Banner B0
640x200伸縮サイズ
Banner B1
640x200伸縮サイズ
Banner A0(728x90)伸縮サイズ

向谷実さんも太鼓判を押すNGN×NETDUETTOとは?

先日紹介した六本木ヒルズでオープンしているボーカロイドカフェ。その初日に、「NGN×NETDUETTO」という発表会が行われました。すでに1月からサービスが開始されているNETDUETTOβやそれを利用したニコ生セッション♪についてはご存知の方も多いと思いますが、ネット越しにセッションができるという画期的なもの。

今回発表されたのは、有償のプロ版ともいえるもので、実演のためにカシオペアの向谷実さんがステージに登場。本番直前のリハで初めて使ったという、ほぼブッツケ本番でしたが、さすが業務用NETDUETTOという素晴らしい演奏が繰り広げられました。


ボカロカフェで向谷さんが演奏


Banner B2
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner B3
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner A1(728x90)
伸縮サイズ

NETDUETTOβの詳細についてはAV Watchの記事にも書いたので、ここでは割愛しますが、ヤマハのY2 PROJECTによって現在無償で提供されているサービスです。それに対して今回登場したNGN×NETDUETTOは、「βが取れて正式版としてリリースされた」というわけではありません。ネット越しにセッションできるというコンセプトや基本技術は同じですが、まったく別のサービスと考えたほうがいいようです。


NGN×NETDUETTOって何?

ボーカロイドカフェの会場では、ヤマハNTT東日本NTT西日本の偉い人たちが壇上に立ち、三社による協業として「NGN×NETDUETTO」というサービスを開始することが発表されました。これはインターネットではなく、NTTのNGN(次世代ネットワーク)=フレッツ光ネクストを使うことで、より確実により小さなレイテンシーで接続できるNETDUETTOサービスです。


ヤマハとNTT東西の偉い人たちが壇上で共同発表

さっそく実演を行ったのが、その向谷さん。会場にいるのはキーボードを演奏する向谷さんとギター、大阪にはドラムとベースのリズム隊という4人のメンバー構成でセッションを行っていきました。実は私自身は、まさに初めてというリハのところから見ていたのですが、最初はちょっと恐る恐るスタートという感じ。しかし、実際やってみるとまったく問題なかったようで、アップテンポの16ビート裏打ちというかなり難しいリズムの演奏もバッチリ決まり、見ているほうも感激です。


東京と大阪に分かれ向谷実さんたちが演奏


ドラムとベースは大阪。画面の背後には大阪城が

ステージ終了後、向谷さんを捕まえて、少し話を聞いてみたところ、NETDUETTOβ公開前にインターネット版は使ったことがあったそうです。ただ、東京-神奈川の接続ではあったけれど、不安定さがあって、仕事に使うのは難しいと思ったとのこと。ちなみにそのときの回線は東京の向谷さん側は光回線、神奈川のギタリストはCATV回線だったそうです。しかし、今回はまったく問題はなく、スタジオレベル。コントロールルームとスタジオみたいな感覚だから、これなら普通に仕事に使えるというお話でした。


16ビートの裏打ちでも問題ないと、向谷さん

実際、当日の東京・大阪の片道でのレイテンシーは16~17msec。もちろんオーディオI/F部分も合わせてのレイテンシーですから、すごいですよね。さらに、その翌日に、六本木の会場と渋谷を接続しての実演も行われていたのですが、そちらは距離が近い分レイテンシーはなんと10msec。驚異的です。

やはり、ここで気になるのは、一般ユーザーが利用可能なのかいくらくらいかかるのかシステムはどのように揃えればいいのか、さらにはNETDUETTOβとの共存が可能か、といった点です。発表会では、こうした点があまり解説されていませんでしたが、翌日、Y2 PROJECTとNTT西日本の担当者に話を聞いてみました。


フレッツ光ネクストを使って1対1で接続

結論からすると、直接エンドユーザー向けのビジネスではないので、対象はスタジオなどの企業になるそうです。私たち一般ユーザーは、このシステムが入ったスタジオなどを見つけて試すことができるとのこと。すでに関西のStudio246や東京のSound Studio NOAHでデモが行われているので対応スタジオにいけば、誰でも遠隔地セッションができるようです。

また、導入企業はNTTからのコンサルティングを受ける形でシステム設計をした機材を導入していくことになります。最も現時点では専用のハードウェアがあるわけではなく、NETDUETTOベータで使う機材と基本同じみたいでした。またNTTとはフレッツ光ネクストとひかり電話の契約を行った上で、電話をかけるような形で、3分8.4円の通信料がかかるとのことです。そのため、1対1での接続が基本であり、NETDUETTOβのように、4地点にいる人たちでのセッションというのはできません。もちろん、インターネットを使うわけではありませんからNETDUETTOβと接続するということはできないそうです。

【関連サイト】
Y2 PROJECT

【関連記事】
DAL:第410回:ネット経由でセッション、Y2 PROJECTの「NETDUETTO」
DAL:第447回:ニコニコ生放送で、遠隔音楽セッション
DAL:第449回:NETDUETTOで“けいおん!! バンド”を結成してみた

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です