Banner B0
640x200伸縮サイズ
Banner B1
640x200伸縮サイズ
Banner A0(728x90)伸縮サイズ

Cubase Pro 8.5、Artist 8.5が誕生!さっそく発売開始!

予想していた方も多かったと思いますが、例年通り年末の12月にCubaseの新バージョン、Cubase Pro 8.5およびCubase Artist 8.5が発表され、明日12月3日の23時よりスタインバーグオンラインショップでダウンロード購入が可能となりますましたCubase Pro 8からCubase Pro 8.5へのアップデート価格は5,400円(税込み)、またCubase Artist 8からCubase Artist 8.5へのアップデート価格5,400円と、とっても良心的な価格となっていますが、この安いアップデート価格とは裏腹に、非常に強力な機能が追加された新バージョンとなっています。

※追記 2015.12.2
発売時期が1日早まり12月2日から発売が開始されています。

その最大の目玉機能となるのがVST Transitというクラウドを介したプロジェクトの共有機能。友達といっしょに曲を制作するといった場合に離れた場所にいても、まさに横にいるかのような感覚で作業できるようになっているのです。また、レコーディング機能やエディット機能において、地味ではあるけれど、Cubaseユーザーにとっては画期的ともいえるほど便利な機能がいろいろ追加されているのです。実際、そのCubase Pro 8.5を使ってみたので、どんな機能なのかを紹介してみたいと思います。


12月2日よりCubase Pro 8.5およびCubase Artist 8.5が発売になった

Banner B2
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner B3
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner A1(728x90)
伸縮サイズ

冒頭でも書いた通り、8から8.5へのアップデート価格は5,400円となっており、現行ユーザーは12月3日より入手することが可能です。インストーラ自体はネットからダウンロードの形となります。では、新規ユーザーは……というと、こちらもすぐに購入可能になっています。「でも、店頭には、まだ8.5のパッケージが並んでないのでは……」なんて心配しなくても大丈夫。


Cubase Pro 8.5のインストール画面。インストールされるモジュール自体はほぼ変わっていないけれど…

 

実は、パッケージ自体8も8.5もほぼ変わらないとのことですし、仮に購入したのが8だったとしても、これをアクティベートすると自動的に8.5のライセンスになるとのことなので、まったく心配はいらないようです。最新版のインストーラもネット経由で入手する形になってますよ。

 

中には、「つい先日買ったばかりだよ…」なんてお嘆きの方もいるかもしれません。これも10月15日以降にアクティベートした方であれば、グレースピリオドということで、8.5への無償アップデートが約束されていますからご安心を!なお、Cubase 7/7.5、Cubase 6/6.5などからも割安でアップデートできるアップデート料金が用意されているので、詳しくはスタインバーグオンラインショップをご確認ください。


起動画面は、これまでとほとんど何も変わっていないけれど、さて… 

 

さて、では具体的な新機能について見ていきましょう。まずはVST Transitから。これまでもCubaseにはリアルタイムで遠隔地にいるプレイヤーの演奏をレコーディングするVST Connectという機能がありましたが、VST Transitはそれとは別機能として搭載されたプロジェクトを共有するための機能。Cubase Pro 8.5、Cubase Artist 8.5の両方に搭載された新機能です。


Cubaseのプロジェクトを開いた画面。メニューバーの一番右にVST Cloudというものがある

 

これを利用するためには、まずmySteinbergのアカウントを利用してログインします。すると、自分のプロジェクトをクラウドへアップロードすることが可能になります。その後は、基本的にバックグラウンドで動作する形になるため、新たにトラックを作成したり、レコーディングをすると、ローカルにプロジェクトを保存するタイミングで、クラウド側にも差分がどんどんアップデートされる形になるのです。


まずはVST TransitにmySteinbergのアカウントを利用してログインするところから始まる

 

一方で、クラウドへアップロードしたプロジェクトについて、Project Menmerとして友達を招待することで、その友達とデータをシェアすることが可能になります。この際、友達がクラウド上のプロジェクトファイルを開くと、お互いのプロジェクトが同期されるため、一人が新たにレコーディングしたり、編集すると、すぐにもう一人のプロジェクトに反映される形になります。

 

このVST Transitでやりとり可能なトラック・データは以下のとおり。
・Audio Track
・MIDI Track
・MIDI Inserts (Steinberg Only)
・VST3 Effects Plugins(Steinberg Only)
・VST3 Instruments(Steinberg Only)
・Instruments Track(Steinberg Only)
・Tempo
・Markers

