Banner B0
640x200伸縮サイズ
Banner B1
640x200伸縮サイズ
Banner A0(728x90)伸縮サイズ
  • 1万円でDTM機材がもらえる特別セミナーが帰ってきた!MiDiPLUSとAudiostockがタッグを組んだ実践編、音楽を『作る』から『ビジネス』にするまで

昨年「第一線のプロの作曲家、エンジニアによるセミナーを1万円で受講すると、好きなDTM機材がもらえるってホント!?」という記事でも大きな話題になったMiDiPLUS主催によるセミナーが久しぶりに開催されることが発表されました。今回はMiDiPLUSと、自分のオリジナル曲を収入につなげられるサービス、Audiostockがコラボする形で行うセミナー。まさに音楽を「作る」ところから、音楽を「ビジネスにする」というところまでを体験できるコラボセミナーとなっています。札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡と全国6か所で行われるのも昨年同様です。

気になる今回の参加賞は、25鍵のミニキーボード、MiDiPLUS X2 miniと、Windows/Mac両対応のドラム音源のPerfect Drums Elementsのセット。今回は製品を自分でチョイスするという形ではないものの、実売で15,984円相当ものものが1万円のセミナーに参加するともらえてしまうという点では従来同様。もちろん、セミナーのほうも、かなり見ごたえのある内容てんこ盛りとなっています。昨年は、公表後、即満員御礼となっていましたが、今年のセミナーがどんなものなのか、少し具体的に紹介してみましょう。


MiDiPLUSとAudiostockがコラボするセミナーを全国6か所で開催

Banner B2
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner B3
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner A1(728x90)
伸縮サイズ

ご存知にない方もいると思いますが、MiDiPLUSは、USB-MIDIキーボードやオーディオインターフェイスなどを手掛ける台湾・中国系のメーカー。そういうと「なんか粗悪な製品では?」なんて印象を持つ方もいるかもしれませんが、実際に同社のキーボードを弾いてみると、かなりしっかりした作りで、ホワイトボディーのデザインもカッコいいし、キータッチもいいんです。とくにX miniシリーズのほうは、今あるミニ鍵盤のUSB-MIDIキーボードの中では最高レベルの質感といって過言はないと思います。


数多くのDTM関連製品を開発・発売しているメーカー、MiDiPLUS

先日、上海で行われた楽器フェアの中国版であるMusic Chinaにおいて、MiDiPLUSの社長にもお会いしたところなので、近日中にインタビュー記事も掲載しようと思っているところですが、まだ国内では発売されていないユニークな製品もいっぱい出しているんですね。ちょうど日本のMiDiPLUSのサイトもできたところなので、覗いてみるとどんな製品があるか分かると思いますよ。

そのMiDiPLUSが行った昨年のセミナーでは、第一線のプロが作曲のテクニックやミックスのテクニックなど伝授するというものでした。今年も第一線のプロの作曲家、レコーディングエンジニアがセミナーを行うという点では同様。ただ、ちょっと違うのはAudiostockと組んで、さらに一歩踏み込んだ内容になっているという点です。


メインの講師陣は戸田さん、西尾さん、井口さんの3人

今回の講師陣としては昨年と同じサウンドプロデューサー・レコーディングエンジニアである戸田清章さんに加え、Audiostockを運営する株式会社クレオフーガの代表取締役の西尾周一郎さん、そして人気のコンポーザー/アレンジャーである井口イチロウさんの3人。


福岡では松隈さん、札幌と東京では木村さんがゲスト参加

さらに、11月24日の福岡会場ではサウンドプロデューサー/コンポーザー/アレンジャーである松隈ケンタさん、12月1日の札幌会場ではコンポーザー/アレンジャー/レコーディングエンジニアである木村篤史さんが特別ゲストとして参加するという、かなり豪華な内容となっています。全国6か所で行われる、このセミナーのスケジュールは以下の通りとなっています。


札幌から福岡まで全国6か所で開催される

このセミナーのタイムテーブルを見ても、90分×3本となっており、「大学の授業か!」と思ってしまうほどガッツリした内容。13時スタートで18時までと長時間ではありますが、かなり中身は濃そうですよ。

セミナー参加者の曲をプロがその場で調理(MIX)するライブキッチン!!楽曲が生まれ変わる瞬間を体感せよ!!」というのが今回のテーマとなっているとのこと。通常の作曲方法やアレンジ手法、ミキシング講座ではなく、参加者のオリジナル楽曲をその場で井口さんや戸田さん(福岡では松隈さん、札幌では木村さんも参加)が、直接ブラッシュアップしていくのを、目の前で見る実演セミナーになっているのです。

【MIX LIVE KITCHIN①】では、応募のあった作品の中から、1曲をチョイス。その曲を題材に井口さんが作曲手法からアレンジの手法などを探っていきます。さらに【MIX LIVE KITCHIN②】では、実際にアレンジした音をみんなで聴きつつ、戸田さんがミックスのポイントを解説。レベルやPANの調整方法、コンプ、EQ、各種エフェクトをどのようにかけていくといいのか、プロの手法を実現するという流れとなっています。


