Banner B0
640x200伸縮サイズ
Banner B1
640x200伸縮サイズ
Banner A0(728x90)伸縮サイズ

ALESIS iO DockとTASCAM iU2、どっちがいい??

以前、「iPadのDTMにおける究極の周辺機器、ALESIS iO Dockが登場だ!」としてALESISiO Dockを紹介しました。その時点では究極だったと思うのですが、先日、TASCAMからコンパクトなオーディオ&MIDIインターフェイス、iU2が発売され、必ずしもiO Dockだけがベストともいえない状況になってきたようです。

 

iU2の詳細については、先日AV Watchの連載記事、「第503回:iPhone/iPad/USB対応ティアック「iU2」を試す~デジタル出力/MIDI入出力も可能なI/F ~」でもレポートしているので、ぜひそちらをご覧ください。ここではiO DockとiU2、仕様上そっくりのこの2つを実際に使ってみてどう違うのか、DTMを考えたとき、どちらがいいのかを比べてみました。


TASCAM iU2とALESIS iO Dock


Banner B2
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner B3
640x200(320x100)
伸縮サイズ
Banner A1(728x90)
伸縮サイズ

iO DockとiU2に共通するのはオーディオインターフェイス兼MIDIインターフェイスであるということ。どちらも仕様上は1系統のステレオ入出力、1系統のMIDI入出力という点であり、マイク、ライン、ギターの入力に対応しているなど、とってもよく似ています。

 

でも2つを並べるとかなり見た目も大きさもまったく違いますよね。ガッチリとしたiO Dockコンパクトで機動性の高いiU2といったところでしょうか。一番気になる値段ですが、この記事を書いている2012年5月10日現在、Amazonでの価格がiO Dockが17,471円iU2が12,869円と約5,000円の差となっています。

 

iO Dockのいいのは、やはりそのガッチリしているところ。重量的にも結構あるので、ステージなどで使っていても安心という面があります。その反面、融通はきかないんですよね。まず、画面は横位置固定となっているので、iPadを縦で見たり、反対方向にすることは、ちょっと無理。また、DOCK接続がかなりしっかりしているこため、抜き差しもしにくいという面もあります。また、標準ではiPad1に対応していて、iPad2で使うには付属のトレイのようなアダプタが必要となります。そして、iPad3(新しいiPad)では使えないんですよね。それもあって、先日名称が、「iO Dock(Pro Audio Dock For iPad & iPad2)」とサブタイトルが付いたようですね。

 

それに対し、iU2ははるかにコンパクトで軽い機材。ケーブルでDOCK接続するだけなので、縦横利用を含めて自由に取り回しが可能だし、iPad3でも問題なく接続できます。また、iO Dockにはない非常に大きなメリットとして、iPhone、iPod touchでも使えるという点もありますね。確かに頑丈な機材とはいえませんが、ケーブルはカッチリとハマるので、抜けやすいといった心配はないと思います。


非常にコンパクトでiPad側からの電力で動作するiU2 

 

次に電源について。iO DockはACアダプタ接続が必須であるため、電源がないと使えないけれど、充電しながらのプレイができるので、バッテリー切れになるような心配がない、というメリットもあります。それに対し、iU2は超低消費電力設計になっているようで、iPad、iPhoneからの電源供給だけで動作することが可能です。ヘッドホン出力の音量を比較する限り、どちらも変わらないかなり大きな音を出すこともできますね。では、長時間使う場合、バッテリー問題が出てくるかというと、それを回避する方法も用意されていました。iU2にはUSB端子があり、ここにACアダプタ経由で電源を送ってあげれば、充電しながらのプレイも可能になるのです。このACアダプタは別売となっていますが、わざわざTASCAM製品を買わなくてもUSBミニケーブルさえあれば、iPad用のアダプタが使えるので問題ありませんよ。


iU2には3つのTRSフォン入力端子、iO Dockは2つのコンボジャック 

 

今度は入力について比較してみます。iO DockはXLRとTRSフォン入力が可能なコンボジャックが2つ搭載されています。それに対してiU2はギター入力と、TRSフォン入力が2つ。もっともギターとTRSフォンのLチャンネルは切り替えとなっているのですが。ではXLRのマイクが接続できないかというと、そうではありません。TRS-XLR変換コネクタケーブルが2つ付属しているので、これを使えばいいのです。


端子の切り替え、ファンタム電源のオン/オフなどはボトムパネルのスイッチで行う

ただし、コンデンサマイクを使う場合には1点注意が必要です。ご存知のとおり、コンデンサマイクには+48Vのファンタム電源供給が必要なのですが、これを行うためには、前述のACアダプタ接続が必須iPad/iPhoneからの電源供給の場合は、ファンタム電源供給ができない仕様になっているのです。


iU2には電源供給用のUSB端子とS/PDIFコアキシャル出力がある

 