サードパーティーのプラグイン情報のやりとりは、現時点サポートされていないようですが、この辺の仕様は今後変わってくる可能性もありそうですね。


プロジェクトをクラウドに上げた後は、自動で同期してくれる、友達とも同期をとることが可能に

 

VST Transitからログアウトすれば、その同期は止まりますが、再度Sync Projectというボタンを押せば、再び最新状態に同期されるというわけです。履歴管理などもできるようになっているとのことです。

 

なお、このVST Transit自体、とりあえず無料で使うことができますが、容量や通信データ量に制限があります。具体的には500MBのストレージ、月間で1GBのデータ通信までとなっています。それ以上が必要な場合は有料のプレミアムアカウントが必要となり、5GBのストレージと月間で20GBの通信が可能になるそうですが、そのサービス自体は1月中旬の提供になるとのことでが、料金などはまだ明らかになっていません。

 

ここで気になるのは、クラウドとのオーディオデータのやりとりがどのようになるのか、だと思います。この辺も詳細は明らかになっていませんが、可逆圧縮のアップロード、ダウンロードされるので、録音したデータ容量分すべてが通信に使われるわけではないようです。また可逆圧縮ですから、VST Transitを通すことで音が劣化する、という心配もないようですね。

 

とはいえ、このVST Transitは、本当にSteinbergで開発したてのサービスのようで、まだ画面もマニュアルも英語のまま。近いうちにアップデータによって日本語化され、マニュアルも日本語のものが登場するとのことですが、私もまだ細かく検証できていないのが実情です。この辺の詳細については、また改めてレポートできればと思っているところです。

 

では、このVST Transit以外についても簡単に紹介していきましょう。分かりやすいのは新プラグイン。従来バージョンでもバーチャルアナログシンセとしてRetrologue(レトロローグ)というものが搭載されていましたが、Cubase Pro 8.5およびCubase Artist 8.5では、それが進化したRetrologue2が搭載されます。


オシレーターが3つになるなど、大幅に機能強化されたバーチャルアナログシンセのRetrologue2 

 

見た目の雰囲気はそのままですが、まずオシレータが従来の2基から3基になるとともに、アルペジエーターも大きく強化されています。基本的にはHALion5に搭載されているアルペジエーターがそのまま移植された感じなので、HALion5に慣れている人ならすぐに使えそうですね。このアルペジエーターからMIDIトラックへドラッグ&ドロップでMIDIデータを持っていくことができるので、かなり便利に使うことができますよ。


内蔵のエフェクトも数多く搭載され、複数FXをチェインして使える 

 

また内蔵FXも強化されており、レゾネーターやEQ、フェイザーなどさまざまなものをチェインして使えるようになっています。なお、音色データは上位互換となっているので、従来のRetrologueのデータをそのまま取り込んで鳴らすことも可能です。

 

では、Cubase本体としての機能はどうなのでしょうか?画面を見ても、Cubase Pro 8とほとんど変わらないですね。ところが、よく見ると、いろいろと強化されているんですよ。間違い探しのようですが、この画面から違いを見つけられますか?


UIはCubase Pro 8とほとんど何も変わっていないけれど、よく見るとトランスポートパネルが…

 

トランスポートパネルのデザインがちょっと変わったのですが、単にデザインが変わったというわけではないんです。画面を少し横に広げると、パンチイン/パンチアウト専用のポイント設定部分が登場してくるんです。従来、Cubaseでは範囲指定した場所でパンチ処理を行っていたわけですが、範囲指定はループポイントともなるため、ループレコーディングを行う場合、ちょっと扱いにくかったというのが実情です。


範囲指定とは別にパンチイン/パンチアウトのポイントを別途指定できるようになった 

ところが、今回の新バージョンでは、ループポイントとパンチポイントを別に設定できるようになったので、前後を聴きながら、繰り返しパンチイン/パンチアウトでレコーディングすることが可能になったんです。


コードパッドには「セクション」という機能が追加され自由にボイシングの設定ができるようになった

 

またコードパッドも機能強化が図られました。コードパッドは、鍵盤の演奏が得意でない人でも、簡単に演奏ができるという便利なものでしたが、コードのボイシングの変更がしにくかったため、使いにくかった面がありました。たとえばハウスミュージックでピアノフレーズを入れる際、オクターブ下の音が邪魔に感じられたりしたわけですが、今回新たに加わった「セクション」という機能を利用することで、コードのボイシング構成をリアルタイムに自由に変更可能になっているのです。


キーエディター上でノートを書き込んだまま、マウスを上へドラッグするとベロシティを変更することができる!

