Banner B0
640x200伸縮サイズ
Banner B1
640x200伸縮サイズ
Banner A0(728x90)伸縮サイズ

超高音質電話、ひかりDUETTOが生み出すオンライン音楽制作の世界

東京にいながら大阪のメンバーとセッションができたら…」、「北海道から福岡に引っ越してしまった友達と一緒にレコーディングができたら…」、そんな夢のような世界を実現できるシステムがNTT東日本、NTT西日本の各社から発売されました。それが、以前にも少し紹介した「ひかりDUETTO」です。

 

といっても実はとってもシンプルなシステム。一言でいえば、まさに“超高音質電話”であり、「NY1」という専用の電話機を使い、相手の電話番号に電話をして繋いだらおしまい。そこは従来の電話とはまったく違う、新たな異次元空間なのです。相手は見えないのに、同じスタジオの中にいる感じで音が聴こえ、いっしょに演奏ができるこの感覚は体験してみないと、なかなか分からないかもしれません。これをどうしても使いたかったので、私のウチの光回線を「auひかり」から「フレッツ光ネクスト」に乗り換え、導入してみました。


ついに入手した、ひかりDUETTOの端末、NY1


Banner B2
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner B3
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner A1(728x90)
伸縮サイズ

Amazonでも購入可能な専用端末「NY1NTTXStoreでも扱っていて、こちらのほうが安いようです。3月現在40,740円)ウチに届いたのでさっそく箱を開けて取り出すと、まさにお弁当箱サイズの機材。操作ボタンやツマミなどはすべてトップパネルにあり、リアに入出力端子、ETHERNET接続端子などが並んでいます。


お弁当箱サイズのNY1のトップパネルにはボタンやツマミが並んでいる

入力は標準ジャックでもXLRのキャノンジャックでも接続可能なコンボジャックがINPUT 1、INPUT 2と2つ、出力はRCAピンジャックによるLとR、それにステレオミニジャックでのヘッドホンアウトとなっており、2IN/2OUTという構成です。


リアパネルにはコンボジャック入力とライン出力がある

 

このうちINPUT 1はボタン操作でHi-Z入力、つまりギターとの直結が可能になっています。またINPUT 1、INPUT 2ともにPHANTOMスイッチをオンにすることでファンタム電源を供給できるからコンデンサマイクとの接続も可能となっています。また、それぞれの入力レベルもトップパネルにあるツマミで調整可能です。

一方、電話とはいえ、受話器がついているわけではありません。楽器やマイク、アンプ、ヘッドホンと接続して通話(いや“通音楽”ですかね!?)ができるようになっているのです。


powered by YAMAHAのロゴが刻印されている

でも楽器機材と無縁のNTTのシステムで、音楽的な音質は大丈夫なの?」と感じる人もいるかもしれません。そこは心配ありません!この入出力を見ても想像できたと思いますが、これはYAMAHAが開発した機材であり、音質はYAMAHAのオーディオインターフェイスのクォリティー。「powered by YAMAHA」というロゴも入っているのも確認できますね。

 

前述のとおり、これを使うには、NTTの光回線である、フレッツ光ネクストが必要となるので、事前に工事をしてもらったわけですが、これ自体はいたって普通の光回線。私はプロバイダ経由で申し込みましたが、量販店の店頭で申し込んでも、ネット経由で申し込んでも同じ。ひかりDUETTOを使うための申請なども一切不要です。

普通にインターネットが使える環境においてNY1にLANケーブルを接続すれば、これでセッティング完了。この状態で、NY1で相手先の電話番号を押し通話ボタンを押したら、呼び出し音が鳴ります。そして相手が取れば、ついに異次元空間へと繋がるわけですね。


普通に電話をかけるように、ダイヤルすれば繋がる

 

1回目は大阪と、2回目は東京と接続してみましたが、本当に目の前にいるような感覚です。ノイズもまったくなく、非常にクリアな音。とりあえず試してみたのはちょっとした実験ということで、私はドラムを叩き、東京側ではギターを弾いてもらってのリズムセクションでのセッションでしたが、気持ちいいですね。

マイクを使って歌うこともできるし、もちろんスタジオ内にいる感じで話をすることもできますが、本当にリアルで遠くにいるとは信じられないほどですよ。


マイクやドラム、ヘッドホンなどを接続

ここではINPUT 1にRolandのV-Drumsを接続し、INPUT 2にはコンデンサマイクを接続。音はヘッドホンでモニターしました。相手側もマイクとベースをそれぞれ繋いでヘッドホンで聴くという形状だったので、コンピュータも使わないし、ミキサーも使っていないという極めてシンプルな構成です。ドラム演奏時、私のほうのマイクが、ドラムパットを叩くコツコツという音を思い切り拾ってしまうので、演奏中はマイクレベルを絞りましたが、それだけリアルに音が伝わるわけですね。


