Banner B0
640x200伸縮サイズ
Banner B1
640x200伸縮サイズ
Banner A0(728x90)伸縮サイズ

SC-88Pro復刻版がVST/AUで登場だ!Sound Canvas VAがお披露目

今年1月に登場して大きな話題になったSound Canvas for iOS。往年の名機、SC-88Proそっくりのユーザーインターフェイスを持ち、SC-88ProSC-55SC-8820の音色マップをすべて網羅する形で誕生したこの音源は、国内はもちろん、海外でも大ヒットとなりました。そうした中、当初から「VSTやAudioUnitsに対応したプラグイン版が欲しい!」という声は多くありましたが、ついにそのプラグイン版「Sound Canvas VA」がRolandから登場することになりました。

 

その詳細は11月7日、8日に東京・渋谷で開催される楽器のイベント「Music Park 2015」に参考出品という形で登場して、明らかになりますが、一足早く、その情報を得ることができたので、速報版としてお伝えしましょう。


ついにVST/AU版のSound Canvas VAが誕生する


Banner B2
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner B3
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner A1(728x90)
伸縮サイズ

年末予定で登場するSound Canvas VAは、WindowsのVST環境およびMacのAudioUnits/VST環境(64bit/32bit)で動作するプラグイン型の音源(「VA」はVST・AudioUnitsの略だそうです)。ローランドは「SC-88Proの復刻版ではなく、Sound Canvasシリーズとして出す新たな音源です」としていますが、見れば分かる通り、ユーザーインターフェイスはSC-88Proそのもの。


Sound Canvas for iOSのエンジンがVST/AU版でも採用される

厳密にはSC-88Proと音色が完全に同じというわけではなく、当時の音色を元に、最新のシンセサイザエンジンを使って鳴らすので、より高品位なサウンドになるのが一つのポイント。そのサウンドエンジンはiPadやiPhoneで動くSound Canvas for iOSと同じものが採用されているとのことです。


Music ParkではAbility上で動作するSound Canvas VAが展示される

 

そのSound Canvas for iOSも、これを単独で使うだけでなく、MIDIを使ってPCと接続して鳴らす人も多かったと思いますが、やはり多くの方にとっての目的は、昔のMIDIデータを現在の環境で再生して、再現させるということ。その意味では、やはり本命はWindowsやMac上で鳴らすことだったわけですが、そのための環境がいよいよ整うわけです。


音色マップにはSC-88Proのほか、SC-8820、SC-88、SC-55など用意されている

 

ではSound Canvas VAとSound Canvas for iOSには、どんな違いがあるのでしょうか?まずはiOS版にあったMIDIファイルのプレイヤー機能が削除されるとともに、スタンドアロンで動作させることはできないため、DAWなどのVST/AUのホストが必要となります。


トーンエディタを用いることで、音色のエディットも手軽にできるようになる

 

一方、iOS版にはなかった各種トーンエディタが搭載されたのは大きなポイント。SC-88Proなどの実機でも同様に単体で音色エディットをする機能はありましたが、あくまでも本体搭載の小さく、荒い液晶画面で操作するしかなかったわけですが、Sound Canvas VAでは各パラメータがツマミやスイッチの形で操作できるため、圧倒的に使いやすくなっています。


CPUパワーがある限り、複数のSound Canvas VAを起動して使うことができる。Cubase上でも動作は安定 

 

また、プラグイン化したことによる大きなメリットとしては、Sound Canvas VAを複数起動させることができるが挙げられます。iOS版では、見た目はSC-88ProでありながらもMIDI16ch分しか使うことができず、仕様的にはSC-55mkIIなどと近いものでした。しかし、DAW上で2つのSound Canvas VAを起動させれば、32ch分使うことができ、SC-88Proと同等(以上)になるほか、必要あれば64chでも128chでも、マシンパワーが許す限り、いくらでも起動して使うことも可能です。


エフェクトに関する細かな設定もSound Canvas VA上で行える

 

あとはDAW側の機能によるところは大きいですが、別のプラグインエフェクトと組み合わせて使用することも簡単にできるし、再生した音をオーディオファイル化するのも、iOS上よりはるかに簡単に行うことができます。

 

ただし、DAWによっては、扱いにくいケースもあるようです。というのは、プラグインに対してMIDIシステム・エクスクルーシブ信号を送ることができないDAWがあるからです。昔のデータの場合、曲の頭に音色パラメータを一気に送り出し、音色設定してから再生をする…というものが数多くありましたが、その音色パラメータが無視されてしまうことが少なくないのです。

 