アレンジからミックスまで完成した楽曲はAudiostockへと登録され、実際の販売がスタートするところまで持っていく

最後の【トークセッション】では、その完成した楽曲をAudiostockへアップロードするとともに、どんな曲が売れるのか、どうするとマネタイズしやすいのか、といった実践的な内容も西尾さんが解説。そして井口さん、戸田さんと一緒に、音楽をどうビジネスにつなげていくかといったテーマでのトークセッションを行っていくということです。


自分の曲を応募すると、セミナーのアレンジの題材として使われる可能性も…

このMIX LIVE KITCHINで、ちょっと面白いのが、セミナーで使う素材となる楽曲そのものも、セミナー参加者から募ってしまうという試み。別に楽曲を提出することが条件なわけではなく、「ぜひ自分の曲をプロにアレンジしてもらいたい!」という人が応募可能という形なのですが、チャレンジしてみると、普段ではありえないような体験ができるかもしれませんよ。


今回の参加賞は25鍵のミニキーボード、MiDiPLUS X2 miniとPerfectDrums Elements

さて、ここで気になるのは、やはり参加賞についてでしょう。MiDiPLUS X2 miniおよびPerfect Drums Elementsについても簡単に紹介しておきましょう。


コンパクトでスタイリッシュなMiDiPLUS X2 mini

MiDiPLUS X2 miniは以前の記事でも紹介しましたが、ミニ鍵盤のUSB-MIDIキーボードの25鍵タイプのもので、Amazonでの税込み実売価格が8,100円というもの。前述の通り、かなりしっかりしたボディーで、キータッチは少し重め。見るとわかる通り、ピッチホイール、モジュレーションホイールはタッチセンサー式となっているほか、CC信号が出せる4つのノブと6つのトランスポートコントロールボタンも備えるなど、コントローラとしても充実した機能を装備しています。もちろん、USBバスパワーですからACアダプタなどは不要ですね。USBクラスコンプライアントなので、USB-Lightningアダプタを使えば、iPhoneやiPadで利用することも可能となっています。


4つあるノブもやや重めのトルクで、DAWの各種コントロールに利用できる

一方のPerfect Drumsは、これまで海外で流通していた定評あるドラムのソフト音源。国内でもそのフリーウェア版が一時話題になりましたが、この度、日本のMiDiPLUSが正式に日本での発売を開始するのに合わせて、日本限定販売のエントリー版としてリリースされるPerfectDrums Elementsが、参加賞として入っているのです。


日本だけの限定販売となるPerfectDrums Elements

先に言っておくと、これはフリーウェア版のPerfect Drums Playerとはまったくの別物であり、かなり使える強力な音源です。正しい表現かどうかはわかりませんが、上位版であるPerfect Drumsの中から、一番使える5つの音源ライブラリーを抜き出した、「いいとこどり音源」といっても過言ではないもの。実際、音源のサンプリング音源データだけで3GBあることからも、そのパワーが想像できるのではないでしょうか?

単にプリセットのドラムキットを選んで使うというだけでも、非常に強力なドラム音源として使うことができるのですが、用意されている音源データを元にオリジナルのキットを構築することができるのも大きな特徴。単に割り当てるだけでなくミキシング画面を用いて各パーツのレベルやPANなども自由に調整していうことが可能なのです。国内では今まで、あまり使われてこなかったドラム音源だけに、オリジナリティーを発揮させるのにもよさそうです。

前回のセミナーに参加したという人だと、すでにMiDiPLUSのキーボードを持っているかもしれませんが、このコンパクトな25鍵製品を1つ追加で持っておいても損はないはず。もちろん、初参加の人にとっても、嬉しいお土産といえるのではないでしょうか?この参加賞だけを目的にしても十分元が取れるセミナーなので、興味のある方は早めに予約をしておくといいですよ!

【セミナー申し込み】
MiDiPLUS x Audiostockセミナー申し込み(Livepocket ticket)

【関連情報】
MiDiPLUS Japanサイト
Audiostockサイト

【価格チェック・購入】
◎Amazon ⇒ X2 mini
【関連記事】
第一線のプロの作曲家、エンジニアによるセミナーを1万円で受講すると、好きなDTM機材がもらえるってホント!?
台湾メーカーのMiDiPLUS、日本上陸。コストパフォーマンス高いMIDIキーボード、オーディオインターフェイスを発売
好きなDTM機材がもらえる前代未聞のセミナー、最後の追加実施が決定。MiDiPLUSの新製品も発売開始!
自分のオリジナル曲を収入につなげられるサービス、Audiostockが秀逸
DTMユーザーが無料で使える本格レコーディングスタジオ、Audiostock Studioがオープン