こちらはドラム、相手はギターで2人でセッションしてみた

 

ただ1点気になったのは、入力レベルを絞っても完全にオフになるわけではないこと。そのため端子を抜き差しする際にブチッという音が伝わってしまうのが気になりましたが、これはNTT側の仕様とのことでした。

 

ちなみに自分と相手側の音量レベルのバランスは、MIXというツマミで調整することができます。また、ヘッドホンの出力レベルはPHONESツマミで調整するのですが、結構ヘッドホンアンプの出力レベルが大きくできるのも嬉しいところです。

 

実際に使っていて、音の遅れはまったく気になりませんでしたが、NTTによると東京・大阪間だと18msec程度とのことです。このレイテンシーにおいて16bit/44.1kHzでオーディオ伝送ができるというシステムなので、セッションでもレコーディングでも、さまざまな用途で使えますよね。また、普通の電話とどのくらい音質が違うのかを試すために同じ音を電話、ひかりDUETTOのそれぞれで送って比較してみたので、以下のビデオを見てみてください。

 

気になる通話料金は普通の電話と同じなので、全国どこにかけても同じ3分で8.4円で、ひかりDUETTO用のオプション料といったものも一切ありません。ただし、NY1から電話がかけられる相手はNY1が設置されているところのみ。試しに自分の携帯電話などにかけてみましたが、呼び出し音すら鳴りませんでした。

 

このように、ひかりDUETTOは光回線を利用し、1対1で接続することを基本とするシステムなのですが、IPv6を用いた「フレッツ・v6オプションモード」、インターネットを介した「IPv4インターネットモード」というものも備えており、これらを使うことで最大4か所を接続することが可能になります。


IPv4インターネットモードでNETDUETTOβとの接続も可能

 

まだ、この辺、私もしっかり試せているわけではないのですが、このうち「IPv4インターネットモード」というのは、これまでも何度か紹介してきたNETDUETTOβと互換性があるもので、PCのNETDUETTOβユーザーとの接続も可能となっています(ニコ生セッション♪との連携は現状できないのですが)。この辺もいずれレポートしてみたいと思っています。

【関連情報】
ひかりDUETTO(NTT東日本)
ひかりDUETTO(NTT西日本)

【関連記事】

ついに出た!ネットセッションを可能にするNETDUETTOのハードウェア版
ネット越しにバンド活動ができるNETDUETTO βは楽しすぎる!

【製品販売サイト】

ひかりDUETTO NY1/東日本(NTTXStore)
ひかりDUETTO NY1/西日本(NTTXStore)

 


Commentsこの記事についたコメント

7件のコメント
  • DJパターサン

    ひかりDUETTOを使った「通話」に替わる名称として、「通奏」というのを
    提案したいのですがいかがでしょう?

    2013年3月16日 3:44 PM
  • 藤本健

    DJパターサンさん
    「通話」ならぬ「通奏」、いいですね(笑)。
    でも、ネットセッションとか言ったほうが、通じやすいかも!?

    2013年3月16日 9:05 PM
  • opo

    すごい!音質も素晴らしいし、なんか近未来みたいですね。いや、現実なんだ。すごい。お互いがNTTひかりじゃないとダメなんですよね?
    http://www.dtmstation.com/archives/51718974.html?1363524866
    に ProToolsのことでコメントしました。 

    2013年3月17日 10:04 PM
  • Jimi♪

    あんまり語られてませんけど、レコーディングならCubase7とVST Connect SE Performer(無償配布)でサンプル単位の精度で同期Rec出来るらしいです。試してみたことはないですが
    プラグインなので、Cubase本体に組み込まれてるわけではないですし、ひょっとするとYAMAHAのNETDUETTOが絡んでる?って思ったんですけど
    どうなんでしょね

    2013年3月20日 9:00 PM
  • 藤本健

    Jimiさん
    先日のUpdateで使えるようになったのでは、と思っているのですが、当初のバージョン、うまく接続できなくて…。
    で、CubaseとNetduettoは無関係のようですよ。またNetduettoは非圧縮だけど、CubaseのVST Connectは圧縮(MP3だっけ?)のようですよ。今度ちゃんとやってみるつもりですが…。

    2013年3月20日 11:00 PM
  • Jimi♪

    なるほど。Netduet、IP接続でも非圧縮なんですか?

    2013年3月22日 3:58 AM
  • 藤本健

    Jimiさん
    はい、Netduetto、IP接続でも非圧縮ですよ。
    IP接続は、このひかりDUETTOというハードを使うこともできるし、YAMAHAがフリーで配布しているNetdueto βを使うことができますが、いずれも非圧縮の44.1kHz、16bitです。ただし、モード選択があって、回線速度が遅い場合は、22.05kHzにしたり、圧縮にしたりもできますが、そういう回線にはあまり向かないというのも実情です。私が使う場合は、基本的には非圧縮ですね。

    2013年3月23日 2:38 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です