。実質的には88%引きという、例によってメチャメチャな価格設定となっています。改めてこのVEGAS Pro 16 Editを試してみたところ、効率よくビデオに歌詞を流し込む機能が搭載されたり、歌っている人に照準を合わせて、追尾していく機能が搭載されたり、THETAやInsta 360などの360度ビデオカメラを簡単に利用できる機能が搭載されるなど、便利な機能がいろいろ追加されていました。少し紹介してみたいと思います。

歌詞入力がスマートにできるVEGAS Pro 16

VEGAS Proというソフト、名前は聞いたことがあっても、実際触ったことがないという人も多いと思います。これはビデオ編集ソフトの中では、かなり異色なソフトであり、DAWであるACIDと兄弟となるもの。それだけに音楽制作とは非常に親和性が高く、DAW感覚で使うことができるというのがDTMerにとっては最大のポイントです。

Windows版のみで、Mac版がないのが残念なところではあるのですが、ほかのビデオ編集ソフトと明らかに違うと感じさせてくれるのは、タイムルーラーにフレームや時間を設定できるのはもちろん、サンプル(オーディオのサンプル数)、さらには小節・拍というものが設定できるという点。もちろんテンポ設定もできるし、メトロノームだってありますからね。この辺からも、明らかに音楽制作者向けのソフトであることが感じられると思います。

タイムルーラーを小節・拍数で表示することが可能

これオマケの機能で小節・拍表示ができるというわけではないんですよ。MIDIタイムコードの入出力はMIDIクロック出力なんかも用意されているから、外部のDAWと完全に同期させるといった使い方も可能になっています。

MIDIタイムコードやMIDIクロックでDAWと同期させることも可能

また、オーディオ編集に関しては、やはり兄弟ソフトであるSound Forgeに任せるのがベストではありますが、VEGAS Proだけでも、そこそこの編集は可能ですし、何よりVSTプラグインが使えてしまうので、これだけで一通りのことはできてしまうんです。もちろん、マルチトラックでオーディオを扱うことができ、VEGAS Pro自身でレコーディングだってできるので、ある種DAW的に使えるといっても過言ではないのです。

オーディオトラックにVSTプラグインを利用することもできる

そんなVEGAS Proですが、VEGAS Pro 16となって新たに追加されたミュージックビデオ作成に便利な機能がありました。その1つが歌詞の流し込み機能です。もちろん、これまでのバージョンでも、「テキストメディアの挿入」という機能があったので、それでフレーズごとに歌詞を入れることは可能でしたし、私自身もその機能を使って入力をしていました。

しかし、最新のVEGAS Pro 16では、「ファイルから字幕を挿入」という機能が搭載されたため、とても効率よく歌詞を入力できるようになったのです。具体的には、まず事前に歌詞のテキストファイルを用意しておきます。Windowsの「メモ帳」などのテキストエディタを使って、歌詞を書いて保存します。Wordなどで書いた場合も、メモ帳にコピぺしてから保存するのが間違いないですね。

あらかじめメモ帳などのテキストエディタで歌詞データを作成

この際のポイントとしては、ビデオ画面に表示する長さごとに区切って、改行していくということ。そして保存する際に、文字コードを標準のANSIではないものにすること。UTF-8あたりにするのが無難ですね。これをしないとVEGAS Pro上で文字化けしてしまうので注意してください。

「ファイルから字幕を挿入」で歌詞データを流し込むことができる

準備ができたら、VEGAS Proの「挿入」メニューの「ファイルから字幕を挿入」を選び、先ほど保存した歌詞ファイルを読み込みます。この際、「プリセット」に「字幕」を設定します。これにより、歌詞ファイルの1行1行がすべて5秒ごとのビデオデータとなって生成されるのです。あとはビデオを見つつ、タイミングが合うようにしていけば、完成です。

1行が5秒の歌詞ビデオになるので、これを調整していく

ただ、VEGAS Pro 16のインストール環境によっては、うまく歌詞が読み込めない場合があるようです。そのときは「メディアジェネレーター」タブを開き、「タイトルおよびテキスト」を選択。ここにある字幕をタイムライン上にドラッグした上で、編集してみます。文字列をすべて選択した上でフォントを設定し、プリセット名を付けて保存すると、うまく行くようでした。

