Banner B0
640x200伸縮サイズ
Banner B1
640x200伸縮サイズ
Banner A0(728x90)伸縮サイズ

ついに出た!ネットセッションを可能にするNETDUETTOのハードウェア版

以前、「ネット越しにバンド活動ができるNETDUETTO βは楽しすぎる!」という記事や「ニコ生セッション♪で生バンドやろうよ!」という記事でも紹介したことのある、YAMAHAのNETDUETTO。遠隔地にいる人同士でリアルタイムにセッションができるというもので、現在の技術、通信環境で実現した、まさに夢のシステム。私自身も、この10年で一番感激したシステムだと断言できるものです。

 

そのNETDUETTOの、ハードウェア版であり、確実に安定したセッションを実現できるシステム「ひかりDUETTO NY1」なるものが、NTT西日本・NTT東日本から49,800円(工事費は別)という価格で発売されました。私もまだ実物を見ていないのですが、発表された内容を元に、どんなものなのかをちょっと紹介してみましょう。


NTTから49,800円で発売された「ひかりDUDETTO NY1」


Banner B2
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner B3
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner A1(728x90)
伸縮サイズ

まずNETDUETTOには、YAMAHAからフリーウェアで配布されていて、ニコ生セッション♪でも利用されるインターネット版のNETDUETTO βと、今回登場したNGN(次世代ネットワーク:サービスとしてはNTTのフレッツ光ネクスト、フレッツ光ライトが相当する)に対応したシステムであるNETDUETTOの2種類が存在します。βという名称から、「正式版リリース前の開発途中版では?」と思ってしまうかもしれませんが、まずは別モノと考えるのがいいようですね。

 

NGN版のNETDUETTOについては、「向谷実さんも太鼓判を押すNGN×NETDUETTOとは?」という記事で紹介したとおり、2011年3月に発表され、楽器フェアほか、いろいろなイベントで披露されていました。また、練習スタジオのStudio246Sound Studio NOAHに実験的に導入されたり、遠隔カラオケサービスの実験として「DAM倶楽部 高円寺」というところで活用されるなど、少しずつ使われ始めていた。ただ、ここには専用の大きな機材が導入されており、あくまでも業務用という位置づけだったのです。


これまで使われていたNETDUETTOのシステム。これが今回コンパクトサイズになったのだ

 

しかし、その業務用の機材をそっくりそのままコンパクトにし、個人でも導入可能なハードウェアにしたのが、今回発表された「ひかりDUETTO NY1」(以下NY1)なのです。しかも、このNY1は、ある意味、業務用で入っていた大きな機材よりも高機能で、汎用性が高くなっているのです。そう、業務用の機材はNGNを使って、東京と大阪など、2拠点を接続して、使うシステムであったのに対し、NY1では、2拠点を接続するモードのほかにも2つのモードが装備され、4拠点をつないだセッションも可能になっているのです。


ひかり電話モード」では2拠点を接続する

 

まず、その2拠点を接続するのが「ひかり電話モード」。これはNTTの「ひかり電話」を使い、電話番号を入力して、相手と電話回線でつないで通信を行うというもの。


「ひかり電話モード」では、NY1の機能を使って、接続相手に電話をかける

この場合は、接続時間に伴い所定の通話料金がかかりますが、通信を優先制御/帯域確保するので、遠隔地であっても、高品位なセッションが可能になります。


「フレッツ・v6オプションモード」ではv6オプションを用いて安定的に4拠点まで接続できる 

 

2つ目は「フレッツ・v6オプションモード」。これはNTTが2011年7月からスタートしたフレッツ光ネクストにおけるIPv6アドレス接続のオプションサービスを使ったシステムで、最大4拠点まで接続できるというもの。現在、フレッツ・v6オプションが提供されていないエリアもあるようなので、接続可能なエリアは限られますが、まったく新しいサービスモードといえそうです。


NETDUETTO βとの混在も可能な「インターネットモード」 

 

そして3つ目は「インターネットモード」これは、NGNに限らず、インターネット回線も利用できるというものであり、前述のNETDUETTO βと同じ仕組みのシステム。実際、NETDUETTO βとの接続も可能であり、より気軽に利用できるというものですね。ただし、インターネット回線だと、ひかり電話モードやフレッツ・v6オプションモードと比較して、安定性で劣るため、通信が途切れたり、レイテンシー(音の遅延)が大きくなったり、音質が落ちたりする可能性もある、とのことです。

 

とはいえ、私自身、ニコ生セッション♪を使っていて感じるのは、設定の方法がよく分からなくて、レイテンシーが大きくなったり、音質が悪くなってしまっている人が多いということ。この点ではハードウェアシステムとして提供されるNY1のメリットは大きいと思います。

 

そう、ソフトウェアのインストールやドライバの設定、ASIOの設定……といった面倒な作業が不要なので、初心者でも安心して使えるのはいいですよね。もっとも、現在、ニコ生セッション♪には対応していないので、仲間内で使うか、別の手段でセッション相手を探す必要はあるのですが……。

 

今度、ぜひ、実際にNY1を使ってみてのレポートなどができればいいな、と思っているところです。

 

 

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です