 

個人的にグッと来たのは、キーエディター=ピアノロール画面での鉛筆ツールの使い方の強化です。従来、鉛筆ツールだと、マウスで音程と長さを書き入れ、その後ベロシティを設定したり、音程がズレていたら矢印ツールで上下に動かしたりしてましたよね。ところが、今回のバージョンでは、音符を入力したところで、そのままマウスを上下にドラッグすると、ベロシティが設定できるのです。さらに、ALTキー(Macならoptionキーを押しながらドラッグすれば、音程をズラすことが可能になったんです。もちろんドラムエディタでも同様のことができるわけですが、地味ながら、メチャメチャ便利になりましたね。


「ファイル」-「読み込み」に「プロジェクトファイル内のトラック」というものが追加され、任意のトラックが読み込めるようになった

 

さらに、すでに保存してあるプロジェクトファイルの中から任意のトラックを現在のプロジェクトに読み込めるようになったのも嬉しいところ(この機能はCubase Pro 8.5のみの対応)。この際、単にオーディオデータやMIDIデータが読み込めるというだけでなく、オートメーションやEQの設定はもちろん、ルーティングの設定やLANEやバージョン機能などすべてを取り込むことができるのも嬉しいところです。


ショートカットや各種環境をすべてまとめて管理できるプロファイルマネジャー

 

そしてもう一つ大きいのがプロファイルマネジャーという機能の搭載です。これはCubase Pro 8.5のみの機能ですが、Cubaseの環境設定すべて丸ごと保存したり、読み込んだりできるようになるというものです。具体的にはショートカットの設定や画面のワークスペース情報、ポートのセッティング、マクロ、テンプレート、膨大にある環境設定……といったものを一括で保存して管理できるのです。

 

自分だけのものとして構築した環境を丸ごと持ち出せて、別のCubase Pro 8.5上で再現できるのは便利ですよね。このデータはWindowsでもMacでも読み込むことができるので、その点でも便利ですよ。逆にいうと何でこれまでなかったんだ…とも思うところですが、ほかにもこうした便利な改善がいろいろあるのがCubase Pro 8.5なのです。

とりあえず、ファーストインプレッションという感じではありますが、Cubase Pro 8.5の新機能を中心にまとめてみました。VST Transitを中心に、また新たな情報が分かってきたらレポートしてみたいと思います。


【関連情報】

Cubase Pro 8.5/Cubase Artist 8.5製品情報
スタインバーグオンラインショップ

【価格チェック】
◎Amazon ⇒ Cubase Pro 8.5
◎サウンドハウス ⇒ Cubase Pro 8.5
◎Amazon ⇒ Cubase Artist 8.5
◎サウンドハウス ⇒ Cubase Artist 8.5

Commentsこの記事についたコメント

15件のコメント
  • rock ok

    新たな情報が分かってきたらレポートお願いします。

    2015年12月2日 8:15 PM
  • MIDIループ

    凄く地味な事だけどCUbaseの「MIDIループ」をメディアベイ上で任意の音源で試聴出来たらなあと思う。
    逆にメディアベイ上での「MIDIファイル」は音源選べるけどプロジェクトKeyの追従しないし、全てが惜しい感じです。
    更にAudioループ試聴時に波形が表示される様にMIDIループ時もキーエディタ画面的な表示があれば最高。

    2015年12月4日 4:56 PM
  • ねこだーる

    20年ぶりに、音楽制作をすることになり、デジパ7から、Cubaseにすることになりました。
    その選定には、貴殿のこの記事が、大変参考になりました。

    2015年12月6日 4:59 AM
  • seadragon

    H27.11にPro8を購入。その後,1か月足らずで8.5がリリースされ,失敗感∞。8→8.5へのupは5000円・・・「買って1ケ月で5000円も払ってられるか!」という怒りがあり,結局,StudioOne3(Pro)をメインDAWに切替しました。しばらくぶりにCubaseのeLicenserを開いたところ,Pro8.5のライセンスが取得できるようなメッセージ。いろいろ調べているとこのサイトで情報を得ました。なんとなく不信感も和らいだため,今から最新Verをいろいろいじってみるつもりです。今のところ私の手元には藤本さんのCubase本しかバイブルがありません。機能アップについてもいろいろ教えていただければ助かります。

    2015年12月31日 8:37 PM
  • PiaTakan

    Cubas Proのアカデミック版は、商用利用出来ますか?

    2016年1月15日 12:27 AM
  • 藤本健

    PiaTakanさん
    学生や学校関係者が購入し、使うのであれば、問題ないと思いますよ。

    2016年1月15日 8:37 AM
  • PiaTakan

    返信ありがとうございます!
    後2ヶ月て専門学校を卒業して社会人になるのですが、学生のうちでないと商用利用はできないのでしょうか?