フォントの色や大きさ、縁取りなどの設定も自由にできる

また、この画面においてフォントを変えたり、文字の大きさや色、文字の縁取りなどの設定も変えることができるようになっています。

一方で、今回のVEGAS Pro 16から、動くオブジェクトを自動追跡できるモーション・トラッキング機能なるものが搭載されています。これは、ビデオに映るある特定の人などを追いかけていくという機能です。

特定のオブジェクトを追いかけていくトラッキング機能が搭載された

ベジェマスキングというエフェクトにあるトラッキングを使うことで、最大で5つのオブジェクトまで追いかけていくことが可能となっているのです。たとえば、ここで素材に使ってみたアイドルグループ、d-girlsの場合はメンバーが5人。それぞれの人を指定してトラッキングさせると、メンバーが踊って移動しても、しっかりと追従していくので、それに合わせてスポットライトを当てるといったエフェクト処理を施していくことも可能になるわけです。

もう一つ、紹介したいのが360度映像の編集機能が加わったという点についてです。以前、「ZOOM H3-VRとRICOH THETA SCを組み合わせ、360度動画に音も追従するミュージックPVを作ってみた!」という記事で、やはりd-girlsを素材にグルグルと動かせるビデオを作成したことがありました。このときは、THETA付属の変換ソフトを使って、ちょっと面倒な処理をして作った覚えがありますが、VEGAS Pro 16だと、もっと簡単に作成できるようになっていました。

THETAなどの映像をそのまま読み込ませるとこんなビデオになってしまう

具体的には、THETAやInsta 360などで撮影したビデオ素材を、変換することなく、そのままVEGAS Proに取り込みます。この場合、2つの全天球レンズというものを使って撮影しているため、そのままだと妙な丸いビデオが左右に並んだものとなってしまいます。

そこで、ビデオFXの中から「デュアルフィッシュアイスティッチ」なるものをビデオに設定してみます。ここで左の画像と右の画像の角度を設定して、視野を調整すると、これでキレイにつながるのです。

ディアルフィッシュアイステッチを組み込むことで、グルグル回せる360度映像になる

さらに、プレビュー画面で360度動画スイッチをオンにすると、ここでグルグルと回転させることが可能になるんですね。これを利用することで、断然簡単に360度VRビデオの編集ができるようになります。この手の360度カメラも手ごろな価格になっていますから、これらと組み合わせたミュージックビデオを作ってみるのも面白いと思いますよ。

以上、新機能を中心にVEGAS Pro 16について紹介してみました。冒頭でも紹介した通り、このVEGAS Pro 16は7月18日~28日の期間限定でセールを展開しております。ビデオ編集ソフト本体のみのVEGAS Pro 16 Editからオーサリングツールを組み合わせたVEGAS Pro 16、さらにACID Pro 7やSOUND FORGE Audio Studio 12をセットにしたVEGAS Pro 16 Suiteなど計5種類のラインナップが用意されており、最大割引率91%という、キャンペーンになっています。

さらに購入時に

クーポンコード: dtm_1000_0728

を入力することで、税抜き価格からさらに1,000円引きとなっているので、ぜひ活用してみてくださいね。

上記クーポンコードを入力することで、さらに1,000円引きになる。なおガイドブック単体はクーポン割引の対象外となります

なお、今回、ビデオ素材として使わせてもらったアイドルグループ、d-girlsですが、現在、DTMステーションにてリミックスコンテストを実施中です。締め切りは7月22日と目前に迫ってきていますが、ぜひ参加してみてくださいね。

【関連情報】
VEGAS Pro 16シリーズ・キャンペーンページ
VEGAS Pro 16 Edit 製品情報
VEGAS Pro 16 製品情報
VEGAS Pro 16 Suite 製品情報
d-girls official site
【価格チェック&購入】
◎ソースネクスト ⇒ VEGAS Pro 16 Edit
◎ソースネクスト ⇒ VEGAS Pro 16
◎ソースネクスト ⇒ VEGAS Pro 16 Suite
◎ソースネクスト ⇒ VEGAS Pro 16 Premium Suite
◎ソースネクスト ⇒ VEGAS全製品パック

【関連記事】
DAW感覚で使える映像制作ソフト、VEGAS Pro 15でミュージックPVを作ってみる
ZOOM H3-VRとRICOH THETA SCを組み合わせ、360度動画に音も追従するミュージックPVを作ってみた!
TRANCE系アイドルグループd-girlsのリミックスコンテストを今年も開催!14Trのデータを公開。発表はLIQUIDROOMでのワンマンで