Banner B0
640x200伸縮サイズ
Banner B1
640x200伸縮サイズ
Banner A0(728x90)伸縮サイズ
  • Function Loopsが510MB・228ファイルのループ素材を無料配布中

テックハウス、プログレッシヴハウス、サイケデリックトランス向けサウンド素材、さらにはシネマティックなトラック制作にも役立つサウンド素材など、エレクトロに特化したサウンドサンプル、音源を扱っている2011年設立のディベロッパー、Function Loops。国内では、SONICWIREが約300種類のサンプルパックを扱っています。

そのFunction Loopsから先日連絡があり、日本国内での認知向上のため、DTMステーション用にループ素材を配布できるようにしたので、ぜひ紹介してほしい、とのこと。中身をチェックしてみたところ、使えそうな素材もいっぱいだったので、簡単に紹介してみましょう。

fFunction Loopsがループ素材集を無料で配布中

Banner B2
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner B3
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner A1(728x90)
伸縮サイズ

Function Loopsが今回、プロモーションのため無料配布しているのは

Chill Hop
Dubstep & Riddim
EDM
PopPsytrance
Reggaeton
Tech HouseTechno
Trap

の9カテゴリーのループ素材。

それぞれのフォルダに整理されて入っているのは

ループ素材WAVファイル 228
MIDIファイル  24
デモデータ   7

といった構成で全510MBです。ループ素材のWAVファイルをチェックしてみたところ、いずれも44.1kHz/24bitというファイル形式で、そのほとんどがACIDizedデータとなっています。またデモデータというのは、これらループ素材を用いて実際に作られた曲のWAVデータなので、これも参考になるかと思います

ダウンロードは、以下のリンクをたどって、DTMステーション用のページに飛びます。

このページにあるDOWNLOAD YOUR FREE SOUNDSというボタンをクリックします。

Downloadボタンをクリック

すると、ダウンロード画面に移るので、Downloadボタンをクリックすると、ダウンロードがスタートします。

Downloadボタンをクリックすれば、ループ素材集を入手できる

試してみれば分かるとおり、このダウンロードにおいて、メールアドレスや名前などを聞かれることはありませんし、Google、FacebookやTwitterなどアカウント情報を必要とされることもありません。

ダウンロードした結果はZipファイルとなっているので、これを解凍すれば、これらの素材を取り出すことが可能です。

Cubase Pro 10.5に貼り付けてみると、こんな感じですぐに使える

たとえば先日発売されたCubase Pro 10.5に読み込んでみると、そのまま即戦力としても使えそうです。もちろん、Studio One 4.5でも、Ability ProでもどのDAWでもすぐに使うことができますね。

無料ですし、試しに入手してみてはいかがでしょうか?

【関連情報】
Function Loopsフリー素材配布ページ
Function Loopsサイト

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です