    2016年1月15日 10:28 AM
  • 藤本健

    PiaTakanさん
    確かに、Steinbergサイトを見ても、規定が見つからないですね…。
    いまヤマハに確認を入れてます。たぶん問題ないと思いますが、今日には返事があると思うので、もう少しお待ちください。

    2016年1月15日 12:46 PM
  • 藤本健

    PiaTakanさん
    先ほど、確認できました。
    ・学生のときに購入したCubaseを卒業して使い続けてもOK
    ・アカデミック版のCubaseを商用で使っても構わない
    ・社会人になってからのアップグレードで通常版になる
    とのことですので、学生のうちに安く購入し、思う存分使ってください。

    2016年1月15日 8:54 PM
  • PiaTakan

    問い合わせしてくださり、ありがとうございます!
    WavelabとGrove Agent 4 と一緒に購入しようと思っています。

    2016年1月15日 9:04 PM
  • ヒレッジ

    はじめまして
    CUBASEVST5から8.5に乗り換えました。
    rewireについてなんですが、RB338は問題なく動きますますがREASON1.01にて
    CUABSEを起動しREASONのrewireをONにしたあとREASONを起動するとCUBASEが強制終了してしいます。OSはWIN7homeの32bitでcubasevstではresasonは正常動作を確認しています。
    OSを再インストール後CUBASEとREASONだけインストールしてみましたが改善しませんでした。
    これは仕様でしょうか。REASONを最新版にするかシェアウェアのrewireをVSTプラグイン化するツールを使うしかないでしょうか。

    2016年1月20日 1:46 PM
  • 藤本健

    ヒレッジさん
    こんにちは。さすがに15年前のソフトとの互換性となると難しいんじゃないでしょうか?
    Reason 7、Reason 8であれば、Cubase 8.5と問題なく連携してくれますよ。

    2016年1月20日 3:21 PM
  • ヒレッジ

    回答ありがとうございます。実はvコレクション4を買い、cubasevst5ではvst3のアプリが動かないと
    知り、cubase8.5を買いました。reasonはrex再生とドラムマシンだけ愛用していたので、spark2で代用します。スタンドアロンではreasonは動作するのでフレーズ生成に使いwav書きだしでcubaseに読ませるのもありかもしれませんね。

    2016年1月23日 4:38 PM
  • ヒレッジ

    藤本さんの記事を読んでコルグのSQ1を買いました。CUBASE8.5とSQ1をテンポを同期したいのですが
    うまくいきません。やりたいのは同期させてVSTインストルメンツのシンセを鳴らしたいのです。
    CUBASEのプロジェクトの同期設定をいろいろ弄っています。CUBASEをマスターにした場合、SQ1をスレーブにすることはできましたがスレーブにすると、VSTインストルメントの音がなりません。つまりmidi信号はCUBASEからSQ1に一方方向にクロック信号がながれてるためだと思います。
    逆にSQ1をマスターにしようとCUBASEのプロジェクトの同期設定でMTCを選択してマシンコントロール入力をSQ1を選択 MIDIタイムコードソースをSQ1選択 外部のシンク信号に同期を選択してSQ1のプレイボタンを押しても同期できません。他に設定しないといけないことがありますでしょうか。VSTiインストルメンツの入力はSQ1を選択しており、CUBASEをマスタークロックにして同期設定してない場合(MTC出力を未設定)はプレイボタンを押すとVSTインストルメントはSQ1のシーケンスサーにあわせて音がなります。(ただしテンポは当然同期していません。)
    最終的に同期をさせてRECしてSQ1のシーケンスmidiデータをcubaseに取り込みたいのです。
    (SQ1の記事で藤本さんがmidiデータをcubaseに取り込んでたことをやりたいのです。)

    2016年1月24日 7:03 AM
  • Kiddy

    Cubase の32ビット対応について
    今日では、音楽制作環境におけるコンテンツデータの増大に伴い大容量のメモリーが必須になり、32ビットOS上でのメモリー管理制限が制作作業に支障をきたすケースが増えてまいりました。
    Steinberg はプロフェッショナルな音楽制作環境を提供し続けるために、今後は64ビット環境での開発に集中することに決定いたしました。
    Cubase Pro 8.5 / Artist 8.5 / Elements 8 が 32ビット対応の最終バージョンとなります。今後コンピューター環境を構築される場合は、64ビット環境をご選択ください。
    http://japan.steinberg.net/jp/support/support_pages/64bit_version.html
    Cubase Pro 8.5 / Artist 8.5 / Elements 8 が 32ビット対応の最終バージョンになるんですね。

    2016年3月17日 1:20 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です