藤本健の“DTMステーション”

藤本健の“DTMステーション”

DTM、デジタルレコーディング、DAW、MIDIといった分野の情報を紹介します。
初心者の入門用として、プロミュージシャンの実践術としても役立つ記事、製品レビューなどをお届けします。


タグ:MiDiPLUS

先日「第一線のプロの作曲家、エンジニアによるセミナーを1万円で受講すると、好きなDTM機材がもらえるってホント!?」という記事で紹介して、話題騒然となったセミナー。作詞、作曲家・プロデューサーの伊橋成哉さんとエンジニアの戸田清章さんという、まさに第一線のプロのお二人による音楽制作セミナーを1万円で受けることができ、そのお土産として実売価格が1万円以上するMiDiPLUSのオーディオインターフェイスかUSB-MIDIキーボードが貰えてしまうという、かなり常識外れな企画でした(実際には、お土産は後日配送だったようですが)。

当然、記事を公開してすぐに東京会場は満員で締め切りとなる一方、「北海道、仙台、東京、大阪、福岡があるのに名古屋がない(泣)!」なんて声も数多く上がっていましたが、このたび、名古屋(1月20日)東京(2月18日)での追加実施の予定が発表されました。このセミナーは、伊橋さん、戸田さんが運営するMiDiPLUS Japanのプロモーションの一環として行った特別企画ということもあり、このセミナー自体は今回が最後とのこと。また、この追加実施に合わせてMiDiPLUSの新製品も3つリリースされたので、合わせて紹介してみましょう。


実施日程 会場 時間
1月20日 名古屋 15:00~18:40 詳細・受付
2月18日 東京 15:00~18:40 詳細・受付

>>この記事の続きを読む

「これからDTMをはじめたい」、「初心者の友人にお勧めシステムを探してる」、「DTMのサブシステムを組みたい」……そんなニーズにピッタリな製品が、また新たに発売されました。人気DAW、Studio Oneの開発元である米PreSonusが12月に発売したAudioBox 96 STUDIOというのがそれ。同社では以前からAudioBox iTwo STUDIOというオールインワンパッケージを発売していましたが、今回登場したAudioBox 96 STUDIOはさらに低価格となっており、実売価格が24,800円(税込み)なんです。

さらに、このAudioBox 96 STUDIOに以前記事でも紹介した台湾メーカーMiDiPLUSの25ミニ鍵盤のUSB-MIDIキーボード、X2 miniもセットにしたAudioBox 96 STUDIO MiDiPLUSバンドルも同時に発売されて、こちらは29,800円となっているんです。どんな製品内容になっているのか紹介してみましょう。


オーディオIF、コンデンサマイク、モニタヘッドホン、DAW、プラグインをセットにしたAudioBox 96 STUDIO

>>この記事の続きを読む

まさに前代未聞ともいえるすごいセミナーが行われるという情報が入りました。『作曲で必要な目から鱗のコツを教えます』、『クリエイターに必要なミックスダウンの手法を伝授!』という面白そうなセミナーをセットで1万円。しかし、参加者にはMiDiPLUSのMIDIキーボード、オーディオインターフェイスの計6種の中から1点お持ち帰りという、トンでもない企画が行われるというのです。11月25日の福岡を皮切りに大阪、東京、札幌、仙台と5都市で開催されるようなのです。

そのセミナーを主催するのは、アーティストでは浜崎あゆみ、倖田來未、SonarPocket、AAA、Sexyzone、テゴマス、NEWS、SDN48…今年上映された映画「チアダン」では劇中歌を多数担当する作詞、作曲家・プロデューサーの伊橋成哉さん、そしてももクロ、BABYMETAL、気志團、クラムボン、柴咲コウ、神田沙也加、KEYTALK…ゲームFINAL FANTASYのミキシングを手掛けるエンジニアの戸田清章さんのお二人。「これって詐欺じゃないの?、大丈夫!?」なんて声も聞こえてきそうですが…。実際なぜそんなことが可能なのか、お話も伺ったので紹介してみましょう。


作曲とミックスの2つのセミナーを1万円で受講するとDTM機材がもらえるという前代未聞のセミナーが開催に

>>この記事の続きを読む

低価格ながら、かなり品質の高いDTM機材をいろいろ開発しているメーカーとして知られる台湾のメーカー、MiDiPLUSの製品が国内でも9月25日より発売されることが発表されました。第一弾として発売されるのはUSB-MIDIキーボードのX miniシリーズ4製品と、USBオーディオインターフェイスのSTUDIO 2およびSTUDIO mの計6製品です。

発売前に少し使わせていただいたのですが、ミニ鍵盤のX miniシリーズはキータッチがすごくしっかりしていて、国内流通しているミニ鍵盤の中でもトップクラスといっていいクォリティー。気になる価格は25鍵のX2 miniが8,100円(Amazonでの税込み実売価格)、37鍵盤のX3 miniが9,900円、49鍵盤のX4 miniが12,300円、61鍵盤のX6 miniが14,300円と、いずれもかなり安い設定となっています。一方オーディオインターフェイスのSTUDIO mが9,720円、STUDIO 2が12,420円と、こちらも安く抑えられています。実際どんなものなのかレポートしてみましょう。


台湾メーカーのMiDiPLUSが日本上陸。USB-MIDIキーボード4製品と、オーディオインターフェイス2製品を発売開始

>>この記事の続きを読む

このページのトップヘ