Banner B0
640x200伸縮サイズ
Banner B1
640x200伸縮サイズ
Banner A0(728x90)伸縮サイズ

TRANCE系アイドルグループd-girlsのリミックスコンテストを今年も開催!14Trのデータを公開。発表はLIQUIDROOMでのワンマンで

昨年に続き、今年もTRANCE系アイドルグループのd-girlsDTMステーションの共同でリミックスコンテストを実施します。リミックスコンテストとは、楽曲を構成するドラムやベース、シンセ、ボーカルなどの各要素をDAWを用いて再構成することで、新しい作品に作り替え、その作品の出来を競い合うというもの。今回のリミックスコンテストでは、8月13日に東京・恵比寿のLIQUIDROOMで行うワンマンライブにおいて最優秀作品をd-girls本人たちが歌って踊るという、ユニークな発表形式をとります。

もちろん、優勝者は事前にお知らせするとともにそのライブにご招待するので、自分の作品を大きなステージで存分に堪能することができるのです。どうリミックスするかはユーザーの腕次第。自分で別の楽器のパートを演奏して加えるのもいいし、テンポを変更して大きく雰囲気を変えるのもよし、またコーラスパートを生成して重ねてもいいし、5人のメンバーの歌い方を工夫するのも面白そうです。

昨年に続き、アイドルグループd-girlsのリミックスコンテストを実施

Banner B2
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner B3
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner A1(728x90)
伸縮サイズ

d-girlsには、これまでに何度もDTMステーションの記事制作などに協力いただいているので、ご存知の方も多いと思いますが、改めて紹介すると杉本よしみ(@yoshimi_1106)さん、瀬戸千花(@seto_chika)さん、斉東由奈(@saito_yuna)さん、こだま霞(@kdm_kasumi)さん、百瀬めい(@_momose33)さんの5名で活動するダンスボーカルユニットです。

都内のライブハウスを中心に、全国でライブ活動するとともに、テレビに出演するといったことも出てきている注目のグループ。そのd-girlsが今回のリミックスコンテスト用にマルチトラックデータを提供してくれたのが「d-grils’19」というアルバムに収録されている1曲目「Smile again」です。

上記ビデオをご覧いただくとわかる通り、5分ちょうどの楽曲で、作編曲はd-girlsのプロデューサーでもあるdenchu(@denchu__)さん、そして作詞はd-girlsのリーダーである杉本よしみさん。こうした楽曲のマルチデータが丸ごと公開されるというケースはあまりないと思いますが、全14トラックが5分まるごと44.1kHz/24bitのWAVファイルの形で入手できるようになっています。

昨年8月に赤坂BLITZで行われたd-girlsのワンマンライブ

ファイルとしては以下の通りで、ドラムで3トラック、ベースで2トラック、シンセも2トラック、SE音も2トラックあるほか、メンバー5人のボーカルがそれぞれ別々に収録されています。

01-kick-snare.wav
02-hh-cym.wav
03-etc-dr.wav
04-bass1.wav
05-bass2.wav
06-synth1.wav
07-synth2.wav
08-se1.wav
09-se2.wav
10-yoshimi-vo.wav
11-chika-vo.wav
12-yuna-vo.wav
13-kasumi-vo.wav
14-mei-vo.wav

実はオリジナルにおいては、杉本よしみさんのソロボーカル作品なのですが、オリジナルには入っていないボーカル素材が入っているというのもちょっと面白いところ。このリミックスコンテストのために、ほかの4人のメンバーのボーカルを先日個別に収録したので、いろいろな工夫ができるはず。

DAWにテンポ150で全トラックを読み込めば、そのまま各トラックが同期した形で再生できる

d-girlsのライブをご覧になった方ならご存知だと思いますが、d-girlsは杉本よしみさんと瀬戸千花さんの2人が歌うことがほとんどなので、ほかの3人のソロボーカルというのはちょっとレアケース。しかも、加工していない生の歌声なので、これをどう活用するかは作品制作における大きな決め手になるかもしれませんね。もちろんMelodyneやAutoーTuneなどを使ってピッチを変えてコーラスパートを作成するというのもいいと思いますよ。

コーラスパートを作成したり、ピッチ補正するのも手

ちなみに楽曲のBPMは150となっているので、DAWのテンポ設定を150にした上で、14トラックすべて頭で揃えれば、ピッタリと合った形で再生できるので、まずはここから始めてみると良さそうです。

d-girlsの事務所側からは、以下のコメントをもらっています。

ダウンロードした素材を自由に使ってリミックスしてください。原曲にとらわれず自由にリミックスしていただいて構いません。
今回のリミックスに合わせて、振付も新たにつけ直す予定ですので、原曲を大幅に変えてもまったく問題はありませんし、むしろ大歓迎です!
ただし、ステージでd-girlsのメンバーが歌って踊るため、パフォーマンスのことを考えて、リミックスしていただけると嬉しいです。ぜひ、アイドルをプロデュースする気持ちでリミックスしていただければと思います。

冒頭でも紹介したとおり、最優秀作品はLIQUIDROOMのライブ内で、d-girlsが歌って踊る形で発表になります。またその部分も含め、ライブ映像は後日DVD化される予定なので、そこも楽しみなところです。

完成した結果もwavファイルとして書き出してください。この際、ボーカル入りのリミックスファイルのほかに、ボーカルをミュートしたオフボーカルファイルの作成もお願いします。というのも、これを8月13日のライブステージ上で歌うので、カラオケ版も必要というわけなのです。