そして私個人的にiU2が非常にいいと思っているのは、ここにはS/PDIFコアキシャルのデジタル出力を搭載しているという点。これを使えば、iPad/iPhoneの音を劣化ナシに取り出すことができるわけです。これをPCにデジタルのままレコーディングするということもできるわけですから、これだけを目的にiU2を買ってもいいのでは、と思うほどです。

 

対するiO Dockにはビデオ出力端子が装備されています。といってもiPadの画面がビデオ出力できるのではなく、YouTubeなどの動画を再生させる場合に、その動画をビデオ出力できるというもの。それがほしい人にはいい製品なのだと思いますが、DTMユースという意味ではあまり関係ないように思うんですよね。


iO DockにはMIDI端子が装備されているが、iU2は専用ケーブルを用いる

MIDIについては、どちらも機能的には同等です。iO Dockは本体にMIDI端子があるのに対し、iU2は付属ケーブルを使うという仕様。ケーブルの自由度においてはiO Dockに軍配が上がります。

それからオマケ機能ともいえますが、PCとのUSBでの接続性においてもiO DockとiU2では大きな違いがあります。iO DockはPCと接続すると、MIDIの入出力デバイスとして見えるようになっています。つまり、PC上のソフトシンセを、iPadのGarageBandの鍵盤で演奏するといったことができるのですが、あまり使い道はなさそうです。それに対し、iU2の場合は、iPad/iPhoneの世界とは切り離し、iU2自体がPCのオーディオインターフェイス兼MIDIインターフェイスとなる形になっています。もっとも16bi/44.1kHzという仕様だから、あまり期待するほどのものではないと思いますが……。

 

以上、iO DockとiU2を比較してみましたが、いかがでしょうか?S/PDIFの話を別にすれば、業務用で使うならiO Dock、DTMユースならiU2というのが結論だと思うのですが、どうでしょうか?

【追記】
私も含めてですが、すでにiO Dockを購入した人も多いと思います。この記事を読んで感じられたと思いますが、あえてiU2に買いなおすという必要はないですね。私の場合は、記事での必要上、両方入手しましたけどね。S/PDIF出力がどうしても必要、やっぱりiPhoneで使いたいといった場合は別ですが、iPad1/2であれば、iO Dockは今後もずっと使えると思いますよ。

Commentsこの記事についたコメント

6件のコメント
  • atsushi

    いつもためになる記事で楽しく読ませて頂いてます。
    ちなみにですが、ノートPCなどでDAWオーディオ出力は別のオーディオインターフェースへ、MIDI信号をiU2へということは可能でしょうか。
    Mac BookにてCubaseからオーディオ出力をSteinberg CI2。CubaseからiU2へmidi同期でiPadでYAMAHA Metronomeのクリックを鳴らす。ということを考えています。

    2012年6月25日 10:40 AM
  • 藤本健

    atsushiさん、こんにちは。
    はい、もちろん可能ですよ。iU2をMac用の単なるMIDIインターフェイスにするということですよね。iU2のオーディオインターフェイス機能は16bit/44.1kHzなので、とてもいい使い方だと思いますよ。

    2012年6月25日 3:01 PM
  • atsushi

    ご返信ありがとうございます。
    これでドラム演奏時の同期問題をうまく解決出来そうです!

    2012年6月25日 5:08 PM
  • ヨウスケ

    はじめまして。いつも楽しみに拝見させていただいてます。
    この記事を参考にし、先日TASCAM IU2を購入し、昨日手元に届いたのですが、いざiPadと接続したところ、「このiPadではこのアクセサリは使用できません。」みたいな事が表示されました。
    色々調べた結果、ios6にアップデートされたのが原因らしいのです。TASCAMのホームページ上でも現在調査中との事です。
    せっかくiphone、ipad、そios対応の良いインターフェイスと出会えたと思ったのですがとても残念です。
    何か良い打開策があれば教えていただきたいです。
    あと、DAWアプリのAURIAも購入したのですが、ios6でもAURIAで使えるIU2と同じくらいの手軽な値段のオーディオインターフェイスでお勧めの商品があれば教えてください。
    どうかよろしくお願いします。

    2012年10月27日 10:50 PM
  • 藤本健

    ヨウスケさん
    こんにちは。それは、大変ですね。私も申し訳ない思いでいっぱいです。
    ただ、私の手元にあるiU2は、iPhone5では動作しないものの、iPad3をiOS6にアップデートした環境では問題なくうごいています。iPhone5の場合はメッセージはでずに、使えないという状況なので、何かが違うようですね。TASCAMからのアナウンスを待つしかない状況ですが、今週、別件でTASCAMに行く予定なので、何か情報がないか探ってきます。
    一方、iU2のように便利なインターフェイス、現在のところ他社からも出てないんですよ…。

    2012年10月28日 9:01 AM
  • ヨウスケ

    返信ありがとうございます。
    では、ios6の問題ではなく、僕のipadは新ipadなので、もしかしたらそれが原因かもしれませんね。
    こ丁寧にありがとうございました。
    またiu2に関して何かいい情報が分かりましたらよろしくお願い致します。

    2012年10月29日 9:39 AM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です