たとえばLogicやStudioOneなどがそれに当たるようですが、そうした問題を回避するために、Sound Canvas VA自体でMIDIシステム・エクスクルーシブメッセージ入りのMIDIファイルを読み込み、それを事前に設定してしまうという機能が用意されているようです。この辺のDAWとの互換性については、ローランドでも現在検証中とのことでした。

 

その他、詳細についてはMusic Park 2015のローランドブースにおいては参考出品の形でデモを行っているようななので、そこで確認してみてください。また詳細が分かりしだい、より突っ込んだ記事を書いてみたいと思っています。

【関連記事】

楽器フェアで参考出品!RolandがSound Canvasを復刻だ!
Sound Canvas for iOS登場に合わせてFMIDIが復活!?
Sound Canvas for iOS徹底活用術[基本編] ~ ついに発売!僕らのGS音源が帰ってきたぞ!
Sound Canvas for iOS徹底活用術[応用編] ~ 外部音源としてコントロール、レコポ・クローンも!?

Sound Canvas for iOS徹底活用術[発展編] ~ ついにIAA、Audiobus対応。オーディオ化の手順を完全解説

【関連情報】
Music Park 2015情報

【ダウンロード購入】
Sound Canvas VA

 

Commentsこの記事についたコメント

9件のコメント
  • GC3

    数日前から来そうな雰囲気がありましたが、やはり来ましたか
    ついにRolandも腰を上げてくれたという思いですね
    ABILITYについてくるINVSCはシステムエクスクルーシブを受け付けるようなので、たぶん大丈夫なんですかね?
    あとは価格次第(^^;

    2015年11月7日 3:21 PM
  • ついにVSTで出ましたか。
    小生、今までGM音色はサウンドフォントを使ってましたが、これからはパチプロ一本になりそうです。
    ところで、ヤマハさんは出す予定ないですかね、わたしMUの音が好きなんですが。。

    2015年11月7日 10:16 PM
  • 藤本健

    ぬさん
    そうですね、ヤマハも出してくれると、楽しくなるのですが、今のところ、そうした情報はないですね。

    2015年11月8日 9:22 AM
  • たうざぁ

    正直出るとは思ってなかったのでびっくりです。
    初代VSCもVSTプラグインは普通に動くので入れてますが、さすがに音質など今の水準では微妙なところもありますし。
    あとは価格ですね。iOS用と大差ない値段で出してくれると助かるのですが。

    2015年11月8日 9:56 AM
  • pal8000

    名前から、ヤマハが過去に発表したVirtual Acoustic音源かと思いましたが、違ってました。
    ソフトウェア音源は、大昔のレイテンシーが気になって食わず嫌いのままですが、
    製品もいろいろ出ている様ですし、最近のPCの性能なら問題ないのでしょうね。
    本製品、どの程度の遅れが出るものなのか、ご存じでしたら教えてください。
    Rolandの旧製品の音源ドライバは、新しいOSへのサポートが手薄になって
    しまいましたし、ハードがいつダメになるかも知れませんから、試す価値は
    ありそうです。
    ノートPC単体で持ち歩ける環境も試してみたいので、気になるのは価格ですね。

    2015年11月8日 10:55 AM
  • さば

    Virtual Sound Canvasは犠牲になったのだ・・・

    2015年11月9日 9:43 AM
  • へっぽこ

    単に昔の音源で聞きたいだけのライトユーザ向けにVirtual Sound Canvasリメイクも
    出してくれないかなあと願うとこです

    2015年11月9日 11:05 AM
  • ろうら丼

    待ってました!と言う感じです。
    業務でカラオケ制作をしておりますが、
    現在使用しているSC-8850も相当年季が入ってきて、
    USBドライバーもMacOS Yosemiteでは動かなくなり。。
    もし次に音源が壊れたら本気でiPad2台をSC88にするつもりでした 笑
    藤本様の仰る通り、エクスクルーシブ受信の問題など
    各種DAWとの相性は確かに懸念事項ですが、
    (カラオケ職人達は皆ここをサポートして欲しがってるはず 笑)
    これは期待せずにはいられません。

    2015年11月9日 5:24 PM
  • bonbon

    通信カラオケのクリエイターさんを含めてやはりポイントはハードのSC88proのデータを使用しているユーザーとmidiデータの完全な互換性が取れるかどうかですね。
    実機時代にLogicなどDAWでmeta情報のエラーが出る事あったようですがそれが解消出来れば十分仕事で使用している方々にも実用的な音源になりそうですね。

    2015年11月16日 10:43 AM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です