この2つのwavファイルはそれなりの大きさになると思うので、Giga File便を活用の上、それぞれアップロードしてください。この際得られるURLを以下のメールアドレスまでお送りください。

d-girls@dtmstation.com

また、このGiga File便のURLのほかに

お名前:(ハンドルでも可)
メールアドレス:
その他連絡先:(電話、Twitterなどメールで連絡が取れないときのための予備)
制作環境(任意):使用したDAWやプラグイン、ピッチ補正ソフトなど
コメント:

をお送りください。コメント欄には、どんな思いでリミックスしたのか、工夫したポイント、使用したDAW、d-girlsへのメッセージなど何でも結構です。

なお、1つ注意点があります。それは、このダウンロードした素材自体はもちろんのこと、リミックスした作品をYouTubeやSoundcloudなどへアップロードすることは禁止されているという点です。もちろんCDにして販売したり再配布することなども厳禁です。無料で公開はしていますが、著作権があるからです。この点は、ぜひご留意ください。もっとも、ご自身で楽しんでいただく分には、まったく問題ありませんので、気軽にダウンロードし、楽曲構成などを研究してみるのもDTM的には面白いと思いますよ。

昨年同様、最優秀作品は8月13日のツアーファイナルステージで発表される

一方で、せっかくいろいろな作品が集まるのであれば、他の人の作品を聴いてみたいと思う方も多いと思います。そこである程度チョイスした上で、YouTubeなどで公開していくことも検討しています(その場合、制作した方には事前にご連絡いたします)。

ぜひ、多くの方の作品をお待ちしております。

【素材ダウンロード】
http://futuredrive.jp/remix/Smileagain-BPM150.zip

【コンテスト応募情報】
応募先:d-girls@dtmstation.com
締め切り:7月22日 午前10:00
【記載事項】

お名前:(ハンドルでも可)
メールアドレス:
その他連絡先:(電話、Twitterなどメールで連絡が取れないときのための予備)

ダウンロードURL:(Giga File便を利用)
制作環境:(※記載は任意です)
コメント:(アピールしたいポイントなど自由記述)

【関連情報】
d-girls公式サイト
d-girlsリミックスコンテスト特設ページ

【d-girls全国ツアーファイナル単独公演情報】
d-girls全国ツアー2019ツアーファイナル
d-girls単独公演
2019.8.13(火)
LIQUIDROOM
開場 18:00 / 開演 19:00
料金:前売り券:3,000円/プレイガイド:3,000円/当日券:4,000円(別途入場時ドリンク代)
出演:d-girls
※入場順は下記の順になります。
プレイガイド整理番号順 → 前売り整理番号順 → 当日券整理番号順
【関連記事】
TRANCE系アイドルグループd-girlsのリミックスコンテスト!優勝者は赤坂BLITZでのワンマンで作品披露&ご招待
Cubaseによるパラ出しで赤坂BLITZのライブを演出。アイドルグループd-girlsのリミックスコンテスト結果はCDで発表に!
ZOOM H3-VRとRICOH THETA SCを組み合わせ、360度動画に音も追従するミュージックPVを作ってみた!
DAW感覚で使える映像制作ソフト、VEGAS Pro 15でミュージックPVを作ってみる。今なら90%オフの3,990円って狂気の沙汰!?

Commentsこの記事についたコメント

4件のコメント
  • ・・・

    昨年は84作品も応募があったんですよね。自分もひどく未熟なものをお送りして落ちましたが笑、それは納得しています。今年はトラック数も倍増以上、16bit→24bit、曲も長くなり、より本格化している印象です。
    去年このイベントで知ったd-girlsさん、ファンになりました。在宅(型ファン)なので、売り上げには微小な貢献しか出来ていませんが、藤本さんには、d-girlsを教えて下さったことも、大変感謝しております。トランスは魅力ありますよね。
    自分は、このコンテストは今年はパスかなと思っていますが、みなさんガッツがあるので、またたくさんの応募がきっとあるでしょう。良い作品が沢山生まれることを、切にお祈りしています。個人的には、あまり(あまりですよ)テンポが変わらない、トランスらしい作品を、今年はグランプリに選んでほしいなという、願いはあります。大変失礼しました。頑張れd-girls!

    2019年6月30日 1:03 PM
  • 藤本 健

    ・・・さん

    コメントありがとうございます。今年どんな作品が集まるのか、楽しみなところです。
    ぜひ、今年も参加してください!
    d-girlsも、ぜひ何かの機会に見に行ってあげてくださいね!

    2019年6月30日 5:43 PM
  • Joek

    たった今リミックスを応募させていただきましたが、d-girlsさんのオフィシャルサイトに載っている応募先(d-girls@dtmstation.sakura.ne.jp)とこちらのブログの応募先(d-girls@dtmstation.com)が微妙に違うことに気がつきました。
    自分はオフィシャルサイトに書かれていた応募先に送信しましたが、どちらの応募先でもよかったのでしょうか…?(^▽^;)

    2019年7月16日 10:50 PM
    • 藤本 健

      Joekさん

      ご応募ありがとうございます。すみません、2つあったようですが、実質的には同じです。
      d-girlsサイトのほうを修正してもらおうと思います。
      また、受取確認後、直接ご連絡させていただきますので、少しお待ちください。

      藤本

      2019年7月17日 1:09 AM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です